ピクシブ百科事典

ブリティッシュ艦娘

ぶりてぃっしゅかんむす

ブリティッシュ艦娘とは、ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』に登場する、イギリス海軍所属の軍艦をモチーフとした艦娘たちのことである。
目次[非表示]

2016年8月12日のアップデートにて、ドイツ艦イタリア艦アメリカ艦に次ぐ4番目の海外艦をモチーフとした艦娘が実装された。
モデルとなったのは、ロイヤルネイビーの正式名でも知られるイギリス海軍所属の艦船であった。

2018年6月作戦のランカー報酬が英国ビッグ7の「ネルソン」・「ロドニー」の主砲である「16inch Mk.I三連装砲改+FCR type284」・「16inch Mk.I三連装砲+AFCT改」・「16inch Mk.I三連装砲」と英国対空機銃「20連装7inch UP Rocket Launchers」が実装され、ネルソン級主砲実装に晩夏イベントで「ネルソン級」実装に機運がいっきに高まった。そして9月12日に(晩夏イベントから初秋イベントにずれこんだものの)予想通りネルソンが実装された。
又主砲は「ウォースパイト」に装備すると「火力+2、装甲+1、回避-2」、金剛型改二に装備すると「火力+1、装甲+1、回避ー3」される装備ボーナスが存在する。又英国艦に「20連装7inch UP Rocket Launchers」装備時に「対空+2、回避+1、装甲+1」装備ボーナスが存在し、「QF 2ポンド8連装ポンポン砲」と同時に装備すると「英国艦と金剛型改二に限り対空カットインが発動する」という特殊なものである。戦艦や空母には装備的に厳しいがジャーヴィスであれば魚雷カットインと対空カットインに先制爆雷攻撃が両立できる特殊な運用ができる。
又「16inch Mk.I三連装砲改+FCR type284」と「QF 2ポンド8連装ポンポン砲」でも同様の「ウォースパイトと金剛型改二で対空カットインが発動する」のが確認されており、戦艦であれば補強増設を用いれば戦艦のテンプレ装備「主砲2本+水偵+徹甲弾」を崩さず対空カットインが発動できる為運用の幅が広がる

ブリティッシュ艦娘一覧

戦艦

ウォースパイト

Warspite様


2016年夏イベント『迎撃!第二次マレー沖海戦』E-4突破報酬として実装。アークロイヤル実装までの間、本タグは彼女の専用タグとなっていた。

ネルソン

ビッグなネルソンにタッチしたい


2018年初秋イベント『抜錨!連合艦隊、西へ!』E-5突破報酬として実装。ブリティッシュ艦娘としては4隻目であり、ビッグ7としては3隻目。

正規空母

アークロイヤル

Ark Royal


2017年夏イベント『西方再打通!欧州救援作戦』E-7突破報酬として実装。2隻目となるブリティッシュ艦娘で奇しくもウォースパイト実装から1年後の期間限定イベント海域での実装となった。

駆逐艦

ジャーヴィス

Jervis


2017年9月16日東京ビッグサイトで開催された「第肆回「艦これ」観艦式」にて実装が予告され、2018年冬イベント『捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)』でドロップ艦として実装。
英国艦のドロップ実装は彼女が最初となる。
運営から「その幸運と奮戦を愛されたあのLuckyな駆逐艦」とアナウンスされた。

未実装艦

旧日本軍と交戦回数の多いアメリカ海軍ほどではないものの、英国艦娘の時報などからその存在が確認されている艦娘もいる。

軽巡洋艦

シェフィールド(タウン級軽巡洋艦・サブクラスはサウサンプトン級)

イギリス生まれでおなじみ金剛と同じヴィッカース・アームストロング社で建造された(造船所は異なりニューキャッスル造船所)、ワシントン軍縮条約以後の軽巡洋艦。軽巡洋艦ではあるが船体構造は最上型軽巡洋艦と、その影響で生まれたアメリカ海軍のブルックリン級に合わせられている。
史実ではビスマルク追撃戦においてアークロイヤルから誤認攻撃を受けた(かろうじて回避している)他、ネルソンの時報から「三水戦の夜戦の巻き添えを食らった」模様。

駆逐艦

ジェーナス(J級駆逐艦)

ケリー(K級駆逐艦)

共にジャーヴィスの時報にて存在が確認。消息は不明だが、リトル・レディは「大丈夫、いつか会える」と漏らしている。
基本的にJ級もK級も建造年度で分けられているだけで、共通構造となっている。
ジェーナスはJ級嚮導艦ジャーヴィスの随伴艦であり、ケリーはK級の嚮導艦である。

その他

日本海軍はイギリス海軍を手本としており、建艦に関してもイギリス企業に新造艦を発注して技術を学ぶ姿勢が続いていた。
実装艦におけるイギリス製日本艦は2018年8月4日現在金剛がおり、彼女もまたティータイムなどのイギリス文化に大きく影響を受けている。
ただし、彼女は日本海軍にのみ所属していた(第一次世界大戦中にともどもイギリス海軍から貸してほしいと要請された事はあったが、日本側はこれを拒否しており実現しなかった)ため、ブリティッシュ艦娘としては見なされない……かもしれない。

また、フランス海軍においても、北アフリカに展開していた部隊に関してはトーチ作戦(によるモロッコアルジェリア方面上陸作戦)を経てヴィシー・フランス海軍からイギリス海軍指揮下に入るものが幾らかあった。艦これに実装されているフランス艦ではリシュリューがこれに該当する。
また、期間限定海域「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)」ではNPCの友軍艦隊が特定海域のボス戦の夜戦突入時に援護攻撃するのだが、上記の関係からブリティッシュ艦娘が援護に駆け付けるパターンにおいてはリシュリューも含めたイギリス海軍指揮下にいた艦の編成となっている。

コンプティーク2017年10月号ではウォースパイト・アークロイヤル・金剛の3人が表紙を担当。「英国生まれの三人娘!」と謳われていた。日本所属という事で和装ベースの金剛だが、もし英国所属だったらウォースパイトやアークロイヤルのような衣装になっていたのだろうか?

関連イラスト

shoT!
久々の艦これ


afternoon
優しい



関連タグ

艦隊これくしょん 艦これ 艦娘 海外艦 イギリス
ウォースパイト(艦隊これくしょん) アークロイヤル(艦隊これくしょん) ジャーヴィス(艦隊これくしょん) ネルソン(艦隊これくしょん)

ゲルマン艦娘・・・ドイツの軍艦がモチーフの艦娘達。
イタリアン艦娘・・・イタリアの軍艦がモチーフの艦娘達。
アメリ艦娘・・・アメリカの軍艦をモチーフにした艦娘。
フレンチ艦娘・・・フランスの軍艦をモチーフにした艦娘。
コサック艦娘・・・ロシアの軍艦をモチーフにした艦娘。
スウェディッシュ艦娘・・・スウェーデンの軍艦をモチーフにした艦娘。

金剛型:1番艦「金剛」が英国で建造されており、これを手本に2番艦「比叡」以降は国内で建造された為、英国艦とはカウントされないが英国製の装備を搭載した際に装備ボーナスが得られる等に補正が付加されている

妙高/高雄:編入こそされていないものの、賠償艦としてイギリスに引き渡され、マラッカ海峡にて海没処分となった
福江:こちらも賠償艦としてイギリスに引き渡され、シンガポールで解体された。

pixivに投稿された作品 pixivで「ブリティッシュ艦娘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 760405

コメント