ピクシブ百科事典

しぐさみ

しぐさみ

『艦隊これくしょん-艦これ-』の登場キャラクター、「時雨」と「五月雨」のコンビタグ。
目次[非表示]

ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』に登場する、「時雨」と「五月雨」に付けられるコンビまたはカップリングタグ。

改二組の一角と、初期艦娘の一人という、人気の白露型駆逐艦娘の組み合わせ。
史実ではこの二隻は深い縁があるのだが、ゲーム中では絵師も別々になっており台詞での言及もない。故に二次創作でも組み合わされることが少なく、pixivでもこのコンビを描いた作品を複数枚投稿しているのはのら氏繆氏だけである(2016年3月時点においてこのタグがつけられているイラストの過半数がこの両氏の作品)。逆に史実ではさほど縁があったわけでもない時雨と夕立五月雨と涼風の組み合わせは絵師つながりということで人気が高く、公式イラストなどでも組み合わされる事が多い。

姉妹との初めての出会い

時雨と五月雨は、ともに浦賀船渠にふたつある建艦ドックで並んで一緒に建造されており、姉妹の中でも双子のような存在である。(浦賀船渠では、のちに山風と涼風も建造されている)さらに進水後も同じ岸壁で艤装作業が進められたため、お互いにとって「初めて顔を合わせた姉妹」でもある。

開戦、そして同じ駆逐隊へ

太平洋戦争の開戦時、時雨白露、そして初春型の有明夕暮とともに第二七駆逐隊を編成しており、五月雨夕立村雨春雨と共に第二駆逐隊を編成し別々であった(この事は五月雨が図鑑でも語っており、夕立・村雨・春雨の事を「友達」と呼んでいる)。

しかし激しい戦闘の中で第二七駆逐隊は有明と夕暮を失い、第二駆逐隊も夕立と村雨を失った。

このため第二駆逐隊は解隊され、残存の五月雨と春雨は、時雨と白露が残る第二七駆逐隊に編入され、同じ駆逐隊の僚艦として行動を共にすることになる。

僚艦として

時雨と五月雨は第二次ベララベラ海戦にてアメリカ海軍第4駆逐部隊旗艦「セルフリッジ」を共同で撃破するなど、数々の武勲を打ち立てている。その活躍は天皇陛下の上聞に達するところとなり、二隻は揃って恩賜の短刀を授けられているほどである。

激戦の中で春雨、そして白露も失われていく中、この二隻は白露型では最後まで生き残った二隻となった。

姉妹との最後の別れ

だが深い縁に結ばれた時雨と五月雨も、運命の1944年8月についに別れの時が訪れる。時雨たちと共に輸送任務に就いていた五月雨は、ミスからサンゴ礁に座礁して重傷を負い、行動不能になってしまった。

時雨は輸送任務を果たした後に五月雨の座礁現場に戻り、傷ついて身動きの取れない五月雨に救援物資を渡してその場を離れる。だがこの時が、最後の別れとなってしまった。

座礁した五月雨は身動きが出来ないまま、米軍潜水艦の雷撃を受け艦体断裂・沈没。これをもって、白露型姉妹の生き残りは時雨ただ一隻だけとなってしまった。

時雨と五月雨にとっては、お互いが初めて出会った姉妹であり、共に戦い、そして最後に別れた姉妹ともなったのである。

そのほか

時雨と五月雨の縁は史実だけに留まらず、1/700艦船模型としてもフジミ模型から「特シリーズ No.81 日本海軍駆逐艦 白露型 『時雨』『五月雨』」として、二隻詰め合わせのセットで販売されているほどである。

また時雨と五月雨は神通亡き後に阿賀野型の能代に率いられた第2水雷戦隊にも参加している。この時の僚艦は長波とそして島風である。

pixivに投稿された作品 pixivで「しぐさみ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85520

コメント