ピクシブ百科事典

白露(艦隊これくしょん)

しらつゆ

白露とは、ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』に登場する白露型駆逐艦1番艦である。
目次[非表示]

「はいっ、1番艦です!他の用例や検索ワードとしては白露を参照しましょー!」

図鑑データ

艦名白露
図鑑No.79
艦級白露型1番艦
艦種駆逐艦
CV谷邊由美


「白露型の1番艦、白露です。はい、一番艦です!」

なになにー?概要の出番ー?

白露型駆逐艦1番艦の艦娘。ネームシップ艦のため、入手レア度は少し高め。
一説ではレアリティ詐欺と言われたを上回る出難さを誇る。さすがは1番艦といったところか。

2016年3月11日のアップデートにて、白露が所属していた第二七駆逐隊の編成・出撃任務が追加されたが、白露を改状態で旗艦に指定することが条件となっているので注意。

もっちろん!容姿が一番に決まってるじゃない!ねぇ?

白露


白露型前半組共通の黒いセーラー服に、明るい茶髪のボブヘアーと黄色いカチューシャが特徴。また、駆逐艦としてはプロポーションがいい方(さすがに浜風などには及ばないが)で、中破すると下乳が見える。しかもつけてない

村雨夕立が背負っている背中の機関部は、白露には無い。この時までは。

艦これアーケードでは、砲撃時にくるりとその場で一回転してから両手を上げるポーズをとる。かわいい。

艦これACの白露



改がかっこよくなった!やったね!

白露改


2013年11月20日のアップデートで、「改」のグラフィックが完全一新された。
駆逐艦なのでアップデート終了時間後まで彼女を遠征に行かせていた提督は、「知らない娘が帰ってきた」と驚いた事だろう。

艦娘のグラフィックは普通、改造による艦種変更(例:航空巡洋艦重雷装巡洋艦)、史実での塗装塗り替えの反映(例:瑞鶴の迷彩武蔵の死に装束)以外では、「改二」となるしか大幅な変更はなされない。
一応の例外としては軽巡長良名取が居たが、2人とも微修正程度に留まり、大きな変更も長良の中破絵の向きが変わるのみだった。そのため「改」の時点で普段のグラフィックから全く異なる別のデザインに変更されたのはこの白露が初めてとなる。良かったね、1番だよ。

主な変更点は、今まで背負っていなかった機関部の追加、手にはめるタイプとなった連装砲ほか装備の変更。カチューシャも黄色寄りのカラーリングからオレンジ色になっている。
このため、先に改二化によって変更されていた妹の時雨と夕立の新グラフィックに近い装備、絵柄になった。
また、地味に中破時の露出度も上がっており、形のいい胸部装甲が脇から露になる。

後の2013年12月4日には、同じく白露型前半中の改二あぶれ組だった村雨のグラフィックも同様に差し替えられ、こちらは更に大人っぽくなった。

ふっふーん、限定グラになっちゃったー♪

開放的な夏


2015年6月26日には村雨と共に初夏限定グラフィックが実装された。→夏服白露

白露


翌年6月10日のアップデートでは、艦これAndroid版の先行試験運用開始を記念した限定グラフィックが実装された。
このグラフィックは『携帯mode』と称され、スマホ片手に音楽を楽しんでいる
伊168が平時スマホを弄っているのは知られているが、限定グラフィックでこれだけ明確にスマホがグラフィック化されたのは白露がいっちばーん!最初である。やったぜ、白露。
ちなみにこのグラフィック、なぜか未改装でも艤装が改状態になっている。

どうかな?


さらに9月1日のアップデートでは、浴衣姿の限定グラフィックが実装された。
本人は「一番の浴衣」と得意げだが、浴衣グラは前年の妹の方が先と突っ込むのは野暮というものである。
ともあれこれによって、2016年は携帯、水着、浴衣と三期連続で限定グラフィックが実装された事になる(初の例となった村雨と違って水着のみ前年に実装なので全てが新規ではないが)。
自身も含む白露型4人のキャラソン「艦娘音頭」が収録された「艦娘想歌【肆】」のジャケットでは、この浴衣姿で堂々のセンターを飾っている。

水着グラとはまた違う形で髪を縛り、左手に「壱」と書かれた団扇、右手に秋祭りの景品か水風船を持っている。さらに背部の艤装には水風船を複数ぶら下げている。

白露浴衣グラ


中破すると胸元が大きくはだけ、くっきりと夏の水着の日焼け跡が見えるほか、持っていた水風船が割れてしまったせいかイケナイものを連想させてしまうように水がかかっている、大変けしからんものになる。
何やらに負けず劣らず色気を増していっているような…

性格、はりきっていきましょー!

いっちばーん!

「いっちばーん!!」
一番艦である事から、登場時から戦闘時にまで、どこぞの夜戦バカに負けないくらい一番艦、というか一番であることを主張してくる元気っ娘。「君たちには失望したよ」とか「素敵なパーティーしましょう♥」とか言い出す妹達に比べればまだしも平穏であろうか…
一番にこだわる理由は明らかにされていないが、一応、史実においては「第一艦隊・第一水雷戦隊所属の一番艦」という、「1」という数字に縁がある艦ではあった。初春もそうだが。
また、竣工当初の彼女は実は一番艦ではなく有明型駆逐艦三番艦と扱われており、後に一番艦の有明と二番艦の夕暮が初春型に編入となった事から繰り上がりで一番艦になった、という史実も一番にこだわる理由の一つであるのかもしれない。
後に実装された江風には、MVP時に「悪いなぁ、白露の姉貴!江風が一番だって!」とからかわれている。

んっ?江風が一番だって?



提督との関係は良好であり、お触りすると「白露とそんなにお話したいのー? よぉーし、とことん付き合っちゃうよー!」と(艦これアーケードでは頬を少し赤くしながら)乗ってくれる。
一見色気がないタイプに見えるが、中破すると「恥ずかしい」と口にするあたりに若干乙女な要素がなくもない。

2015年秋イベント時の追加ボイスでは、「潜水艦はちょっと苦手」と語っている。後述するように潜水艦の雷撃が遠因で沈んだ事が理由と思われる。「今ならやっつけられるよ」とも語っているが、もしかしたら彼女も潜水艦トラウマ組に入るのかもしれない。
漫画『止まり木の鎮守府』第21話では、「爆弾」という単語を聞いて「タンカー…爆雷…う゛…っ」と頭を抱えていた。

前述した出撃任務の報酬として入手できる『「春の一番」掛け軸』は白露直筆によるもので、意外と達筆である。
しかし2016年6月2日に実装された梅雨ボイスでは、てるてる坊主作りに挑戦するも苦戦する様子を見せている。実は不器用……なのか?

史実も準備万端!

竣工日は1936年9月7日。同型二番艦の時雨と同一日、つまり双子のような関係となる。
竣工したばかりの2隻は、当時御召艦だった比叡の供奉艦に指定され、横須賀からの航海を共にした。後に、第三次ソロモン海戦では彼女の最期も見届ける事となる。
太平洋戦争開戦時は、時雨と共に第一艦隊・第一水雷戦隊第二七駆逐隊に所属しており、戦没するまで共に相棒であり続けた。

珊瑚海海戦ミッドウェー海戦(中途まで)に参加した後は、他の白露型4隻で構成された第二駆逐隊共々、第四水雷戦隊にしばらく所属していた。

ガダルカナル方面の作戦では、第六駆逐隊と「挺身攻撃隊」を編成し、白昼堂々ルンガ泊地に突入、攻撃を成功させている。

ブナ輸送作戦では米軍B-17爆撃機の空襲を受け大破、危うく船体切断の危機に陥り作戦中止。応急修理の後トラック泊地で明石によって修理を受け、内地へと帰投する事となる。悪天候の中で修理した溶接部分に亀裂が生じてまたしても応急修理するなど紆余曲折がありながらも何とか帰投し、本格的な修理を受けた。

修理から復帰後のブーゲンビル島沖海戦では、五月雨が図鑑内で謝っている通り、咄嗟の事故で五月雨と衝突した。渾作戦にも参加し、沈没した春雨の乗員救助を行っている。

最期は、マリアナ沖海戦目前の輸送船団護衛任務中、ミンダナオ島沖で米潜水艦の雷撃を回避中に、タンカー・清洋丸と衝突し、爆雷と艦内の弾薬庫が誘爆し沈没。
戦闘中ではあるが、事故による沈没という最期を遂げている。

二次創作、まいどありー!

白露型は特型駆逐艦全般を除けば、史実での活躍から改二が実装された駆逐艦(時雨、夕立)が最も多いグループなので、時雨又は夕立と比較して活躍の少ない白露は、「長女なのに……」という方向で村雨と共にいじられる傾向にある。
公式4コマ17話にて時雨と夕立の改二が話題となった際、それがオチに使われていた。
しかし、彼女らがここで改二を望んでいた理由は強くなる事ではなく、単なる興味本位と「容姿が変わって大人になる事(あと一部装甲が集中強化される事)」だったので、白露と村雨は夢が叶ったとも考えられる。
そんな姉達とはデザインした絵師と中の人が違う五月雨と涼風の明日はどっちだ。

ちなみに自己主張の強さと黄色いカチューシャから某女子高生、直線の茶髪ボブ+カチューシャから某軽音部マンガを連想する提督もいるとか…ポーズがある方に似ている点も。

一番先に、関連イラスト発見!

[艦これ] 白露たそ~
提督指定のおにぎり


らくがき白露ちゃん
棒アイス



軽音楽部砲火後ティータイム

うんtn... 白露だよ。



提督、関連タグだよー。

艦隊これくしょん 艦娘 駆逐艦娘
白露型時雨 村雨 夕立 春雨 五月雨 海風 山風 江風 涼風



神風:第1駆逐隊所属の神風型1番艦。「1」に関するエピソードは他にもあり、白露よりも余程「1」に縁のある艦娘。

pixivに投稿された作品 pixivで「白露(艦隊これくしょん)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2566696

コメント