ピクシブ百科事典

第二七駆逐隊

だいにじゅうななくちくたい

第二七駆逐隊とは、太平洋戦争期に存在していた帝国海軍の駆逐隊のひとつ。pixivでは専らゲーム「艦隊これくしょん」のグループタグとして使われている。
目次[非表示]

概要

開戦時は白露型白露時雨初春型有明夕暮で編成されていた。当初は名称が第九駆逐隊であったが、横須賀鎮守府から佐世保鎮守府に転籍した際に第二七駆逐隊へと改称された(第九駆逐隊の方は入れ替わりで朝潮型4隻の駆逐隊になる)。
なお、この編成は第九駆逐隊としては四代目、第二七駆逐隊としては三代目となる。

太平洋戦争中は、蘭印攻略・インド洋機動作戦・珊瑚海海戦ミッドウェー海戦と広範囲で活動し、第二段侵攻作戦のため第四水雷戦隊に転籍して鼠輸送や第三次ソロモン海戦等のソロモン諸島攻防戦に従事した。
1943年(昭和18年)7月、第四水雷戦隊の解隊にともない第二水雷戦隊に編入されるも、夕暮・有明が相次いで戦没したため、最後の1年は白露型の五月雨春雨を含めて白露型4隻の駆逐隊となった。

略歴

1935年(昭和10年)4月1日:夕暮の竣工を機に編成。翌年9月7日に時雨が竣工し編成完結。
1935年(昭和10年)11月15日:第一艦隊第一水雷戦隊
1938年(昭和13年)12月15日:佐世保鎮守府に転籍、第二七駆逐隊に改称。佐世保鎮守府予備艦。
1939年(昭和14年)11月15日:第一艦隊第一水雷戦隊。
1942年(昭和17年)7月14日:第二艦隊第四水雷戦隊に転籍。
1943年(昭和19年)7月20日:四水戦解散、第二艦隊第二水雷戦隊に転籍。
1943年(昭和18年)7月20日:夕暮戦没、10月15日除籍。
1943年(昭和18年)7月28日:有明戦没、10月15日除籍。
1943年(昭和18年)10月1日:7月1日に解隊した第二駆逐隊より五月雨を編入。
1943年(昭和18年)11月30日:7月1日に解隊した第二駆逐隊より春雨を編入。
1944年(昭和19年)6月8日:春雨戦没、8月10日除籍。
1944年(昭和19年)6月15日:白露戦没、8月10日除籍。
1944年(昭和19年)8月26日:五月雨戦没、10月10日除籍。
1944年(昭和19年)10月10日:解隊。時雨は所属不明のまま西村艦隊に配備。

艦隊これくしょんにおいて

他の駆逐隊に比べると知名度が低く、イラストは少なめ。現時点では有明と夕暮が未実装なため、描かれるイラストは専ら白露時雨のコンビ(しらしぐ)か、終盤の白露・時雨・五月雨春雨の4人で描かれている。
初期艦のひとりである五月雨、はかなげな個性で人気が高い時雨、入手難易度がレアリティ詐欺と言われたを上回るという噂がある白露はサービス開始当初からいる艦娘であり、序盤の海域でもドロップし建造でもALL30の最低値で入手できる。しかし春雨は最深海域の6-3やイベント海域でしかドロップせず、現在でも入手は困難である。

そんな中、2016年3月11日のアップデートにて、第二七駆逐隊の編成・出撃任務がまさかの追加。メンバーは上で述べた後期の編成が指定されている(旗艦は白露改固定)。
出撃海域は2-3(東部オリョール海)なので、レベリングや近代化改修が充分なら突破自体にそれほど苦労はしないが、ネックになるのはやはりメンバー全員を揃えることだろう。

「駆逐艦魂」において

ゲゲゲの鬼太郎などでお馴染みの巨匠、水木しげるの短編作品「駆逐艦魂」でも主人公の所属する駆逐隊として第二十七駆逐隊が登場する。歴戦四十数回で不敗を誇る(架空の)駆逐艦「旋風」を司令艦とし、「満月」「」「村雲」の四隻編成となっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「第二七駆逐隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5836

コメント