ピクシブ百科事典

迎撃!トラック泊地強襲

げいげきとらっくはくちきょうしゅう

DMM.comのオンラインSLG『艦隊これくしょん』の期間限定イベント。 史実における「トラック島空襲」(海軍丁事件)をモデルとしている。 U-511、練巡香取、空母天城、駆逐艦朝霜が新規艦娘として実装された。 また今回から各海域の難易度を「甲(高難度)」「乙(通常)」「丙(簡単)」のと、自己申告で調整できるようになった。
目次[非表示]

迎撃!トラック泊地強襲(げいけき/〜はくちしゅうげき)とは、DMM.comのオンラインSLG艦隊これくしょん』の期間限定イベントである。
正式タイトルでは「!」が全角表示。

解説

2015年2月6日-23日に開催された、期間限定の海域攻略イベント。
史実におけるトラック島空襲(別名「海軍丁事件」)をモデルとしている。
今回は並行して、昨年に展開されたバレンタインのミニイベントも兼ねている。

当たり前だが、この作戦が行われている事によってトラック泊地サーバーの提督が通常のプレイを行えなくなるような事は一切ない。

今回はアニメ版放映中ということもあり、ボス戦にOP曲である「海色」(E3~5)とED曲である「吹雪」(E1~E2)が起用されている。

仕様

全5段階で構成され、前3段階は史実を元にした「迎撃作戦」、後2段階は報復として敵艦隊を追撃する「反撃作戦」(Extra Operation海域)の二部構成となっている。

今回も『AL作戦/MI作戦』以降恒例となった「連合艦隊システム」を採用し、海域ゲージ回復の不採用のほか、「支援艦隊」の派遣等、これまでのイベント海域とほぼ同じ仕様である。
AL作戦/MI作戦』『発動!渾作戦』の出撃制限(前半海域に出撃させた艦娘は以降の作戦に出撃できなくなる)は今回は適用されない。

各海域の難易度を攻略開始時に「甲」「乙」「丙」(高難度/通常/簡単)で選択可能となり、司令部レベルと自身の艦隊に即したレベルに調整可能となった。

ステージ

迎撃作戦

ステージ海域作戦
E-1トラック泊地泊地周辺の敵潜を叩け
E-2トラック泊地トラック泊地空襲
E-3トラック泊地沖連合艦隊、出撃!


前半はE-1で2014年の春イベント以来となる対潜海域と、E-3での連合艦隊による出撃となった。
E-3では新敵艦「軽巡棲鬼」が登場。

反撃作戦(Extra Operation海域)

ステージ海域作戦
E-4トラック諸島海域敵機動部隊を捕捉せよ!
E-5トラック諸島海域決戦!連合艦隊、反撃せよ!


後半は丸々EO海域扱いとなり、かなりの難易度を誇る。
特にE-5は【☆×13】と、悪夢の5-5を突破する過去最大の難易度。
甲作戦でのE-5攻略に至っては、2014年夏の悪夢を超える」とまで言われる、運営からベテラン提督への挑戦状となった。
E-5で新敵艦として「戦艦水鬼」が、本イベントのラスボスとして登場する。

難易度の設定

今回、新たな試みとして実装された仕様。
各海域の作戦を開始する前に選択画面が表示され、選んだ難易度によって海域の攻略難度が変動するようになった。
難易度による変動は以下の通り。

  • 出現する敵艦の構成と錬度
  • 海域突破時の獲得報酬(アイテムのみ、艦娘は全共通)
  • 獲得できる海域EXP

海域突破報酬として新規実装された艦娘は、どの難易度でも獲得できる。
難易度の途中変更も、作戦概要のウィンドウの上で再選択できる。ただし、難易度を途中変更すると海域ゲージがリセットされて全快するため、安易な変更はお薦めできない。
逆にベテラン提督は、この仕様を逆手にとって丙作戦でレア艦掘りに勤しみ、お目当ての艦娘が手に入ると乙作戦以上で攻略するといった手法を駆使している。

違反ツールによる大破進撃バグ騒動

2月8日、ある提督によってニコニコ動画「大破進撃バグ」の証明動画が投稿された。
これはE-4進撃中にHで戦闘すると、内部処理で大破していても表示されず、その後進撃すると大破扱いとなっているという、『AL作戦/MI作戦』で起きた騒動と同等のものである。

この事態に、多くの提督に再び震撼した

……が、運営の調査の結果、“投稿者提督が不正ツールを使用していたことによる現象”であることが解明され、Twitterで公表された。

しかし、検証した投稿者提督はGoogleChromeの拡張機能『艦これブラウザ』を使っただけです」と反論。そこからある提督のツィートで「『艦これブラウザ』に“独自リクエスト”を送信する機能があった気がする」ことが発覚。
現状では“『艦これブラウザ』が運営の意図する「違法ツール」の条件の何かしらを満たしてしまっていた”というのが、見解として挙がっている。
(ただし投稿者提督が不正ツールを使っていなかったという証拠はない。投稿者提督以外でそのような事例も報告されていない。)

本項に寄せて

昨今、運営鎮守府は「不正ツール使用による違法プレイ」を徹底調査、厳罰に処す動きを活発化させている。

これは昨年から、中国で『艦これ』のデータをぶっこ抜きした丸パクリゲームの登場や、違法ツールによるゲームデータの無断解析、BOT・不正ツールでの二重プレイによる不自然かつ多量の資材・経験値稼ぎなど、『艦これ』がミリオンヒットのメジャーコンテンツとなったことによる、様々な“闇”の表面化が顕著になったことへの対策と思われる。

誰もが楽しめる健全なオンラインSLGとして、今後『艦これ』を長く楽しみたいのであれば、先のような“ルール違反”だけは厳禁と心得よう。
『艦これブラウザ』のような事例に関しても、(本人は意図しなかったとはいえ)使用するとゲームに支障をきたすデータを用いてプレイすることは、ゲームデータのみならず、サーバーへの負荷となって他の提督が迷惑を被る結果となる可能性を秘めている。
最悪、憲兵さんではなく、現実の警察を呼ばれる事態の可能性は、否定し得ないのだから……。

新艦娘&イベント限定艦娘

は新規実装された艦娘。
は通常海域・通常EO海域でのドロップが実装されていない艦
は大型艦建造可能艦

海域ドロップ


海域突破報酬



海域突破報酬

装備


その他

  • 艦娘からのチョコ ※E-1突破
    • バレンタインイベントアイテム。燃料/弾薬/鋼材×各700、ボーキサイト×1,500、に交換可能
    甲種勲章 ※E-5甲作戦限定
    • 最難関を攻略した提督の証。燃料10,000、開発資材/改修資材/家具箱(大)×各10、に交換可能


新規BGM

(「#」でyoutubeに転送)

  • 『特型駆逐艦』 ※E-1~E-2道中戦闘
  • 『吹雪』(戦闘BGM仕様)(ver.1/ver.2) ※E-1・E-2ボス戦
  • 『吹雪、出撃す!』 ※E-4・E-5道中戦闘
  • 『海色』(戦闘BGM仕様)(ver.1/ver.2/ver.3) ※E-3~E-5ボス戦

ボス戦闘BGMは前述通りアニメのOP・EDを編集したものを使用。多くの提督の耳を魅了した。
また道中戦闘BGMもアニメで主人公を張った吹雪を推し出すようなタイトルとなっている。
快速で海を駆ける駆逐艦たちを想起させる「特型駆逐艦」、軽快さと緊迫感を管楽器・ピアノ・エレキギターで魅せる「吹雪、出撃す!」と、アニメ曲の陰に隠れがちではあるがオリジナルBGMのほうも“艦これ節”の効いた疾走感ある曲調に仕上がっている。

その他

イベント中にバレンタインキャンペーンも展開され、何人かの駆逐艦娘を中心に専用グラフィックが実装された。その結果……

らくがきまとめ12【戦う艦娘と渋いオッサン】


こんなシュールな光景が各海域で跋扈することに……

イベント後

2月23日のメンテナンス入りを以ってイベントは終了した。
が、メンテナンス明けには菱餅を集める任務が実装、北方棲姫への全力出撃が繰り返され、イベントで消費した資源の回復、備蓄が大きく遅れた。
さらに、3月3日の戦艦武蔵の発見を受けて、大型艦建造武蔵(艦隊これくしょん)建造を試みる提督が続出、3月13日のメンテナンスで武蔵建造確率上昇(期間限定)と、イベント後の資源回復については最高難度となった。

関連イラスト

迎撃!トラック泊地強襲
15冬イベントボス組他



関連タグ

艦隊これくしょん イベント
期間限定イベント海域

←前回次回→
発動!渾作戦発令!第十一号作戦

pixivに投稿された作品 pixivで「迎撃!トラック泊地強襲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 688685

コメント