ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
迎撃!第二次マレー沖海戦
5
センシティブな作品

迎撃!第二次マレー沖海戦

5

げいげきだいにじまれーおきかいせん

DMM.comのブラウザゲーム『艦隊これくしょん』の期間限定イベント。 前回イベントの余波を考慮し、中規模作戦へと規模を縮小。賛否を呼んだ「基地航空隊」システムの是正を軸とし、目玉となる新システムは実装なし。 イギリス戦艦Queen Elizabeth級「War spite」をはじめ、4隻の新規艦娘が実装された。 史実における「マレー沖海戦」がベースとなっている。

概説

『迎撃!第二次マレー沖海戦』とは、DMM.comオンラインSLG艦隊これくしょん』の期間限定イベントである。

2016年8月13日より作戦開始、同月31日午前11時に終了。


本作戦は1941年に発生したマレー沖海戦が基になったと推察される。


仕様

前回の2016年春季イベント『開設!基地航空隊』での数々の不手際から、夏季イベントとしては2013年以来中規模イベントへと縮小された。

また、バランス調整で大きく失敗してしまい、賛否が割れてしまった「基地航空隊システム」の是正も図られた。


今回も作戦難易度が甲・乙・丙の3つから選択可能で、以下の通り海域ごとに出撃識別札(通称:お札)が付き、他の海域への出撃は不可能となる。

札名称出撃可能海域
哨戒部隊E-1/E-4
輸送部隊E-2/E-4
連合艦隊E-3/E-4

本作戦の完遂に必要な艦隊数は4艦隊分と、これまでの大規模イベント海域に比べて負担は軽め。

更に本海域終盤のE-3とExtra Operation海域のE-4を除けば、そこまで理不尽な難易度ではない。


新システム

今回は新システムの導入はないが、前述した通り基地航空隊」システムの全体的なバランス調整が実施された。


「基地航空隊」システムの更新


部隊の増強

前回は1部隊48機(12機×4スロット)だった部隊を、1部隊72機(18機×4スロット)まで拡張。

これにより部隊全体の戦闘力が増強され、スロットごとの熟練度の摩耗も抑えられるようになった。

ただ同時に、純粋に配備数が増えたことで、消費する資材も増えている。


行動半径の修正

前回のイベントで話題となった「出撃可能な行動半径(スタート地点を起点とした航空隊の最大出撃領域)を最大の航空機に行動半径を合わせる」という首をかしげる仕様だったが、これは運営の意図しない仕様だったことから調整が入った。

これにより、行動半径は最も範囲が小さい艦載機を基準とするようになり、以前のように「行動半径は小さいが総合的な対空能力の高い局地戦闘機をボスマスの航空戦力にぶつけて敵攻撃機・爆撃機を残滅する」戦術は使えなくなってしまった。


その代わりとして二式大艇PBY-5A Catalinaなどの大型飛行艇を部隊に組み込むことで、行動半径を拡大する事が可能となっている。


防空能力の強化

前回は全くと言って良いほど意味を為さなかった航空隊の「防空」行動が強化された。

結果、以前は全航空隊を「出撃」に振り分けて「肉を切らせて骨を断つ」戦術を採用せざるを得ないと言っても過言ではなかったが、今回は「防空」が強化されたことで、目に見えて基地への被害を抑えることが可能となった。

完全に防ぎ切ることが難しいのは変わらないが、今回は敵からの空襲もより強烈になっており、レア艦掘りを控える提督にとっては頭の痛い問題となる資材の浪費を明確に抑えることが可能になった。


同時に戦闘機の練度の更新速度も強化され、「防空」に向かわせるだけで二段階近く練度が向上するようになった。


休息コマンドの強化

「休息」コマンドによる疲労回復速度が向上。

ただし、依然として「ボーキサイトの貯蔵速度の半減」は変わらないので、状況に合わせて切り替える必要がある。


空襲エフェクトの導入

空襲マス、ならびに航空基地への空襲が発生する際、敵艦載機がMAP上に飛来して視覚的にわかるようになった。

特に航空基地への空襲は、以前は何の前触れもなく空襲サイレンがけたたましく鳴るという心臓に悪い演出だっただけに、多少なりともその前兆がわかりやすくなり、精神的な負担はごく僅かだが軽くなった。


ステージ

全4海域からなる。

後半2海域にはボスが弱体化するギミックが存在する為、攻略に際して利用することをお勧めする。

今回から弱体化ギミックの発動のサインとして、母港へ帰投後に任務成功時のサウンドが発生し、ボスのセリフも変化するので、攻略の手掛かりが明確化されるようになった。


前段作戦

ステージ海域作戦名難易度
E-1南西海域 ブンタン沖ブンタン沖哨戒☆6
E-2南西海域 エンドウ沖第二次エンドウ沖海戦☆7
E-3南西海域 マレー沖第二次マレー沖海戦☆9

前段作戦と銘打っているが、実質E-3までが本海域での主作戦となっている。

E-2突破で睦月型駆逐艦水無月」が報酬として入手できる。また、E-1のボスマス(I)から潜水艦伊26と邂逅可能。


E-3は対陸上基地戦で、Hマスにいる敵主力艦隊“Z部隊”が猛威を振るう。

弱体化ギミックが存在し、A・Dの空襲マスと航空基地への空襲をダメージを受けずに防ぐ(敵艦載機を全機撃墜し、"空襲による被害はありません"と表示されればOK)と、道中の戦艦夏姫が弱体化する。

E-3のボスマスではイタリア空母Aquiraと邂逅できる。


拡張作戦

ステージ海域作戦名難易度
E-4南西海域 マラッカ海峡沖マラッカ海峡沖夜戦☆12

本作戦後の敵主力艦隊への反攻作戦。Extra Operation海域扱い。

過去最長の進軍経路を要し、Iマスにボス級艦隊が門番として立ちはだかるなど、かなりの難易度を誇る。


最短経路であっても、戦闘しないマスも含めて9マスも通らねばならないのは相当キツい。ボスマスに到達する頃には、燃料・弾薬共に消耗しきって艦隊の火力も回避も極限まで低下しているので、何も対策していないとボスやその随伴艦に全く有効打を与えられないばかりか逆にこちらの艦隊がボコボコにされかねない。


対策としては、速吸に洋上補給してもらうこと、基地航空隊でボスの無力化を図ることの二つが主なものとして挙げられる。とは言え、速吸自体が脆くてかつ戦力になり得ないこと、ボスマスまで到達できる航空機の種類が限られること(航空隊をボスマスに到達させるには大型飛行艇が必須)などの点には注意したい。


また、ボスに到達するまでの最大の鬼門であるIマスだが、如何にここでの被害を軽く済ませて突破するかという点も、攻略の重要なカギとなる。例え入念なボス対策をしていても、ボスまで到達できなければ意味はない。基地航空隊の内の一つはこのマスに投入するというのも選択肢として有り得る。いっそ全航空隊をIマスにぶっ込んで、夜戦マスKと空襲マスを気合いで乗り切るのも充分に有効戦術だったりする。


同時にIマスでは雲龍型全姉妹のドロップが確認されており、上手く勝利Sをもぎ取れば超低確率だがドロップ入手の可能性が期待できる。

C・D・H・I・Kの5ヶ所のうち4ヶ所で勝利Sを達成することでギミックが発動し、ボス・Iマスの港湾夏姫・Kマスの戦艦夏姫の防御が-23と大きく弱体化する。


なお、難易度に関わらず、最終編成を判定する戦力ゲージ残量値がかなり低く設定されているらしく、最終編成にならないままゲージ破壊に成功してしまったという報告が多数。丙難度でレア艦掘り(特にボスマスでのS勝利ドロップ狙い)をしている提督諸兄はうっかりゲージを破壊してしまわないよう、早めのゲージリセットを心がける必要があった。


海域突破報酬としてQueen Elizabeth級戦艦Warspite」を報酬として入手できる。


艦娘

6月時点でのTwitter諸元で予告されていた睦月型の新顔として、水無月がE-2報酬として参戦。

更に初のブリティッシュ艦娘となる「Warspite」が全海域突破報酬として参戦した。


レアドロップ艦は、伊401以来となる国産潜水艦伊26」と、イタリアン艦娘初の空母として「Aquila」と邂逅可能となっている。


報酬


ドロップ


敵勢力

新カテゴリ「夏姫」が登場。「夏姫」はいずれも「なつき」と読む。(艦娘型録弐より)

その殆どは既出の深海棲艦の鬼・姫級の亜種。


BOSS


新アイテム

報酬

  • 陸上攻撃機 一式陸攻 三四型(E-1甲)
  • 局地戦闘機 三式戦 飛燕一型丁(E-2甲)
  • 対空機関砲 QF 2ポンド8連装ポンポン砲(E-3甲・乙/Warspite改 初期装備)
  • 陸上攻撃機 銀河(E-3甲)
  • 艦上戦闘機 Re.2005改(E-4甲・乙)

ポンポン砲と伊軍戦闘機以外は全て甲難易度でのみ入手可能。

銀河、Re.2005改の二機は乙以上の難度でなければ入手できないが、その労力に見合った高い性能を誇る。

なお、ポンポン砲は史実のような産廃性能ではないのでご安心を。


新規艦娘装備

  • 艦上戦闘機 Re.2001 OR改(Aquila/Aquila改 初期装備)
  • 艦上攻撃機 Re.2001 G改(Aquila改 初期装備)
  • 戦艦主砲 38.1cm Mk.I連装砲 (Warspite/Warspite改 初期装備)

今回の新しい装備も主に海外艦の装備が中心。

伊軍航空機は直接的な攻撃力こそ振るわないものの、補助ステータスがなかなかに優秀。

英軍戦艦砲も今後のフィット調整の研究次第で、金剛型をはじめ、高速戦艦組の新たな戦力になる可能性が期待される。


新規BGM

※#でYouTubeへ移動。

  • 「整備員の休息」全海域MAP共通BGM
  • 「迎撃隊、発進!」E-1道中戦闘BGM/空襲時BGM
  • 「捜索!敵東洋艦隊」E-1BOSS戦闘BGM/E-2・E-3道中戦闘BGM
  • 「東洋の魔女」E-2・E-3道中戦闘BGM/E-4道中BGM
  • 「戦争を忌むもの」E-4BOSS戦闘BGM

今回のBGMを一言で表すなら「うきうきトロピカルミュージック」

激しく、時には深海から怨嗟の声も聞こえた2014年夏季やオーケストラと妖しげな後半曲で通した2015年夏季とも大きく異なる、『艦これ』としては新しいタイプの音楽群がプレイヤーを直撃する。

全面的に“夏真っ盛りのバカンス気分を推しにした陽気な曲調のナンバーが多く、照り付ける太陽が熱い砂浜や南国のイメージを感じさせる。スチールドラム・マリンバをはじめ南国情緒を思わせる音源も多分に盛り込まれている。


海域BGMは美しく穏やかな海をイメージさせるピアノ旋律の曲。今回は全海域がこのBGMで統一されている。曲名からすると南洋の基地で束の間の平穏を楽しむ整備員の姿を現したものだろうか。曲単体で聞くと安らげる人も多いのでは?

なお、一部の提督からは「一昔前のSTGっぽい」と、その曲調に懐かしさを感じる声も。


E-1道中及び基地空襲戦はジュークボックス用BGMとして実装されていた「水着の出撃」のアレンジ。若干テンポが速くなっており、戦闘曲としてブラッシュアップされている。ちょうど砂浜に到着して駆け出すイメージだろうか。

曲名からは空襲を受け、迎撃のため防空戦闘機が颯爽と発進していく姿がうかがえる。


E-1ボス及びE-2/3道中は一番聞く機会が多いであろう、とりわけ南国感の強いBGM。どっちかというと戦闘というよりも浜辺で遊んでいる印象のほうがしっくりくる。

曲名からすると、敵艦隊の姿を求めて熱帯の洋上を東に西に飛び回る陸攻隊の姿を表した曲だろうか。


E-2/3ボス及びE-4道中は今回のメインボステーマともいえる。南国感を感じさせながらもテンポが速く、焦燥感も感じさせる。後半ではピアノの連弾も。

東洋の魔女」という曲名は直接的には海域ボスのことと思われるが、同時に1964年の東京五輪で優勝を飾ったバレーボール女子日本チームの俗称を思い起こさせる。……砂浜でのビーチバレーと掛けた命名だろうか?


E-4ボスはここだけいつもの『艦これ』BGM。いわゆる沈メタルではないが、これまであった南国感はどこへやら。ベースギターとバイオリンが織りなす主旋律にコーラス付き。最後のボスだけあって激戦のイメージはしっかりある。

曲名は海域突破報酬の艦名からと思われる。


その他

去年から水着modeが実装され、一部の艦娘がバカンス気分で出撃していたのだが……

深海側よ、お前らもか

重巡夏姫のセリフから、どうやら今回の作戦は深海側の休息地を狙った出撃であったことが発覚。

……って、深海にサマーバケーションとかもう訳わかんねえんですけど……


……もしかしたら、深海棲艦と人類は意外とあっさり協調できたりして?(汗)


関連イラスト


関連タグ

艦隊これくしょん 期間限定イベント海域

夏休み バカンス 水着


←前回次回→
開設!基地航空隊発令!「艦隊作戦第三法」

概説

『迎撃!第二次マレー沖海戦』とは、DMM.comオンラインSLG艦隊これくしょん』の期間限定イベントである。

2016年8月13日より作戦開始、同月31日午前11時に終了。


本作戦は1941年に発生したマレー沖海戦が基になったと推察される。


仕様

前回の2016年春季イベント『開設!基地航空隊』での数々の不手際から、夏季イベントとしては2013年以来中規模イベントへと縮小された。

また、バランス調整で大きく失敗してしまい、賛否が割れてしまった「基地航空隊システム」の是正も図られた。


今回も作戦難易度が甲・乙・丙の3つから選択可能で、以下の通り海域ごとに出撃識別札(通称:お札)が付き、他の海域への出撃は不可能となる。

札名称出撃可能海域
哨戒部隊E-1/E-4
輸送部隊E-2/E-4
連合艦隊E-3/E-4

本作戦の完遂に必要な艦隊数は4艦隊分と、これまでの大規模イベント海域に比べて負担は軽め。

更に本海域終盤のE-3とExtra Operation海域のE-4を除けば、そこまで理不尽な難易度ではない。


新システム

今回は新システムの導入はないが、前述した通り基地航空隊」システムの全体的なバランス調整が実施された。


「基地航空隊」システムの更新


部隊の増強

前回は1部隊48機(12機×4スロット)だった部隊を、1部隊72機(18機×4スロット)まで拡張。

これにより部隊全体の戦闘力が増強され、スロットごとの熟練度の摩耗も抑えられるようになった。

ただ同時に、純粋に配備数が増えたことで、消費する資材も増えている。


行動半径の修正

前回のイベントで話題となった「出撃可能な行動半径(スタート地点を起点とした航空隊の最大出撃領域)を最大の航空機に行動半径を合わせる」という首をかしげる仕様だったが、これは運営の意図しない仕様だったことから調整が入った。

これにより、行動半径は最も範囲が小さい艦載機を基準とするようになり、以前のように「行動半径は小さいが総合的な対空能力の高い局地戦闘機をボスマスの航空戦力にぶつけて敵攻撃機・爆撃機を残滅する」戦術は使えなくなってしまった。


その代わりとして二式大艇PBY-5A Catalinaなどの大型飛行艇を部隊に組み込むことで、行動半径を拡大する事が可能となっている。


防空能力の強化

前回は全くと言って良いほど意味を為さなかった航空隊の「防空」行動が強化された。

結果、以前は全航空隊を「出撃」に振り分けて「肉を切らせて骨を断つ」戦術を採用せざるを得ないと言っても過言ではなかったが、今回は「防空」が強化されたことで、目に見えて基地への被害を抑えることが可能となった。

完全に防ぎ切ることが難しいのは変わらないが、今回は敵からの空襲もより強烈になっており、レア艦掘りを控える提督にとっては頭の痛い問題となる資材の浪費を明確に抑えることが可能になった。


同時に戦闘機の練度の更新速度も強化され、「防空」に向かわせるだけで二段階近く練度が向上するようになった。


休息コマンドの強化

「休息」コマンドによる疲労回復速度が向上。

ただし、依然として「ボーキサイトの貯蔵速度の半減」は変わらないので、状況に合わせて切り替える必要がある。


空襲エフェクトの導入

空襲マス、ならびに航空基地への空襲が発生する際、敵艦載機がMAP上に飛来して視覚的にわかるようになった。

特に航空基地への空襲は、以前は何の前触れもなく空襲サイレンがけたたましく鳴るという心臓に悪い演出だっただけに、多少なりともその前兆がわかりやすくなり、精神的な負担はごく僅かだが軽くなった。


ステージ

全4海域からなる。

後半2海域にはボスが弱体化するギミックが存在する為、攻略に際して利用することをお勧めする。

今回から弱体化ギミックの発動のサインとして、母港へ帰投後に任務成功時のサウンドが発生し、ボスのセリフも変化するので、攻略の手掛かりが明確化されるようになった。


前段作戦

ステージ海域作戦名難易度
E-1南西海域 ブンタン沖ブンタン沖哨戒☆6
E-2南西海域 エンドウ沖第二次エンドウ沖海戦☆7
E-3南西海域 マレー沖第二次マレー沖海戦☆9

前段作戦と銘打っているが、実質E-3までが本海域での主作戦となっている。

E-2突破で睦月型駆逐艦水無月」が報酬として入手できる。また、E-1のボスマス(I)から潜水艦伊26と邂逅可能。


E-3は対陸上基地戦で、Hマスにいる敵主力艦隊“Z部隊”が猛威を振るう。

弱体化ギミックが存在し、A・Dの空襲マスと航空基地への空襲をダメージを受けずに防ぐ(敵艦載機を全機撃墜し、"空襲による被害はありません"と表示されればOK)と、道中の戦艦夏姫が弱体化する。

E-3のボスマスではイタリア空母Aquiraと邂逅できる。


拡張作戦

ステージ海域作戦名難易度
E-4南西海域 マラッカ海峡沖マラッカ海峡沖夜戦☆12

本作戦後の敵主力艦隊への反攻作戦。Extra Operation海域扱い。

過去最長の進軍経路を要し、Iマスにボス級艦隊が門番として立ちはだかるなど、かなりの難易度を誇る。


最短経路であっても、戦闘しないマスも含めて9マスも通らねばならないのは相当キツい。ボスマスに到達する頃には、燃料・弾薬共に消耗しきって艦隊の火力も回避も極限まで低下しているので、何も対策していないとボスやその随伴艦に全く有効打を与えられないばかりか逆にこちらの艦隊がボコボコにされかねない。


対策としては、速吸に洋上補給してもらうこと、基地航空隊でボスの無力化を図ることの二つが主なものとして挙げられる。とは言え、速吸自体が脆くてかつ戦力になり得ないこと、ボスマスまで到達できる航空機の種類が限られること(航空隊をボスマスに到達させるには大型飛行艇が必須)などの点には注意したい。


また、ボスに到達するまでの最大の鬼門であるIマスだが、如何にここでの被害を軽く済ませて突破するかという点も、攻略の重要なカギとなる。例え入念なボス対策をしていても、ボスまで到達できなければ意味はない。基地航空隊の内の一つはこのマスに投入するというのも選択肢として有り得る。いっそ全航空隊をIマスにぶっ込んで、夜戦マスKと空襲マスを気合いで乗り切るのも充分に有効戦術だったりする。


同時にIマスでは雲龍型全姉妹のドロップが確認されており、上手く勝利Sをもぎ取れば超低確率だがドロップ入手の可能性が期待できる。

C・D・H・I・Kの5ヶ所のうち4ヶ所で勝利Sを達成することでギミックが発動し、ボス・Iマスの港湾夏姫・Kマスの戦艦夏姫の防御が-23と大きく弱体化する。


なお、難易度に関わらず、最終編成を判定する戦力ゲージ残量値がかなり低く設定されているらしく、最終編成にならないままゲージ破壊に成功してしまったという報告が多数。丙難度でレア艦掘り(特にボスマスでのS勝利ドロップ狙い)をしている提督諸兄はうっかりゲージを破壊してしまわないよう、早めのゲージリセットを心がける必要があった。


海域突破報酬としてQueen Elizabeth級戦艦Warspite」を報酬として入手できる。


艦娘

6月時点でのTwitter諸元で予告されていた睦月型の新顔として、水無月がE-2報酬として参戦。

更に初のブリティッシュ艦娘となる「Warspite」が全海域突破報酬として参戦した。


レアドロップ艦は、伊401以来となる国産潜水艦伊26」と、イタリアン艦娘初の空母として「Aquila」と邂逅可能となっている。


ドロップ


敵勢力

新カテゴリ「夏姫」が登場。「夏姫」はいずれも「なつき」と読む。(艦娘型録弐より)

その殆どは既出の深海棲艦の鬼・姫級の亜種。


新アイテム

報酬

  • 陸上攻撃機 一式陸攻 三四型(E-1甲)
  • 局地戦闘機 三式戦 飛燕一型丁(E-2甲)
  • 対空機関砲 QF 2ポンド8連装ポンポン砲(E-3甲・乙/Warspite改 初期装備)
  • 陸上攻撃機 銀河(E-3甲)
  • 艦上戦闘機 Re.2005改(E-4甲・乙)

ポンポン砲と伊軍戦闘機以外は全て甲難易度でのみ入手可能。

銀河、Re.2005改の二機は乙以上の難度でなければ入手できないが、その労力に見合った高い性能を誇る。

なお、ポンポン砲は史実のような産廃性能ではないのでご安心を。


新規艦娘装備

  • 艦上戦闘機 Re.2001 OR改(Aquila/Aquila改 初期装備)
  • 艦上攻撃機 Re.2001 G改(Aquila改 初期装備)
  • 戦艦主砲 38.1cm Mk.I連装砲 (Warspite/Warspite改 初期装備)

今回の新しい装備も主に海外艦の装備が中心。

伊軍航空機は直接的な攻撃力こそ振るわないものの、補助ステータスがなかなかに優秀。

英軍戦艦砲も今後のフィット調整の研究次第で、金剛型をはじめ、高速戦艦組の新たな戦力になる可能性が期待される。


新規BGM

※#でYouTubeへ移動。

  • 「整備員の休息」全海域MAP共通BGM
  • 「迎撃隊、発進!」E-1道中戦闘BGM/空襲時BGM
  • 「捜索!敵東洋艦隊」E-1BOSS戦闘BGM/E-2・E-3道中戦闘BGM
  • 「東洋の魔女」E-2・E-3道中戦闘BGM/E-4道中BGM
  • 「戦争を忌むもの」E-4BOSS戦闘BGM

今回のBGMを一言で表すなら「うきうきトロピカルミュージック」

激しく、時には深海から怨嗟の声も聞こえた2014年夏季やオーケストラと妖しげな後半曲で通した2015年夏季とも大きく異なる、『艦これ』としては新しいタイプの音楽群がプレイヤーを直撃する。

全面的に“夏真っ盛りのバカンス気分を推しにした陽気な曲調のナンバーが多く、照り付ける太陽が熱い砂浜や南国のイメージを感じさせる。スチールドラム・マリンバをはじめ南国情緒を思わせる音源も多分に盛り込まれている。


海域BGMは美しく穏やかな海をイメージさせるピアノ旋律の曲。今回は全海域がこのBGMで統一されている。曲名からすると南洋の基地で束の間の平穏を楽しむ整備員の姿を現したものだろうか。曲単体で聞くと安らげる人も多いのでは?

なお、一部の提督からは「一昔前のSTGっぽい」と、その曲調に懐かしさを感じる声も。


E-1道中及び基地空襲戦はジュークボックス用BGMとして実装されていた「水着の出撃」のアレンジ。若干テンポが速くなっており、戦闘曲としてブラッシュアップされている。ちょうど砂浜に到着して駆け出すイメージだろうか。

曲名からは空襲を受け、迎撃のため防空戦闘機が颯爽と発進していく姿がうかがえる。


E-1ボス及びE-2/3道中は一番聞く機会が多いであろう、とりわけ南国感の強いBGM。どっちかというと戦闘というよりも浜辺で遊んでいる印象のほうがしっくりくる。

曲名からすると、敵艦隊の姿を求めて熱帯の洋上を東に西に飛び回る陸攻隊の姿を表した曲だろうか。


E-2/3ボス及びE-4道中は今回のメインボステーマともいえる。南国感を感じさせながらもテンポが速く、焦燥感も感じさせる。後半ではピアノの連弾も。

東洋の魔女」という曲名は直接的には海域ボスのことと思われるが、同時に1964年の東京五輪で優勝を飾ったバレーボール女子日本チームの俗称を思い起こさせる。……砂浜でのビーチバレーと掛けた命名だろうか?


E-4ボスはここだけいつもの『艦これ』BGM。いわゆる沈メタルではないが、これまであった南国感はどこへやら。ベースギターとバイオリンが織りなす主旋律にコーラス付き。最後のボスだけあって激戦のイメージはしっかりある。

曲名は海域突破報酬の艦名からと思われる。


その他

去年から水着modeが実装され、一部の艦娘がバカンス気分で出撃していたのだが……

深海側よ、お前らもか

重巡夏姫のセリフから、どうやら今回の作戦は深海側の休息地を狙った出撃であったことが発覚。

……って、深海にサマーバケーションとかもう訳わかんねえんですけど……


……もしかしたら、深海棲艦と人類は意外とあっさり協調できたりして?(汗)


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 艦これSS 岩川基地より

    岩川基地より 夏イベント編改二戦記4 風水乱舞

    艦これSS 岩川基地より 夏イベント編改二その4です。 幸記さんの英語嫌いは有名な話。
  • 艦これSS 岩川基地より

    岩川基地より 夏イベント編改二戦記2 汗血海路

    艦これSS 岩川基地より 夏イベント編改二その2です。 ニムもアクィラも出たのでもう余裕。 作者のイベント http://blog.livedoor.jp/koki_akimi/archives/64999544.html
  • 艦これSS 岩川基地より

    岩川基地より 夏イベント編改二戦記3 征艦孤影

    艦これSS 岩川基地より 夏イベント編改二その3です。 ノリで高雄のキャラの方向性が決まってしまった感ある。 作者のイベント&アプデまとめ http://blog.livedoor.jp/koki_akimi/archives/65097287.html http://blog.livedoor.jp/koki_akimi/archives/65152708.html
  • 浦戸湾鎮守府戦記

    2016夏 E-0

    小説型AARなる試み。 AAR(After Action Report)という性質上、スピード勝負になりがちだけど許してね。
  • イベント

    2016夏イベリプレイ 「第二次マレー作戦」3

    前回→http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7224459 番外編→http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7277104 明志艦隊(キタカミ氏)サイド→http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7246155 ブンタウ沖で物資補給と休息を兼ねた停泊を終え、ようやく抜錨する呉艦隊。 艦隊は、大型輸送船3隻と艦娘母艦1隻、そして四個艦隊+αの艦娘たちからなる。 海面下へ潜む敵潜および警戒隊・機動部隊の攻撃をくぐり抜け、シンガポール要塞制圧と深海東洋艦隊主力へと挑んでいく。 だが深海棲艦側も、ただ手をこまねいているワケではなかった。 呉主力艦隊が出撃した隙を突き、艦娘母艦"弥勒丸"以下の輸送船へ、敵機動部隊・飛行場姫から発進したとおぼしき敵機群が襲いかかる。 表紙は"弥勒丸"のイメージに使った、とある国の司令艦です。 しかし、なんと長い文字数じゃ…(^^; 本文の中に、基地航空隊とか地上撃破とか、どこかで聞き覚えのあるワードが散らばっております(笑) タグ外登場艦娘:北上、神通、霞、三隈、長門
    17,707文字pixiv小説作品
  • イベント

    2016夏イベリプレイ 「第二次マレー作戦」 4(終)

    前回→http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7329833 明志艦隊サイド(キタカミ氏)→http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7343132 後日談的な部分。 横須賀鎮守府での明志艦隊に対する勲章授与と装備プレゼント、オカンの装備強化。 敵深海東洋艦隊との決戦シーンは、長編すぎる内容の関係でカット。 前回をクライマックスとしました^^; ちなみに今回は台本形式です。 タグ外登場艦娘:戦艦三笠、戦艦朝日
  • イベント

    2016夏イベリプレイ 「第二次マレー作戦」2

    前回→http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7194755 よその鎮守府など、本土の各根拠地から派遣された艦娘艦隊を乗せている、輸送船団。 とにかくも現地へと到着し、まずは哨戒と偵察行動に入る。 その中には、大型輸送船を数隻と艦娘母艦を有する、呉派遣艦隊の姿もあった。 予想通り待ち構えていた、潜水艦を始めとする深海東洋艦隊の先遣/前衛。 だがこちらも、改修なった装備を始め強力な戦力を持っているのだ。 タグ外登場艦娘:北上、大井、長門、金剛、夕立、時雨、時津風、鈴谷、加賀、潜水夏姫 ※最後の方にキタカミ氏の設定が含まれております。
    13,270文字pixiv小説作品
  • 提督と潜水艦娘

    加賀の落涙

    この艦隊では何故かいつも運の悪い、一航戦の青い方。そんなお話。 皆様、夏イベの進捗は如何でしょうか。 我が艦隊はなんとかE-4まで甲で進行、戦力的に倒せないことは無さそうな状況で30万あった燃料が5万を切り、どうするか判断を迫られています。 先にアクィラと伊26を確保できたのは幸いでした。 ということで、今回は珍しく加賀のお話です。 実際にゲームの進行中に起こった事実を元に話を膨らませてみました。 まさか空襲マスでHPフルの正規空母が一発大破とか、思わず目を疑いましたよええ…。 ※作中では艦娘は人間ではなく「人間のカタチをした何か」的な扱いになっています。  コメントやブックマーク、アンケート回答などレスポンスをいただけると喜びます。  よろしくお願いいたします。
  • 艦これ-艦娘之学-

    艦これ-艦娘乃学-四

    順番に間違いはありません。本当は先に描き続けている本文があります。 何故このタイミングで出したかというと、リアルに翔鶴が沈みました。 完全に自分のせいです。乙なら生き残れると慢心しました。 翔鶴の轟沈で今年のイベントを止めて、この本文を執筆しました。 ごめん、翔鶴。許せとは言わない。せめてゆっくり休んでくれ。 本文ではストーリーの展開から沈めた理由を人に押し付けたけど、嘘です。100%俺のせいです。 まさか、後に鍵となる予定だった翔鶴が、本当に沈んでしまうなんて。己を律するために書きました。 皆さん。うちの翔鶴はバグかわかりませんが、何も言わずに沈みました。あっけないです。本当にあっけなく艦娘は轟沈します。慢心は捨ててください。しばらくはショックで姉妹艦の声が聴けなくなりますよ。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    雨乃家路(漫画) / 夢見るライオン(原作) / セカイメグル(キャラクター原案)

    読む

pixivision

カテゴリー