ピクシブ百科事典

突入!海上輸送作戦

とつにゅうかいじょうゆそうさくせん

DMM.comのオンラインSLG『艦隊これくしょん』の期間限定イベントの一つ。 2015年11月18日〜2015年12月8日終了。
目次[非表示]

突入!海上輸送作戦とは、DMM.comのオンラインSLG艦隊これくしょん』の期間限定イベントである。

概要

期間は2015年11月18日から二週間ほどの予定だったが、バグの判明やトラック泊地サーバの高負荷(後述)により約1週間延長された。
公式ツイートから、練度の高い軽巡洋艦や駆逐艦が鍵を握る中規模の作戦となるらしく、作戦の元ネタはコロンバンガラ島における一連の戦いと思われる。

公式の表記では「突入!海上輸送作戦」と、「!」(エクスクラメーション)が全角になっている(pixivの仕様によるもので本来はこちらが正しい)。

仕様

全5海域2段階(前3段階/後2段階)からなる多段階作戦。
第1〜第4までは出撃制限(「出撃識別札」通称:お札)がかかり、1~3,4のいずれかの海域で出撃した艦娘は別の二つの海域の甲・乙難易度へは出撃できなくなる(3に出撃 → 4への出撃が不可)。攻略には戦力の慎重な振り分けが重要になってくる。

そして今回は海域ゲージの増減と艦隊編成に新たなパターンが導入された

ステージ

主作戦(前段階)

ステージ海域作戦名難易度
E-1ショートランド泊地沖輸送作戦!前路掃討☆6
E-2コロネハイカラ島沖コロネハイカラ島海戦☆8
E-3コロネハイカラ島東沖抜錨!海上輸送部隊☆9


主作戦のボスとして新たに軽巡棲姫が登場。

拡張作戦(後段階)

ステージ海域作戦名難易度
E-4西方海域戦線 ステビア沖西方戦線!機動部隊派遣☆12
E-5バニラ湾沖乗り越えろ!バニラ湾沖夜戦☆14


遂に潜水艦型の鬼・姫である潜水棲姫が登場。
また駆逐棲姫の亜種として駆逐水鬼が登場。

その他

弱体化ギミックの実装

前回E-7で実験投入された弱体化ギミックが今回も実装された。
今回はギミックリセットが午前五時に改善されたことで、いわゆる「零時迷子」現象を回避できるようになり、幾分かは負担が減少した模様。
またグラフィックやボイスの変化も実装され、弱体化が視聴覚的に分かりやすくなった。

しかしE-4の弱体化を行うためには、空母機動部隊でボスに辿り着く事に加えて、現状イベント限定でしかドロップしないローマリットリオリベッチオが必要となる事が検証で判明している。
幸い、乙以下では弱体化させなくともごり押しで突破が可能になっているので、両者を持っていない提督は無理せず難易度を下げた方がいいだろう。

E-5の弱体化は「輸送ゲージ」を破壊した後に新登場の深海棲艦PT小鬼群を一定数撃沈する事で可能となる。
PT小鬼群はボスの随伴や特定マスに出現するが、ボスマスの直前で必ず戦う事になるため、意識していなくても周回を重ねていればいつの間にか弱体化している事もある。

ステージ対象手段
E-4潜水棲姫港湾棲姫泊地水鬼が登場し、彼女たちを叩くことでの装甲が弱体化する。
E-5駆逐水鬼PT小鬼群を一定数撃破する事で装甲が弱体化する。

新システム

輸送護衛部隊

連合艦隊システムの水雷戦隊盤というべき新たな大型編成枠。
第一艦隊に“駆逐艦4隻”が必須、戦艦・空母系・雷巡不可という特殊な編成であり、第二艦隊も通常の連合艦隊編成から中型艦のみに絞った編成(こちらも高速戦艦・雷巡・軽空母・潜水系は不可)で限定される。
とにかく水雷艦船を中核とした編成となるため、通常の空母機動部隊や水上打撃部隊よりも脆く、打撃力も数段落ちることになる。ただし輸送艦に適した大型艦や揚陸艦に限り、最大2隻まで第一艦隊に編入できる。
攻撃順序は「第二 → 第一」で、空母機動部隊と同じ。

新型海域ゲージ

Extra Operation海域1-6のある意味発展版といえる新型の海域ゲージ。
これまでゲージは“ボス旗艦の撃破”でのみ破壊出来ていたが、この新型ゲージ(編者仮称「輸送ゲージ」)は、これまでの赤かった海域ゲージと異なり色が緑色で、艦隊が搭載したドラム缶大発動艇の数にボス艦隊との戦果を合わせた数値だけ減少するという特異性を持っている。削った際には明確に削った量が数字で表示されるのも特徴。

そしてこれが最も重要なのだが、ゲージはマップ上にある緑の旗のポイント(揚陸ポイント)を通過しないと減少しないと同時に、あくまで輸送成功が達成すべき目標なのでゲージ破壊時でもボス艦隊旗艦を撃破する必要はないという特異性も秘めている。

よってボス艦隊の撃破も必要だが、どれだけドラム缶を積み込んでポイントに到達できるかが早期海域突破の鍵となる。「んんんwwwドラム缶ガン積み以外ありえませんぞwwwwwww」なんてジョークがよく飛び交う艦これ界隈だが、今回ばかりはドラム缶を積まざるを得ないのだ……!
ただしその分艦隊の戦力を削る事になるため、どの程度戦闘力を残すかは提督の采配が試される部分である。また輸送護衛部隊で出撃した場合、ゲージを一度に多く削るには第一艦隊がほぼ無防備となるため、如何に第二艦隊で敵艦隊を叩くかも考えなければならない。

また、E-5は輸送ゲージを破壊すると普段通りの海域ゲージに変わって殲滅戦に突入するという二段構えの作戦になっている。

注意すべき点として、B勝利では輸送作戦失敗となり、ゲージが減少しない点が挙げられる。つまり轟沈が出てしまった時点でA勝利以上が不可能となる為、輸送作戦は失敗となる。また、旗艦スナイプでB勝利をもぎ取ってもダメである。

艦娘

コロンバンガラ島沖海戦と縁が深いとされた萩風が参戦。
また主作戦突破報酬として香取型練習巡洋艦鹿島」が実装された。
さらに拡張作戦にてドイツ艦から航空母艦「Graf Zeppelin」のドロップによる邂逅が可能となっている。
これは艦これ初の未成艦実装(史実では就役を迎えず自沈・解体された)である。

ドロップ


海域突破報酬


新アイテム

Ju87C改に続く海外艦載機にして、艦これ初の海外艦戦「Bf109T改」が実装。さらに史実では艦載の計画が無かったFw190のif改造機として「Fw190T改」も登場した。

  • 高角砲「10.5cm連装砲」 (Graf Zeppelin、Graf Zeppelin改の初期装備)
  • 艦上戦闘機「Bf109T改」 (Graf Zeppelinの初期装備、E-4乙作戦突破報酬)
  • 艦上戦闘機「Fw190T改」 (Garf Zeppelin改の初期装備、E-4甲作戦突破報酬)

敵勢力

初となる群体型深海棲艦「PT小鬼群」が登場。
“大型艦の攻撃が通りにくい”という厄介な特性を秘めている。

通常


ボスクラス


新規BGM

「#」でYouTubeへ転送

  • 『艦隊集結』(海域MAP用BGM)
  • 『海上輸送作戦』(主作戦道中戦闘用BGM)
  • 『水雷戦隊の反撃』(主作戦BOSS戦闘用BGM)
  • 『待ち伏せの夜戦』(拡張作戦BOSS戦闘用BGM)

水雷戦隊が主役とあって、壮大さでありながら軽快さを両立させた爽快な楽曲が多い。
同時に過去のナンバーからのメロディの引用もあり、長年艦これをプレイしてきた提督諸氏なら思わず“にやり”と来る仕上がりとなっている。
『水雷戦隊の反撃』の一部には『次発装填、再突入!』の、『待ち伏せの夜戦』には『シズメシズメ』の旋律が要所で混じっている。
その『待ち伏せの夜戦』は、穏やかでありながら物悲しい鎮魂歌のようなナンバーとなり、「発令!第十一号作戦」の拡張作戦の道中戦闘BGMともまた違った趣がある。

今回、何気にBGMもボスの弱体化にひっそりと対応しており、ボス曲が二種類ずつ存在している。
あなたはどこで気が付いたかな?

余談

開催期間の延期

本イベントは当初約2週間の予定だったが、2度の開催期間延長が行われた。

まず、11月21日にPT小鬼群に駆逐艦の攻撃が当たらないという動作不具合のお詫び(不具合自体は20日に修正)として、イベント終了を数日延長するとして12月7日終了予定である事を発表した。

その後、トラック泊地サーバにおいて12月3日昼頃より高接続負荷が発生。一時は復旧したもののほとんどが再びダウンし、同日17:00頃〜22:50頃までの約5時間にわたる長時間メンテナンスが実施された。
この影響で同サーバ群のボスギミックは再生させず、イベントをさらに24時間延長することとなった。
(他のサーバ群においては、当初の発表通り最終日前日のギミック再生が行われなかった)

トラック泊地サーバーはこれまでも数々の対処を成してきたが、イベントのたびに高接続負荷を発動させており、今後の運営による対応はもちろん、我々提督側もサーバーへの負荷を考慮した無茶しすぎないプレイを心掛けていくべきだろう。
このアクシデントで「掘りの期限が延びた!!」と喜ぶ提督も多かったが、本来はもう少し心配すべき事態であることも、頭の片隅に置いておきたい。

特定艦でのルート固定

従来のイベントより「特定の艦を編成することで攻略容易なルートに固定できる」という要素が半ば『隠し』要素として盛り込まれていたが、本イベントのE-2では神通、雪風、三日月、皐月、浜風の5隻、E-5では川内、江風、時雨の3隻がルート固定に関わっており、さらにこれらの艦娘にイベント期間限定の台詞が追加されるという形でヒントが与えられ、『海域攻略のために特定の艦を編成する』という要素が今まで以上に強く打ち出される海域となった。
必ずしもすべて揃える必要があるわけではなく、彼女らのうち何隻かを揃えることでルート固定が為される形となっていたが、『史実を再現した艦隊を編成する』という側面が強くなり、改二艦予想のように「史実から次のイベントを想定して、必要な艦を前もって育成しておく」というメタなプレイを行う提督も現れる一方で、「自分だけの最強艦隊を作ろう」というゲームの謳い文句と矛盾するのではないか、という批判の声もある。

関連イラスト

軽巡棲姫(2015.11.19)
秋イベお疲れさまでした
Fall 2015 New Kanmusu
突入!海上輸送作戦


関連タグ

艦隊これくしょん 艦これ イベント

期間限定イベント海域

←前回次回→
反撃!第二次SN作戦出撃!礼号作戦

関連記事

親記事

期間限定イベント海域 きかんげんていいべんとかいいき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「突入!海上輸送作戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1049245

コメント