ピクシブ百科事典

白露型

しらつゆがた

大日本帝国海軍の駆逐艦の艦級をモチーフとした『艦隊これくしょん』のグループタグ。
目次[非表示]

※この記事では『艦隊これくしょん』における駆逐艦娘のカテゴリーについて解説する。
実艦については白露型駆逐艦を参照。


概要

実在した10隻全てが艦娘として実装済というグループ。
サービス開始当初から白露時雨村雨夕立五月雨涼風の6名がおり、2014年夏の『AL作戦/MI作戦』で春雨、2015年夏の『反撃!第二次SN作戦』で海風江風、2016年秋の『発令!「艦隊作戦第三法」』で山風という順番で追装されている。
1隻1人の島風型を除けば、駆逐艦娘ではサービス開始から全員揃っていた暁型(ただし特型全体では欠員あり)に次ぐコンプリートである。

日時の詳細は以下の通り。
「無印」「改二」はその形態の実装日、「改」はグラフィックの差し替えがあった日を表す。

無印改二
白露2013/04/232013/11/202018/7/12
時雨2013/04/23-2013/10/23
村雨2013/04/232013/12/042018/1/17
夕立2013/04/23-2013/10/04
春雨2014/08/082014/12/01-
五月雨2013/04/23--
海風2015/08/10-2019/6/25
山風2016/11/18--
江風2015/08/10-2016/4/22
涼風2013/04/23--

特徴

慣例上幼げな容姿をしている駆逐艦娘の中では比較的年齢層が高めの容姿を持ち、とまではいかないが駆逐艦らしからぬプロポーションを持つ艦娘が多数いる。
「改二」で規格外と互角にまで成長する艦も出てきた(村雨改二海風改二)。

艦これでは実艦の形態に合わせてキャラのデザインに大きな変化が付けられる傾向があるが、本グループではその境界に規則性が見られない事も特徴で、以下のような組み合わせとなっている。

区分所属絵師声優
白露前期第二七駆逐隊玖条イチソタニベユミ(旧:谷邊由美
時雨前期第二七駆逐隊玖条イチソタニベユミ
村雨前期第二駆逐隊玖条イチソタニベユミ
夕立前期第二駆逐隊玖条イチソタニベユミ
春雨前期第二駆逐隊→第二七駆逐隊玖条イチソ金元寿子
五月雨前期第二駆逐隊→第二七駆逐隊雨宮千遥種田梨沙
海風後期第二四駆逐隊玖条イチソ石上静香
山風後期第二四駆逐隊玖条イチソ橋本ちなみ
江風後期第二四駆逐隊玖条イチソ石上静香
涼風後期第二四駆逐隊雨宮千遥種田梨沙

制服
白露~春雨黒を基調として所々に赤いアクセントを付けた半袖セーラー服に、プリーツ付きのスカート。
五月雨・涼風白を基調として所々に青や黄色のアクセントを付けたノースリーブのセーラー服に、プリーツ無しのスカート。
海風~江風黒を基調として所々に青いアクセントを付けたノースリーブのセーラー服(※)に、プリーツ付きのスカート。
※:他と比べ裾部分が花弁状に分かれて広がっており、川内型軽巡洋艦娘に近い構造になっている。

これは他のグループにも言える事だが、手袋靴下の形状等で更に細かな個体差が存在し、江風は改二で青色だった部分を全て赤色に変えるなど、後天的な改造によって拡大していく傾向がある。
村雨改二に至っては、アシンメトリーとして自身の左右でも意図的に着崩してしまった。


の表現も独特で、グラデーションの入る艦娘が有意に多い
最初は雨宮千遥氏担当の五月雨・涼風のみの特徴であったが、夕立改二以降玖条イチソ氏担当の艦娘にも後天的に獲得する者が出始めた(追加1人目の春雨のみ、先天的に入った状態で登場)。
グラデーションの配色は「1つ下の妹のメインの髪色になる」という法則があるようで、どうやら絵師間でも協調しているらしい。
例を挙げると、六番艦・五月雨は先端に向かうほど色が抜けていく青髪だが、五番艦・春雨はピンク髪に青色の毛先という配色であり、七番艦・海風も青みがかった銀髪を持つ艦娘として登場している。

ただし十番艦・涼風のみは先端が五月雨に似た青色に変化しており、一番艦・白露にも、次級一番艦・朝潮にも繋がらない。
これら4名は全員サービス開始時からのメンバーであるため、「最初期の段階では法則が固まっていなかった」というメタ的な理由が考えられる。

また、「改二」になると側頭部に獣耳状の部分ができるようになる。
夕立改二を「狂犬」に準えた事から始まった玖条イチソ氏の統一イメージであるが、現時点で雨宮千遥氏担当の2名はどちらも「改」止まりであり、ここまで波及するかどうかは未知数である。


艤装は時雨が「ガンキャノン」と仇名される大口径連装砲を背負う以外は概ね担当絵師ごとに構成が分かれている。
五月雨・涼風は四連装魚雷発射機1基のみを背負い、小ぶりな主砲を両手に携える軽快なもの。
他7名は大型煙突を有する機関ユニットを背負い、四連装魚雷発射機は両腿に固定する。手持ちの主砲も大ぶりで全体的に重量感がある


玖条イチソ氏の活動が活発かつタニベユミ氏が「C2機関」所属の為イベント事やメディアミックスへの登板は多い。特に最近のイベントでは毎回出演している。
両者が重なる白露~夕立は特に顕著で、2016年の「秋の秋刀魚祭り」ではキャラソン艦娘音頭」まで披露している。


艦娘一覧

白露(しらつゆ)→白露改二

白露ちゃん
白露改二 ランサーエボリューションX mode


「はいっ、一番艦です!」
何かと「一番」を主張したがる元気な一番艦。ポーズもいっちばーん!
一番最初に「改」のグラフィックが変更されたが、改二化の順番は真ん中くらい。

時雨(しぐれ)→時雨改二

僕になる


「いい雨だね」
クールで優しい二番艦。だがどこか影も感じさせる。
呉の雪風佐世保の時雨と言われる程の幸運艦で、終戦間際まで生き残っていた。

村雨(むらさめ)→村雨改二

はいはーい♪
むらさめちゃん


「村雨の、ちょっといいとこ、見せてあげる!」
つかみどころのない三番艦。半公式で「謎の村雨嬢」とも。
明るくノリが良い中に壮絶な色気を見え隠れさせたり。
史実で第四水雷戦隊を率いた経験があるためか、純粋な精神年齢もかなり高め。

夕立(ゆうだち)→夕立改二

夕立/夕立改二


「さあ、素敵なパーティーしましょう?」
属性過多な四番艦。パーティー(意味深)。村雨とは双子の関係。
史実では第三次ソロモン海戦敵艦隊に単艦で突撃して大暴れしたっぽい

春雨(はるさめ)

春雨


「おいしそう…ってその春雨とは違います!」
従順で控えめな五番艦。
史実では数々の激戦をくぐり抜けており、護衛・輸送任務に対して強いこだわりを見せる。

五月雨(さみだれ)

五月雨


「提督、一生懸命がんばります!」
健気でドジっ子な六番艦。初期艦娘の1隻としても高い人気を誇る。
史実では数々の作戦に参加しながら、時雨に次いで戦争終盤まで生き残った。

海風(うみかぜ)→海風改二

カッコつけてる海風ちゃん
海風


「はい、一応海風型としては…あぁ、ごめんなさい。改白露型です」
穏やかで礼儀正しい七番艦。「海風型=改白露型」とは、ここで実艦にマイナーチェンジが入った事を表している。その「一番艦」をしきりに押してくるあたりは白露にそっくり。
史実では激しい対空戦闘で中大破を繰り返した苦労艦でもある。

山風(やまかぜ)

山風


「やめてよ…放っておいて」
自虐気味の八番艦。白露型の中で最初に戦没したせいか、自尊心が低く病んだような発言が多い。
しかし太平洋戦争最初の水上艦戦の勝利者であるなど、全く活躍していない訳ではない。

江風(かわかぜ)→江風改二

江風
江風改二


「あ、読み方、間違えンなよ」
勝気でお転婆な九番艦。口癖に「ン」を多用しその表記も独特
かつて川内の麾下にいた史実から、彼女を先輩として慕っている。
史実ではガダルカナルの戦いで突入回数一位を誇る。

涼風(すずかぜ)

涼風の本気、見せたげるぅ↑


「私が艦隊に加われば百人力さー!」
浦賀生まれのせいか江戸っ子気質の十番艦。
しかし、同じ浦賀生まれの時雨・五月雨・山風と違い、なぜ涼風だけ江戸っ子なのかは不明。


備考

前級初春型の五番艦・有明と六番艦・夕暮は、中途改良点の多さから独立して「有明型駆逐艦」と分類されていた時期があった。
その間は同型扱いで白露が夕暮の続番に位置付けられていたものの、両者の間にはさらに大きな差異があり、結局初春型出身の2隻を元に戻した上で白露以降を「白露型」と分類し直したという経緯がある。
これに左右されたのが春雨までの5隻であった事が、前期白露型の中で五月雨だけ白基調のデザインに分かれた理由ではないかとする説が存在する。

もっとも、海風~江風と涼風の間にこれに匹敵するエピソードは確認できないため、ここで再びデザインが分かれる理由の説明にはなっていない。
さらに、2020年に入って艦娘として実装された有明は、玖条イチソ氏が担当し制服も黒基調でこそあったものの、白露~春雨と同系統とは言い難いデザインでアイデンティティ「どっちでもいい」というスタンスであった。

有明×時雨


(参考 左:有明・右:時雨改二)

有力説ではなくなったものの、これで白露が「一番」を主張する理由の説明が付く気はしなくもない。

余談

文字通り十人十色な白露型であるが、性格面にはどこか一貫するものがあり、集まった時の統一感や団結力は決して悪くない。
白露や江風が必要以上に突出する事もなければ、春雨や山風が本格的に引きこもる事もなく、全員なんやかんやコミュ力を備えているのである。
それは他のグループに対しても同様で、史実での戦歴も相まって幅広い繋がりを持っている。

個人的な白露型分類


とは言え傾向のようなものはあり、特に白露型同士で動く場合は史実よりもデザインや登場時期を基準とした繋がりが優先されやすい。
先述の白露~夕立というユニットもその一例と言え、所属が異なるため本来ならば考えにくい組み合わせであった。

これは完全に偶然かつトリビアの域になるが、集合絵でタグを節約するためにキャラ名をスラッシュで区切って一つに収める書き方で白露型のメンバーを書くと、「白露/時雨/村雨/夕立/春雨/五月雨/海風/山風/江風/涼風」となり全員で上限文字数である30文字ぴったりになったりもする。

関連イラスト

しらつゆがた!改
ポニーテール白露型


白露型まとめ
白露型姉妹ちちくらべ!



関連タグ

艦隊これくしょん 艦娘 駆逐艦娘
第二七駆逐隊 第二駆逐隊 第二四駆逐隊
改白露型
しらしぐ しぐさみ 村春雨 夕時雨 夕村雨 はるだち はるさみ さみだち さみすず 海江風 山江風カップリングタグ(白露型同士のみ抜粋)

石播東京組:村雨・五月雨の名を継いだ当代の「むらさめ」「さみだれ」が旧石播東京生まれである事にちなんだグループ分け。

白露型下着女性服メーカーが白露型っぽいデザインの下着を「…いい雨だね」とツィート完売…

白露型駆逐艦(実艦):白露時雨村雨夕立春雨五月雨海風山風江風涼風

駆逐艦級名

神風型睦月型吹雪型綾波型暁型
初春型白露型朝潮型陽炎型夕雲型
秋月型島風松型Z1型マエストラーレ級
J級Ташкентジョン・C・バトラー級フレッチャー級

関連記事

親記事

駆逐艦娘 くちくかんむす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「白露型」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17110376

コメント