ピクシブ百科事典

ガチレズ大井bot

がちれずおおいぼっと

ガチレズ大井botとは、艦これクラスタに核弾頭級の衝撃を与えた、Twitterなりきりアカウントのような何かである。
目次[非表示]

概要

本項目には二次創作特有の凄まじいまでの独自解釈が含まれているため留意されたい。

2013年9月下旬、百四十文字海域において実装が確認された重雷装巡洋艦娘
大井っち北上さん好き好きオーラが濃縮して誕生した異能体との推測もあるが正体は不詳。

botらしく定型ツイートや自動返信も行なうが、手動で投下されるツイートの数々は「ツイッター二次創作小説」とも言えるクオリティを見せており、その構成力に脱帽する者も多い。
「戦争で沈んだ史実の軍艦・大井」の重い過去をぼそっとつぶやいてみたりLGBT界隈のガチ情報をネタに組み込んでみたりいきなり完璧なまでのロジカル語法を操り出したりと話題は多岐に渡っており、ただのクレイジーサイコレズと侮れないところがある。
情緒不安定とも取れるその言動は、当人なりに思い悩んだり配慮したりした結果でもあるようだ。

なりきりアカウントやらbotアカウントやらの常識を豪快にブチ壊したその独特過ぎる世界観と言動に、関係各所が恐怖と戦慄のどん底に叩き落とされた。その衝撃は艦これ二次界隈に決して小さくない爪痕、もとい影響を与え続けている

阿武隈を交えた壮絶な三角関係の果てに第2形態「メンヘラ大井bot」を経て最終形態「両思いガチレズ大×北bot」に至り、ストーリー展開はひとまず完結して完全自動botへ移行した。
その後数か月間は時折思い出したように手動ツイートするもののストーリー展開は無かった。
しかし2014年10月頃から上記の四角関係ストーリーよりも頻度は低いものの、今度は木曾(二代目)の熱烈アプローチを受け始め、それに嫉妬した北上がツイート中でも「クズ上」と言われるほど積極的になりつつある。

当該アカウントに登場するガチレズ鎮守府の面々

※は外部リンク(Twitter)。
なお、基本的に当該アカウントにおいては同名艦娘や提督が複数存在する解釈が採用されている。

主人公とヒロイン

大井
語り手にして主人公。クレイジーサイコレズ(本人曰くレズ以外はクレイジーサイコノンケ)。北上さんを病的なまでに愛するオープンな変態という名の淑女。一方、男やノンケを異常なまでに毛嫌いする(ただし「漢(ex.現実の艦である大井の乗組員一同)」は別らしい)。数々のインパクト抜群な迷言を残している。

性格性癖のせいか周囲からの評判はお世辞にも良いとは言えないらしく、本人が執筆した小説によると北上が居ない時はいつも便所飯らしい。
また、大井の所属している鎮守府には複数の別個体の大井が存在し、中にはノンケの大井も存在する。

pixivユーザーでもあり、小説を中心に投稿を行っている。2014年以降の活動は寧ろこちらがメイン。
当記事メイン画像は本人による自画像。
2015年2月にPN「ガチレズ大井botの中の人」としてあたたかアンソロに参加しており、その告知以降は管理人名義のアカウントとなっている。

目下のところ関心を寄せているのはiPS細胞。理由は当該記事を読めばわかる
愛読書も勿論その手の本……と思いきや、昨今よくある日常系百合作品の類はあざと過ぎてむしろ嫌いらしい

なお、大井の部屋(@oi_room)はそのものずばり大井の自室であり、秘密の話をしたり片付けをさせられる木曾が悶々としたりする。

北上
ヒロイン。大井っちの大天使。大井っちから鉄風雷火の如きレズセクハラを日常的に受けていることが窺える。基本的にノンケだった。
阿武隈、大井との三角関係のうちに大井と両思いになったはずであったが、その後もさしたる進展はない模様。
しかし木曾(二代目)が大いに熱烈アプローチをかけ始めると、それに嫉妬して「クズ上」様へとジョブチェンジを遂げ…?
ネコなので大井とはネコ同士のぶつかり合いが絶えない模様

レズ仲間たち

加賀
大井っちのレズ仲間その1。赤城LOVEだが大井っちとのフラグも噂されている。互いに毒を吐き合うこともあるが、基本的に仲は良い様子。ヘタレズスカベンジャー。隣に赤城がいない限り完璧な王子様だが、その性癖には大井っちも若干引き気味。最近は追加ボイス実装により徐々にヘタレズを脱却しつつあり、赤城に提督(♂)の服を着せて赤賀するまでに成長した。またその性指向は厳密にはレズに近いバイセクシャル。

20131006


複数人の加賀で加賀サーを形成したりもする。
過去に土佐に手を出したことがあるらしく木曾と大井をドン引きさせた。

比叡
大井っちのレズ仲間その2。クレイジーサイコ妹。金剛LOVE。しかし当の金剛は男性提督LOVEなためストレスが凄まじいらしく、いろんなお薬が手放せなくなったり、生理が止まっちゃったりしたりしている。また、オンオフでのテンションの落差も激しい。なお、彼女の部屋は大井っちが言葉を失うほど。

羽黒
大井っちのレズ仲間その3。ガチレズシスコン処女厨三重苦。そのくせ、表向きは多数の男性と関係を持っているというドス黒い何か。しかしそれは姉の足柄LOVEが行き過ぎて男を近寄らせないよう手を回しているからだとか…。日課は足柄姉さんのストーキング。更に姉を侮辱した女傷つけた男に対しても、人間関係がドロドロになるような報復を行なう。ただし那智曰く「恋敵は直接殺しに来る娘」であり、本人も陰湿な嫌がらせは嫌いと断言している(十分陰湿であるが、彼女らのコミュニティ基準ではそうでもないようだ。物差しが狂っているとしか言いようがない)。同性愛者でありながら異性経験豊富というアンバランスさから、メンヘラも併発しているらしい。
小説に登場した際は、現実の異性に興味が無いとされていたはずの男性警備員を相手に「とりあえず相手の外見的特徴を褒めまくって気を惹き(露骨なボディタッチも交えていた模様)、向こうが調子に乗って自分の話を始めたら楽しげに相槌を打ち続ける」という鮮やか過ぎる籠絡術を披露。
当然ながら全て演技であり、一しきり「本心を押し殺して男に都合の良い言葉だけを吐く機械になりきる」という作業が済んだ後は、あからさまに顔が青くなる程精神力を消耗していた。

周辺の方々

赤城
加賀の想い人。ゆるふわ戦闘機械ガール。加賀がヘタレすぎることもあってその好意に気付いているかどうかは微妙なところだが、少なくとも完全に餌付けされている。
小説によれば鎮守府から出たことのない箱入りのお姫様であり、性格は欲望(主に食欲)に忠実で我儘。更に一般常識に著しく欠けており、加賀のクソレズを拗らせた言動にも全く動じていない模様。一方で武人としての一面もあり、「私達の提督は、南雲中将ただひとり」と言い放っている。
と同時に、今の提督(≒艦これプレイヤー)は「居ても居なくても同じのどうでもいい存在」としか見ておらず、※原作ゲーム中の「ほぼ戦闘か任務の話しかしない生真面目な軍人キャラ」は「武人としての誇りがあるので幼稚な反発をする気は無いが、提督に一切興味が無いので私情を挟む気も無い」ことから来ている、というちょっと衝撃的なキャラ解釈がなされている。

金剛
比叡の姉で想い人。男性提督LOVE。ヤクザっぽい長女気質で、大井っちが比叡のヘタレエピソードを流す度にプレッシャーをかけてくるらしい。そしてそういった所が比叡のシスコンを悪化させていることに気付いていない。

榛名
謙虚で明朗で、礼儀正しい、金剛姉妹きっての良識人……※という人物像には何か裏があるとしか思えない、という目で見られている模様。
ちなみに大井の評価はレズとノンケの場合で両極端に分かれている
専ら他人の妄想内での登場なので本人の人となりは不明。

霧島
金剛姉妹の中で彼女だけは長らく名前が挙がることすら無かったが、どうやら一応ノンケだった模様
つまりレズなのは比叡だけということに……。

足柄
レズの間で人気が高いノンケ。羽黒の想い人。「飢えた狼」の別名通り、男を探し活発に合コンへ参加している。が、男が出来そうになると決まって妹の羽黒が暗躍するため、今なお独り身である。(自分の狙った男を寝取られているにもかかわらず)男より羽黒を優先させる無自覚シスコンな所があるのがこれまた厄介なところ。
(ただ彼女の「男にモテると思ってやってた失敗談」は大井っちですらドン引きするような内容だったらしいので、もし羽黒がどうこうしなくても厳しいことに変わりはないかもしれない…。)
男性の理想は高い反面、女性に対しては誰であっても面倒見が良く、大井っちから見ても魅力的な(レズ素質を持った)女性。
だが羽黒が「ノンケの人が女同士は嫌だと抵抗するのが楽しいから」という理由で足柄はノンケのままでいて欲しいと思っているようなので、大井っちが羽黒を乗り越えでもしない限りはレズ側に転ぶことは無さそうである。

那智
大井っちの装備をじょうろと間違えたり、上官であるに倣って変な口調になったりする面白い人。大井っち曰く、魂が受けの色をしている童貞レズでもあるらしい。また、ノンケが「何故彼氏を作らないのかトーク」を始める度にレズ同士のアイコンタクト連携によって呼び出され、一喝する役割を担っている厳しい雰囲気のレズでもある。
……が、実は小説(先述の羽黒の項目にあるやつ)において本性は割とどうしようもないぐらい豆腐メンタルであることが発覚した。
ところが改二実装で一気にイケメン化。壁ドン立ち絵と補給ボイスの「足柄は大丈夫か?」が効いたか。

ちなみに妙高型四姉妹の長女である妙高個人は取り立ててネタにされていないが、大井っちがこの四人を見た時の第一印象は「給湯室でコントやってそうな経理のOL集団」だったらしい。

瑞鶴
レズコミュニティの一人。姉の翔鶴が好きと見せかけて、密かに加賀に執着するガチレズ。
日本海軍きっての幸運艦の一隻として有名だが、大井っちに言わせるとこういうことだそうな(ある意味非常に的確なのだが)。

陸奥
レズコミュニティの一人に入っているかどうかは明言されていないが、大井っちの話から察するに、わりとアブノーマルなプレイで長門を調教している模様。

長門
上述の通りに妹の陸奥に好き放題やられている(やらされている)ことが端々で窺えるが、そのせいなのか、大井からも妙に見くびられている節がある。(「長門さんよりも北上さんの方が強いに決まってる」などと言い回られたり。)
ネコなのに顔と言動はイケメンなので度々イケタチ枠に括られる。また「この身は陸奥に全て捧げている」と宣言している。


吹雪
最大の被害者。ノンケなのに無理矢理レズコミュニティにブチ込まれることがある。主な任務はパシリと人数合わせ。もっと目立ちたいらしい。不憫。
「一番可哀想なのはむしろ吹雪」という状況を端的に表した図はこちら

阿武隈
クローゼット(性志向を公にしていないセクシャルマイノリティ)のレズ。彼女の登場が大井っちと北上様の関係に重大すぎる転機をもたらした。時報持ち&高い女子力のため大井っちには妬まれ気味であった。

天龍
大井が「私はレズです」と自己紹介したら引いた。言葉遣いは悪いが、沈んでいる大井っちを励まそうとしてくれるいい人。眼帯をしているのは左目が一重なのが恥ずかしいから。意外と乙女
ファンレターは女子からばかり来るが、本人はネコである事を大井に掴まれている。
しかし長女属性持ちなのでまとめ役としての才覚がありヒステリーを起こした龍田を受け入れる度量もあるためボイタチの筆頭格として扱われることも多い。この辺りは木曾と対照的である。

龍田
姉妹艦LOVE繋がりな大井のレズ友…………だと良かったのだが、大井的には「百合キャラを作って売っているだけで本当は普通にノンケなんじゃないか」という印象で見られているようで、軽々しく百合・レズネタを持ちかけても冷淡にあしらわれて残念な展開に終わりそうな気がしてならないため、交流を持てない模様。
あくまで大井のイメージなので、実際の人物像はあまりわかっていない(前述の通り天龍で遊んでいるのは間違いないようだが)。

摩耶
典型的なスケ番タイプ。天龍同様、言葉遣いは荒いが、結構優しい。しかし、男女観が戦前のそれと全く変わっていないらしく、そのギャップは大井っちをフリーズさせた
その一方で妹の鳥海は中破絵で出血するため大井からは『世界観が違う』と思われている。

球磨
ご存知球磨型姉妹の長女にして1番艦。大井っちには「球磨姉さん」と呼ばれている。
見た目的にもキャラ的にもあまり似ていないため、大井っち的には姉という実感がないらしいのだが、そこはやはり超個性派の5人姉妹を束ねる長女。姉妹ヒエラルキーの頂点に立つ存在であり、四女の大井っちは球磨姉さんには逆らえないらしい。それゆえあまりネタにすることができず、登場頻度は低め。
稼働直後に登場した際のエピソードでは、北上さんにメロメロ状態で気もそぞろな大井っちにお説教。その際、戦前育ち故の強烈な軍国思想の持ち主という地の性格をうっかり表出している
ちなみにこの時のお説教は、球磨姉さんお気に入りの軍歌(同期の桜)をBGMに長々と続いた
このあたりが、大井っちが球磨姉さんに逆らえない理由のようだ。
しかもドスの利いた声を出すと、長門さんそっくりの声になるのだとか。まぁぶっちゃけ中の人一緒だしな。

多摩
球磨型姉妹の次女にして2番艦。大井っちには「多摩姉さん」と呼ばれている。
やはり姉妹ヒエラルキーの上位者であるため、大井っち的にはネタにし難いらしく、登場頻度は低め。ちなみに球磨型姉妹の上下関係についてはこちら
『にゃ〜』という語尾を持ちながら女社会で浮かない外交力の持ち主。
稼働から1年も経とうかというころになってひょっこり登場したと思ったら、いつのまにか腐っておられましたとさ
挫けるな大井っち!
大井がレズ用語を普及させすぎたせいで思いがけないとばっちりを食らっており、そのことにお怒りな反面、密かに妹をかばう姿も見られる。これには流石に素で罪悪感を感じているようだ。

木曾(初代)
球磨型5番艦であり大井っちの妹。しかし存在自体忘れられていた。ヒロポン(戦時使用された覚醒剤)の中毒患者でハッピーな幻覚を見ている。
提督の居眠り進軍で轟沈した。

木曾(2代目)
その初代木曾が轟沈した後、二代目の木曾が着任。こちらは改二まで成長している。
大井っち曰くボイタチ(ボーイッシュなタチ)の代表格。
さらに大井っちにカップリング絵を姉ショタと誤認される始末。
末っ子の彼女は姉妹ヒエラルキーの最下層に置かれ、当然のごとく四人の姉たちのオモチャにされる日々を送っているもよう。
だが初代木曾の、そのあまりに不憫な生涯が大井っちの同情を誘うらしく、着任以後大井っちにたっぷり世話を焼かれている
北上さん一筋の大井っちには珍しいことだが、やはり可愛げのあるボイタチを放っておけないのがフェムネコの性というところか。
そんな大井っちのお世話焼きが、思わぬ効果をもたらしているようであり……。


蒼龍
大井から「吹雪のような正規空母」と呼ばれてしまうぐらいには空気。ひどい。だがある意味幸せかもしれない。 …だが。
小説にてレズであることが確定。所謂フェムタチであるが「フェムを通り越してもはや男性向け」と言われる容姿のためハードレズ(難易度的な意味で)として人生を送ってきた模様。その後紆余曲折を経て飛龍と結ばれる。

飛龍
小説で登場。南雲機動部隊最後の良心。
元々男嫌い(多聞丸除く)だったこともあり、蒼龍の告白であっさりレズへ転んだ。

翔鶴
ついに満を期して登場した、レズ鎮守府最後の正規空母。愛する瑞鶴の幸せを想うあまり、瑞鶴を加賀に抱かせようと画策する、ガチレズ・シスコン・NTR属性を併発した逸材。大井っちが恐れ怯むレベルのクレイジー。

翔鶴×大井


彼女の登場がしばらく平穏だった鎮守府に再び嵐を呼ぶ。だが、彼女が「病んだ」のは史実に基づくトラウマにあった(深く刻まれたトラウマの数々:※その1※その2※その3

提督
大井曰く、男性提督と女性提督の両方が存在するようだ。一つの鎮守府に何万人ものプレイヤーが出入りする仕様がそのまま反映されているらしい。主に大井と絡むのはガチレズな女性提督。大井っちに従順なため、都合よく使われる。
小説にも複数人登場しているが総じて扱いが酷い。特に男性提督はどうしようもないクソ提督しか出てこない上に全員殺されている

日向
北上が一緒じゃない演習に駆り出されて全然やる気の無い戦いをする大井に対し、叱りつけるでも手を上げるでもなく(中の人が同じであることを活かして北上の声色を真似ながらドぎつい拒絶の言葉を叩きつけるという生々しすぎる制裁を与えた、強かな女。
レズかどうかは不明。

龍驤
彼氏持ちのノンケ。レズコミュニティとの関わりは希薄。
彼氏との仲はベッタベタに甘々。つらい。
大井っちいわく『「ちゃお」とか「りぼん」の世界』らしい。
新規イラストが追加された際は、若干淡くなった髪色から「彼氏が変わったのでは」と推測されていた。
別にレズ的な関心を向けているわけではないのだが、何故か大井っちからの注目度が(やや悪い意味で)高い傾向がある
彼女のエセ関西弁が生粋の関西人たる彼女の癇に障った事も一因となっているようだ。

愛宕
直接登場することはほぼ無いがたまに名前を挙げられるノンケ。やはりレズコミュとの縁は薄い。
大井曰く「(異性ウケをとるという意味での)女子力の正しい使い方の体現者」のような存在で、見ているだけでガチレズである自分の肩身の狭さを思い知らされるかのようで直視ができないらしい。
大井っちも心の底では、自分の性癖が社会通念から外れていることへの気後れがある…とも取れる一幕である。彼女にとって、たとえ同性でも愛宕のような人物は色んな意味で遠い存在なのだろう。
…たまに※こんな珍妙なコメント※もつけられているが

最上
その容貌から、大井はトランスジェンダーだと思い込んでいた。
また、ボイネコのサンプルとして大井に脳内再生されている。
本人が実際にLGBTかどうかは不明。

朝潮型
具体的に何かネタになるような行動を起こしたわけではないのだが、何故か大井から物凄く悲しいイメージを勝手に抱かれている

第六駆逐隊
不穏な遊びに興じている模様
逆に言えば素質があるのだが、どのみちLOの領域なので紹介できないとのこと。

扶桑姉妹
大井から「ジョックレズ」だの「レズ番付上位の匂いを感じる」だの「私と北上さんをコミック百合姫の世界とするなら扶桑姉妹は快楽天」だのと、やたら過激な印象を持たれている。
ところが山城がロリコンに目覚め時雨に乗り換えた模様。扶桑姉様の明日はどっちだ。

初雪
初めて大井の目の前で轟沈した艦娘。その様子は地獄絵図であった
もっとも、普段は容姿が北上に似ている事から、勝手に大井の良からぬ想像の対象とされてしまっている。

ノンケ大井bot
不倶戴天の敵。ちなみに提督は同一。
本来大井ノンケ派へのフォローとして登場したはずが『ノンケというより淫売』と言われるような全然フォローになっていない有り様だったので、改めて『大井風評被害払拭計画の一環(当該アカウントプロフィール文より引用)』として「綺麗な大井bot」が登場するハメになったが、実態は無難な原作台詞の集合体で、風評被害対策になっているとは言い難い。

周囲への影響

艦これ界隈でも特にフォロワー数が多く、知名度が高いbotであった。それが悪い方向に作用してしまったと言えるのが、艦これのアニメが放送された時期の視聴者の反応である。
アニメでの大井は北上には好意を向けるが他の登場人物に対しては人当たりが非常に悪いキャラクターとして描かれ、しかも毎回必ず一度は悪態を付く上に大半がストーリー進行に関係しないという、意図の分かりかねる推され方がなされていた。
戦いでもどこか冷めた素振りで、ケッコンカッコカリ等で見られる提督LOVE要素もスポイルされていたため、その他の不審・不満点を合わせてアニメ制作会社とスタッフが次々と炎上
その過程で「アニメの内容は二次創作での流行が取り入れられている」事が広まると、「全ての元凶」として本botに矛先を向ける視聴者が現れ始め、一時的に活動停止にまで追い込まれたのである。

騒動が沈静化し始めた所で活動は再開しているが、アニメが続編を計画している事もあって不審・不満は燻り続けているのが現状である。
当然の事ながら、アニメとガチレズ大井botに直接の関係は無く、ネタの内容も「大井がガチレズ」という事以外に共通点は無い。bot自身も「二次創作の、痛々しいネタbotに過ぎません。当然、私とは別に、提督を大好きな大井もどこかにいます。あらゆる可能性が艦娘にはあります。中々提督を大好きな大井が見つからない、という場合……残念ながらお力にはなれません。そういう大井の創作物が無くなるように指示を出したこともありません。」と言及しているように、bot内の大井はあくまで二次創作の種類の一つとして扱い、アニメの大井とは別個に考えるべきである。

また、艦これ自体がストーリー要素が薄く、キャラの性格なども一貫していない場合が見られる作品である。二次創作同士であっても、他の作品に本botの内容を持ち出す事は厳に慎むべきであろう。
そして、たとえガチレズ大井botを嫌っていても、アカウントへの荒らし行為や、ゲームやアニメで気に入らない描写があった際の責任転嫁をして良い理由にはならないという事を理解しておいて欲しい。

関連イラスト

今週のアイコン
艦3


初雪と北上の類似性



北上さまの反応

今日の北上さん(2013-11-07)SNSよく知らん
艦これ落書き



関連リンク


関連タグ

あ艦これ
大北 赤賀 あぶきた 木曾大井
クレイジーサイコレズ ガチレズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ガチレズ大井bot」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1957998

コメント