ピクシブ百科事典

反撃!第二次SN作戦

はんげきだいにじえすえぬさくせん

DMM.comのオンラインSLG『艦隊これくしょん』の期間限定イベントの一つ。2015年8月10日より開始、9月7日AM11:00終了。 過去最大級の全7海域で、「第三次ソロモン海戦」と幻の作戦「FS(フィジー・サモア)作戦」をベースとし、機動部隊による激しい航空戦が展開された。 そして2013年秋以来となる新たなトラウマも生まれてしまった。
目次[非表示]

概要

反撃!第二次SN作戦とは、DMM.comのオンラインSLG艦隊これくしょん』の期間限定イベントである。

公式が夏恒例の大規模作戦と宣言(と言ってもまだ夏イベント実装は3回目)し、実際に史上最大規模の作戦として(理由は後述)2015年8月10日から開始された。
期間は9月2日午前11:00までの予定だったが、8月26日の運営twitterで9月7日まで延長された。

元ネタは作戦名と公式ツイートから『第三次ソロモン海戦』を始めとするソロモン方面の一連の戦い、および史実で計画され幻の作戦と呼ばれた『FS作戦』と思われる。

追加要素やBGM、そして新規実装艦とその入手方法についてはイベント開始前のメンテナンス中に公式ツイッターで発表された。

なお、公式の表記では「反撃!第二次SN作戦」と、「!」(エクスクラメーション)が全角になっている(pixivの仕様によるもので本来はこちらが正しい)。

その後、作戦規模については2016春イベ(コイツも最後がE7)に並ばれてしまった。

仕様

全7海域2段階(前4段階/後3段階)の、艦これ史上最多海域からなる多段階作戦(今までは多くても前回イベント海域隠しマップのせいで参加したほとんどの提督のトラウマとなったあのイベント海域の6海域)。

今回も甲・乙・丙の3つの難易度を選択可能。但し、丙作戦以外の作戦を選択した場合全作戦段階において出撃制限(「出撃識別札」通称:お札)がかかる。今回は仕組みが複雑で分かりにくいので下記の対応表にて説明に代えさせていただく。


札名称出撃可能海域
初動作戦E1/E2/E7
機動部隊E3/E6/E7
挺身部隊E4/E7
西部方面E5


また2013年冬以来となる仕様で、E-3,E-5~E-7は期間中に出現する任務(クエスト)を達成しなければ解放されないため、イベントの進行には少し手間がかかる。

ステージ

前半はSN作戦、後半のExtra Operation海域はFS作戦と、単純な史実を踏襲した二段階作戦ではなく、史実で実現しなかった幻の作戦の実現となっている。これまでにも“if”を想定したイベント海域は存在したが、全作戦が丸々ifというのは今回が初めてとなる。
また今回は空母編成による機動部隊での攻略が重要となり、今までのような“水上部隊の火力でゴリ押し”が通用しにくくなった。その分、“機動部隊殺し”な海域も多い。

前段作戦(主作戦)

ステージ海域作戦名レベル
E-1ショートランド海域発動準備、第二次SN作戦!☆7
E-2ソロモン海連合艦隊、ソロモン海へ!☆9
E-3南太平洋海域激突!第二次南太平洋海戦☆12
E-4アイアンボトムサウンド海峡突入!敵飛行場を撃滅せよ!☆13

駆逐棲姫軽巡棲鬼水母棲姫飛行場姫がボスとして登場。
特に水母棲姫は乙作戦以上で、空母棲鬼を二体も随伴艦に付けてくるため難易度が跳ね上がり、飛行場姫も最終形態を獲得して異常な制空能力を発揮してみせた。

後段作戦(拡張作戦)
Extra Operation
ステージ海域作戦名レベル
E-5西方海域戦線 カレー洋奮戦!西部方面派遣艦隊☆13

Deep Extra Operation
ステージ海域作戦名レベル
E-6ソロモン海東部海域反攻作戦!FS方面進出☆14

Final Stage
ステージ海域作戦名レベル
E-7FS方面海域FS作戦☆15

艦これ史上、おそらく最凶の後半海域
E-5は前回の「発令!第十一号作戦」と同じ海域に、「AL作戦/MI作戦」同様の襲撃部隊が確認され、その迎撃に向かう。E-6はFS作戦決行の前段階作戦でイベントでおなじみとなった空母棲姫が、そしてFS作戦本番であるE-7には新型深海棲艦防空棲姫が登場した。

新システム

艦載機熟練度システム

艦戦・艦爆・艦攻・各種偵察機(当初は零式水上偵察機が例外だったが、同年秋の「突入!海上輸送作戦」開始の折に修正された模様)は、交戦や偵察などによって「艦載機熟練度」を上げていくことが可能となる。各艦載機隊の練度があがっていくと、装備スロットに艦載機の胴体の帯のような識別線(無名艦載機(烈風等)は無印→水色の一本線→同二本線→同三本線→黄色の「\」1本→同2本→同3本→同色の「>」2本(熟練度カンスト)、ネームド艦載機(九七式艦攻(村田隊)等)は最初から水色一本線で以降は無名と同じ)がつく。
これは艦載機ごとの物であり、他の艦に載せ変えても熟練度は変わらないが、多数撃墜されると練度は下がり、全滅(搭載機数0の状態)になると練度はリセットされ、元の練度に戻る。なおこのシステムは演習に挑んだ時にも適用される(挑まれた場合は変わらない)。また、熟練度は性能のいい機体ほど早く上昇しやすい事が判明している。
現在のところ、各熟練度でのボーナス値は不明だが、威力・命中・クリティカル率上昇、制空値上昇などの効果が得られ、艦戦の場合カンストすると搭載したスロットの制空値に+25される。
現状では艦爆・艦攻・水爆は対空砲火の影響で熟練度がリセットされやすい(特に軽巡ツ級がいた場合顕著になる)一方で、艦戦は余程制空値で負け続けない限りリセットされず、直接航空戦に参加しない艦偵に至ってはリセットの方が難しい。このため、これまで機数の少ないスロットに入れられる事が多かった爆戦や使える艦の都合でそもそも機数を稼げない瑞雲が使いづらくなったという弊害が起きており、修正を望む声もある。

補強増設

艦娘の装備スロットに補助装備専用のスロットを増設できる新システム。
アイテム「補強増設」を所持した状態で、『改装』画面の艦娘のグラフィックにマウスのカーソルを合せることで選択肢が出現する。
増設することで、これまで表示されていなかった新たなスロットが出現する。
現在、この増設スロットには「応急修理要員」「応急修理女神」「戦闘糧食」「洋上補給」の四つが装備可能。

洋上補給

補給艦の登場で実装された新機能。
艦隊に補給艦が存在して“装備アイテム「洋上補給」”を装備しており、かつ艦隊の燃料・弾薬“共に”25%以下(検証中)の場合に発動し、艦隊の燃料・弾薬を25%回復させる事が出来る。
ほとんどの場合は道中に4戦以上(1戦あたり20%消費)の戦闘を終了し、その時点で進軍した場合に発動される。ただし潜水艦との戦いでは弾薬の消費が無いため、道中4戦に潜水艦マスが混ざると発動条件を満たさず不発に終わる場合もある。

戦闘糧食

同名のアイテムによる新機能。
戦闘開始時(偵察フェイズ、会敵フェイズの終了後)にランダムで発動し、アイテム「戦闘糧食」を消費して戦意を高揚させることができる。
上昇する戦意(condition値)については検証中。出撃後でも戦意高揚(キラキラ)が保持できるほど(cond:15)には高いと目されている。
ただ実装当初に、大破して撤退中の艦娘およびそれを護衛して随伴撤退中の駆逐艦娘、即ち艦隊に不在の艦娘が、携帯した戦闘糧食を喰べてしまうバグが発見され、運営側も慌てて修正に入っている。ちなみに証拠画像として投稿された際、マイペースにおにぎりを頬張っていたのがまさかのヴェールヌイだった。(なお、艦隊司令部施設アイテムを用いた連合艦隊の「護衛退避」システムにおいては未解決のバグが2015/12時点でも現存する。退避して艦隊に不在の艦娘が探照灯を使用するなどの挙動が確認されている。)


新艦娘

主作戦(前段作戦)を攻略することで、選択難度に関係なく史上初の補助艦艇(給油艦)となる艦娘が登場。(参考)
また、新たに7隻の新艦娘と邂逅できる模様。

報酬

ドロップ


敵勢力

通常クラス

ボスクラス


今回からついに敵駆逐艦後期型にeliteクラスが登場した。その性能と色から一部では赤い3倍の奴なんて呼び名も。
このほかに2013年秋以来となる飛行場姫がE-4のBOSSとして、2014年春以来の離島棲鬼がE-7の道中Yに登場する。
何より今回は、艦これイベント史上初の全ステージのBOSSが鬼・姫で統一されたイベントともなった。

新アイテム

  • 補強増設
  • 戦闘糧食
  • 15m二重測距儀+21号電探改二
  • 九七式艦攻(村田隊)
  • 天山一二型(村田隊) ※「機種転換」任務で「九七式艦攻(村田隊)」から更新、図鑑表記は「天山(村田隊)」
  • 洋上補給
  • 試製甲板カタパルト


2015年6月作戦のトップランカー報酬として、〜100位ランカーに配布された「15m二重測距儀+21号電探改二」がE3乙作戦以上の難度クリアで入手可能。
また「雷撃の神様」と謳われた村田重治少佐率いる「九七式艦攻(村田隊)」が実装された。本装備は「九七式艦攻(友永隊)」同様に機種転換で「天山一二型(村田隊)」へと更新可能。
このほかにも、艦娘に補助装備専用のスロットを増設するアイテム「補強増設」、戦闘開始前に発動して艦娘の戦意を微増させる補助装備戦闘糧食、補給艦(本イベント実装時点では速吸)専用で艦隊の燃料・弾薬が空になった場合に発動して燃料と弾薬を一定量まで回復させる新装備「洋上補給」、運営から翔鶴瑞鶴の第二改装に必要と示唆されている可能性のある新アイテム「試製甲板カタパルト」(ただし丙作戦では入手不可能)など、かなり実験的なアイテムが多数実装されている。

新規BGM

「#」でYouTbeへ転送

  • 『艦隊の再集結』 ※E-1~E-4 MAP画面
  • 『出撃!第八艦隊』 ※E-1~E-4 道中戦闘BGM
  • 『艦隊、ソロモン海へ』 ※E-1~E-3 BOSS戦闘BGM
  • 『深海水上打撃部隊』 ※E-5/E-7 MAP画面
  • アイアンボトムサウンド ※E-6/E-7 道中戦闘BGM
  • 『激突!夜間砲撃戦!』 ※E-6/E-7 BOSS戦闘BGM

今回も前段階と拡張作戦でBGMの雰囲気が大きく変わる。
タイトルはOST『雲』にて判明。
前段階作戦では2013年秋のトラウマBGM『決戦!鉄底海峡を抜けて』のアレンジを随所に盛り込みつつ、明るさと緊迫感を両立した仕上がりで、作戦に当たる提督たちの気を引き締めてくれる。BOSSの方は逆に緊迫感を前面に出したか『艦これ』らしい決戦用BGMに仕上がっている。
拡張作戦では、これまでにないブロウスッテップ等電子サウンドを多用したSF調という新たな方向性を開拓。前回の何処までも陰鬱な“沈メタル”はまた違った“不気味さ”を演出している。BOSS戦のほうは一転して、《鋭くノリのいいジャーマンメタル調》と《艦これらしいクラシカルなメロディー》の融合した聴きごたえと緊迫感のある一曲。……ただ防空棲姫の脅威もあって、「新たなトラウマBGM」に認定されてもいる……。

そのほかE-4はBOSSに飛行場姫が抜擢されたことで『決戦!鉄底海峡を抜けて』が採用、さらにE-3のボスマスの夜戦では『全艦娘、突撃!』が採用され、古参ファン泣かせな演出となった。
またE-5は前回イベントマップの再来だったこともあって、道中戦闘に『睦月型駆逐艦の戦い』、BOSS戦に前回拡張作戦の道中戦闘BGM『深海への誘い』が採用されるなど、全体を通して新旧を上手く織り交ぜた豪華なナンバーに仕上がっている


その他


海域

前段作戦最後の第4海域の名は「アイアンボトムサウンド」。そう、あの2013年秋E4と同じなのである。しかもボスは「飛行場姫」、BGMも同一なのだ。
しかし安心してほしい。こちらの方はゲージ回復もなくボス戦は昼戦からと、前回の同海域よりはかなり容易。但し難易度は(ry。

今作戦で最初の拡張作戦海域である第5海域を解放するためには演習で4回B勝利以上を取らなければならないが、演習相手となる諸提督の艦隊がどれもこれもガチ決戦仕様(下手をすれば5人全員大和武蔵でお出迎え)になっているため、行くまでのハードルがかなり高い(E5本編のほうがよほど簡単、という提督もいたとか)。


最終海域である第7海域「FS作戦」の難易度は初の☆15。前回イベント海域の最終海域の☆14(笑)とは異なり純然たる超難易度で、ボスの「防空棲姫」の装甲は難易度の最も低い丙作戦でさえ273、甲作戦に至っては330or395である。それでいて彼女の艦種は「駆逐艦」「駆逐艦」である。大事なことなので2回言いました。

もう一度言おう。「防空棲姫」の艦種は「駆逐艦」なのである。

……………お前みたいなぶっ壊れ性能の駆逐艦がいてたまるか!

上記の通りE1ボスは元祖駆逐艦系姫である。異常性能の駆逐艦をいじめたら、さらに異常性能の駆逐艦がでてくるとは(白目)。

今回のイベントには、いくつかの“不可解な点”が存在する。

  1. 全BOSSマスの表記が例外なく「Z」であること。
  2. E-3に「X」,E-7に「X」「Y」マスが存在し、いずれも基地型深海棲艦が待っている。(E-3Xは飛行場姫、E-7Xは港湾棲姫、E-7Yは離島棲鬼)
  3. 防空棲姫の装甲値が下がった(395→333)という報告が上がっている。

こうした不可解な点の多さから、今回のイベントには特殊なカラクリが仕掛けられている可能性が疑われている。
一方、イベント2日目にしてゴリ押しで突破したランカー提督も登場し始めたが、多くの提督は防空棲姫の桁違いの装甲値に頭を悩ませているのが現状である。

そして運営Twitterから防空棲姫の弱体化が特定の方法で可能なことがついに言及されることとなった。

皆が色めき立つ中、ついに手がかりらしきものを掴んだ変t………もとい英雄が現れた。
詳細はここ※外部リンク
公式ツイートから動画投稿までわずか四半日。この後多数の提督が検証を行った結果、これが正解であることがほぼ確定した。これは艦これ史上稀にみる快挙である。

ただ、このギミックについては午前零時にリセットされる、と公式から発表された。いわゆる零時迷子というやつである。

なお同様のギミックは、この次のイベントである突入!海上輸送作戦でも採用されたが、こちらでは今回のようなユーザー間での高度な検証と情報共有を要する隠し要素としてのギミックではなく、イベント開始時からギミックの存在が公表されており、リセット時刻も午前0時から午前5時に改められた。加えていえば、難易度的にも攻略のための必須の関門ではなく、ギミックを利用せずに攻略が可能な程度に抑えられている。

延長措置

今回のイベントは8月10日から20日間程度、つまり八月一杯の予定だったようだが、最終的に9月2日と少し延長され、さらに先の通り9月7日まで延期される運びとなった。
詳しい経緯は不明だが大方の予測として、初日のイベント開始が予定の18:00から大いにずれ込んで22:43という大遅参を犯してしまったこと(イベ前メンテの遅れ自体はほぼ毎回あるが、ここまでずれ込むのは初めて)、その後もイベント名物ネコ爆撃が予想以上に各サーバーで荒れ狂い多くの提督のイベント進行に支障をきたしてしまったことへの処置と思われる。
特にラバウル基地・リンガ泊地・ショートランド泊地の三つの古参サーバーは、イベント終盤で駆け込む提督の影響もあって9月に入っても連日連夜ネコがサイクロンの如く暴れ回った
艦これ史上でもここまで大きく準備段階が狂ったイベントは、今回が初めてである。


オマケ

2015夏


作戦海域が二度目のソロモン諸島海域とあって、サーモン海の悪魔の乱入も(というかほぼイベ前恒例のネタとして)騒がれた……が、結局は5-5から出てくることはなかった(ただし、能力的に互換になる姫は登場したが)。
というか、ただでさえ鬼畜難易度と化したのに出てくるな(怒)
それ以前にイベントに出て来るのはやめて下さい死んでしまいます。

南方海域のイベなのに南方棲戦姫(鬼、戦鬼も)出てこない。南方の姫なのに・・・

そして毎回恒例、レア艦掘りで資源が解ける光景も。
特に今回はE-1で野分大淀、E-2で雲龍、E-3で瑞穂、E-4で海風、E-5で磯風U-511ローマの大盤振る舞い、E-6の風雲と、とにかく運さえ味方につければ掘れば掘るだけ手に入るとあって、早めにイベントをたためた提督たちが血眼になって彼女たちを探しに走り回った。ただし、E-1は菊月を連れて行けば2戦のみでボスに辿りつけたため、資源の消費が少なかった。

成し遂げたぜ


特にE-5は難易度が比較的楽なこともあって、春にローマを取り損ねた提督たちやゆーちゃんとろーちゃんの両方欲しさに突撃する提督が続発した。


あと「夏服グラフィック」キャンペーン中だったこともあって……

夏イベ到来!(艤装なしばーじょん


こんな艦隊で出撃も可能だった。
深海棲艦「オマエラ…… コトシノ…フユト…イイ…… イイガゲンニ…シロ……!!

関連イラスト

8/10 第二次SN作戦開始!
反撃!第二次SN作戦
提督... ありがとう
防空棲姫
ABYSSAL DELETOR



外部リンク

公式twitter

関連タグ

艦隊これくしょん 艦これ イベント

連合艦隊 第三次ソロモン海戦

期間限定イベント海域

←前回次回→
発令!第十一号作戦突入!海上輸送作戦

pixivに投稿された作品 pixivで「反撃!第二次SN作戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4066732

コメント