ピクシブ百科事典

赤賀

あかが

ゲーム『艦隊これくしょん』に登場するキャラクター、赤城と加賀の百合・レズなカップリングを表す二次創作用語。
目次[非表示]

概要

ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』に登場する、正規空母「赤城」と「加賀」の二人一組を表すタグ『一航戦』からの派生タグ。

主に戦闘中のコンビ名の意味合いで使われる『一航戦』に対し、こちらは百合・レズのタグとして使われることがほとんどである。
※事実上の百合・レズタグであり二次創作用語でもあるため、TPOをわきまえて使用しましょう。
 また、百合のページにある注意事項にも目を通すことを強く推奨する。

サービス開始当初におけるゲーム上では、赤城が加賀について言及するセリフはなく、加賀の図鑑説明時と轟沈時に赤城に対する言及があるのみであった。…後者のセリフを聞きたいからと言って無駄に轟沈させてはいけない(余談だが、加賀轟沈のショックで平野耕太氏がTwitterでご乱心したのが、かの有名な「ヒラコーショック」である)。

しかし、2014/01/22のアップデートで加賀改に時報ボイスが追加されたが、ここで赤城に対する言及が増加。

  • マルロクマルマル… 赤城さんも起きた?そう
  • ヒトマルマルマル… 赤城さんは?ん、何でもないわ
  • フタマルマルマル… 少し、赤城さんの所へ行ってきます
  • フタヒトマルマル… ふぅ…戻りました。何でもありません
特に下二つに関しては、各所の赤賀好きに多大な妄想材料を提供することになった。

※ただし、上記の時報に関しては、史実で加賀の沈没時刻は現地時間午後7時25分(日本時間午後4時25分)。
同時刻に赤城も自力航行不能により救難不能と判断され、総員退艦命令を発令し雷撃処分を要請している。
しかし現地時間午後10時25分(日本時間7時25分)山本五十六長官から「処分待て」の命令が入り、赤城は翌日午前二時の沈没まで数時間にわたり無人のまま漂流を続けている。
どちらの時刻に拠るかは不明だが、自身の沈没後も辛うじて生き延びていた赤城の身を案じている…という可能性も指摘されているため、一概に百合レズネタとは断定できない。

さらにその後、2014年の夏イベント(AL作戦/MI作戦)における限定ボイスでは赤城が加賀について下記のように言及している。
  • 「提督。私、加賀さん、そして二航戦のみんななら必ず敵に打ち勝ちます。今度こそ、必ず。」
その後のアップデートでも、赤城と加賀に互いに言及する季節限定ボイスがいくつか実装されている。特に加賀に関しては(提督を差し置いて)赤城に語りかけるボイスが多いので、公式でも「赤城さんlove」という風潮が強くなってきている。


また公式4コマコミックでも何かと2人でいることが多い…が、
  • 暴走した赤城に対しキレて、ゲーム内では「デリケートだから触らないで」と言っている飛行甲板をハリセンの如く赤城の頭に叩きつけて黙らせる
  • (開戦時の)五航戦との因縁。
    • 五航戦がくると知って赤城が沈むとばかりに慌てふためく
    • 実際に顔を合わせれば蒼龍&飛龍を抱えて「私たちまだ沈んでない」と泣き出す
    • が、『艦これ』以前の戦史家の間では「珊瑚海々戦で損傷した五航戦が参加できなかったのもミッドウェイでの敗北の遠因のひとつ」というのが定説化しているため、頭を抱える提督が続出
    • 実際にスプルーアンスは「4空母喪失の時点でも日本軍が作戦続行の意志を失わず、大和以下の主力部隊が突っ込んできたら米艦隊こそミッドウェイを見捨てて逃げるしかなかった」(要約)と発言している。
    舞風と出会おうものなら赤城と日向から飛行甲板を奪い取り、自分の(繰り返し言うがゲーム内では「デリケートだから触らないで」と言っているも加えてバリケードを作り「赤城に雷撃させないぞ」と又泣き出す
…等々、加賀のクールキャラが何かと成り立たない上に、赤城が見た目相応のお姉さんぶりを発揮しているため、かなり新鮮に感じる人もいるのではなかろうか。
「赤城の敵は私の敵」と言わんばかりに敵対するが、ほぼ彼女の言いがかりであり、しかも普段の彼女からは考えられないほどビビっている。
そもそも、公式コミックではゲームと違って赤城のことを呼び捨てにしているのも興味深い。


アニメにおいても、多くはないが赤城と加賀が絡んでいるシーンがある。6話の鎮守府カレー大会ではタッグを組んで参加しており、ジャガイモを頬張る赤城を見た加賀が顔を赤らめていたほか、10話で赤城が吹雪を随伴艦に誘う場面で加賀が現れ、「貴方は私にとって…いえ、連合艦隊にとって」と赤城への想いを思わず口に出している。


当初この2人の関係についてはファンの想像に委ねられている部分が多かったが、上記のように公式からの供給が多いので、現在では艦これの百合においても屈指の人気CPにまで隆盛し数多くのイラストや漫画、小説が投稿されている。赤賀の大流行はキャラの持っているイメージにまで影響を及ぼすほどになり、赤城や加賀の提督love正妻空母系ネタは公式の手によって否定され衰退する方向へと繋がっていった。
描かれるイラストの傾向としては、加賀が赤城に対し恋愛感情を抱いてる様子が描かれているものが多い。基本、ほのぼの。また、史実に基づいたシリアス展開を描いた漫画もそれなりにある模様。その他、提督を絡めた三角関係やら何やらによるドロドロ百合や、一方がもう一方を愛しすぎるあまりに淑女と化すギャグ要素の強い百合なども、稀ではあるが存在する。
多くの赤賀の作品は「加賀は赤城love」ということを前提に成り立っているため、それを強調するために加賀は提督を蔑ろにしている、または嫌っているという設定になっている作品も珍しくない。

余談

一種の表記揺れというものであるが、pixiv内では、赤加賀なるタグも存在するが、意味はこちらと同じであるために、混同されることがしばしばある。

史実が史実なのでカップリングとしての歴史は艦これより古く、それ以前の艦船擬人化界隈においても鉄板の組み合わせであった。2008年頃に書かれたアンサイクロペディアの赤城の項目でもまんま恋人同士として扱われている。
このためか赤城、加賀の絵師であるしばふ氏もかなり早い時期から2人の組み合わせに目をつけていた節があり、過去にこんな発言をしていた他、同人誌「提督の夏休み」の表紙では2人で西瓜を食べているイラストを描いている。
(※ただし、上記のツイートにてあるユーザーが「クレイジーサイコレズ」と揶揄した際、しばふ氏は「クレイジーサイコレズは大井だけで十分。」と返答している。

この二人の関係が「相棒」や「親友」なのか、あるいはそれだけに留まらないものなのかは提督諸氏の解釈に委ねるが、上述した通り「赤賀」タグは百合レズ系で用いられることがほとんどである。そして赤賀は数ある解釈の1つであり、行き過ぎた百合ネタを不快に思う人もいるので(赤城や加賀のキャラが好きな人全員が赤賀を好きとは限らない)、このネタを話題に出す場合は場所を考えて出すように注意されたし。

関連イラスト

赤賀バレンタイン


orz砲雷撃戦14新刊表紙予定だった…。
Happy Valentine's day


赤城×加賀
♥~



関連タグ

艦隊これくしょん 艦これ 空母娘
一航戦(※こちらのタグは、上記の二人を相棒・友人・ライバル・コンビといった関係に置く場合に用いられるので、赤賀タグと混同しないように。
赤城(艦隊これくしょん) 加賀(艦隊これくしょん)
南雲機動部隊(※赤城・加賀・蒼龍・飛龍の4名が一緒にいるイラストには、こちらも併用。)
艦隊これくしょんカップリングタグ 百合
赤加賀(※同義語)

pixivに投稿された作品 pixivで「赤賀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23758796

コメント