ピクシブ百科事典

第四水雷戦隊

だいよんすいらいせんたい

第四水雷戦隊とは、太平洋戦争時における大日本帝国海軍の水雷戦隊のひとつ、およびそれをモチーフにしたブラウザゲーム「艦隊これくしょん」のグループである。
目次[非表示]

概要

史実においては、重巡を主戦力とする第二艦隊において編成されていた。
同じポジションの「第二水雷戦隊」が、最新鋭の艦を集めた精鋭の常設隊であったのに対し、第四水雷戦隊は比較的旧型の艦で構成された戦時編制の部隊であり、主な任務も輸送部隊の護衛等であった。
しかし、戦争の激化に伴い主要な海戦にも次々と参加し、旧型がどうしたと言わんばかりの赫々たる戦果を挙げ続けた、二水戦に負けず劣らずの武闘派集団でもある。

旗艦

那珂

「第四水雷戦隊のセンターも務めた那珂だよ!」

太平洋戦争期における旗艦は、開戦時には彼女であった。
二水戦の神通がサムライ、三水戦の川内がニンジャということもあり、ゲイシャに近いアイドルの那珂ちゃんが四水戦旗艦として挙げられることが多い。
クリスマス島攻略作戦において潜水艦シーウルフより被雷し大破。
大規模な修理を行うこととなった。
2017年7月31日のアップデートで念願の時報が実装されたのだが、姉の川内神通は色々問題点はあるもののちゃんと水雷戦隊旗艦を務めているのに対し、那珂の時報ではそれらしい姿が殆ど見受けられなかった。由良の時報とあわせて考えると四水戦の実務的なものは由良が務めてる可能性が高くなった。

由良

「第四水雷戦隊、お預かりします。軽巡、由良、出撃します!」

那珂から継承、激戦区で四水戦として戦った軽巡というとどちらかというと彼女かもしれない。
ヘンダーソン飛行場の奪還作戦中に敵陸上機による攻撃で航行不能、秋月や夕立に退艦したのち、夕立と春雨により雷撃処分される。
2017年6月23日のアップデートにて由良が改二実装と共に時報を含めたボイス追加が行われたが、そのボイス内では由良が四水戦旗艦という扱いを受けている(同時実装の由良改二関連の任務も『新編「第四水雷戦隊」を編成せよ!』となっている)。

秋月

由良がまともな対空兵装を持っておらず航空攻撃で戦没したのに対して、今度は防空の専門家が継承。
駆逐艦の分類ではあるが、夕張に迫る大きさで通信設備もそれなりに整っているため旗艦としての役割に不足はなかったようだ。
ガダルカナル突入、鼠輸送などに従事するも損傷し旗艦の座を譲る。
なお、秋月は修理ののち、今度は第十戦隊旗艦となっている。

朝雲

第三次ソロモン海戦時の旗艦。
水雷戦隊の指揮以外には霧島の救助を行っている。
四水戦の駆逐と言えば、彼女になるのだろうか。

長良

第十戦隊の旗艦を阿賀野に継承した後、就任。
しかし二水戦司令部が神通の戦没と共に壊滅したため、
四水戦司令部を二水戦としてスライド運用、所属艦も統合となる。
なので第四水雷戦隊は1943年7月20日に解隊された。
その長良も能代の就役で第二水雷戦隊旗艦の座を退いている。

所属艦

艦これサービス開始時には、開戦時の所属艦が那珂と村雨夕立五月雨涼風くらいしかおらず、あまり目立った存在ではなかったが、春雨海風山風江風朝雲山雲、そして第四駆逐隊の面々と所属艦が次々と実装されたり、那珂や夕立に改二が実装され、二次創作でも大きく扱われるようになったことなどから、徐々に知名度が増してきている。
なお、「恋の2-4-11(フルカオス)」においては、那珂を筆頭に四水戦のメンバーの名を呼ぶ合いの手が存在する。
ここでは開戦時のメンバーではない朝潮の名が呼ばれているが、彼女は1942年4月から編入されたメンバーである。ちなみに同時期に編入されたのは荒潮
同年7月には、第一水雷戦隊所属だった白露時雨第二七駆逐隊ごと合流しており、前期白露型全艦が四水戦に揃うこととなった。(ちなみに後期白露型の残存艦三名はほぼ入れ替わりで第二水雷戦隊へと移動している。)

【所属駆逐隊一覧】 太字は改二実装

 第二駆逐隊 … 村雨夕立春雨五月雨
 第四駆逐隊 … 野分萩風舞風 ▶第十戦隊
 第九駆逐隊 … 朝雲山雲、夏雲(未)、峯雲(未) ▶一水戦
 第二四駆逐隊 … 海風山風江風涼風 ※主に第五戦隊指揮下で行動 ▶一水戦
 二水戦第八駆逐隊 … 朝潮大潮荒潮 ※満潮は戦線離脱中 ▶三水戦
 一水戦第二七駆逐隊 … 有明(未)、夕暮(未)、白露時雨

アニメにおける第四水雷戦隊

アニメでも「第四水雷戦隊」を冠する艦隊は登場したが、史実とは大きく異なり旗艦夕張球磨多摩如月望月弥生で構成される艦隊であった(これはどちらかというと、史実の第六水雷戦隊に近い構成である)。

3話のW島攻略作戦にて、一瞬の油断から構成艦である如月を喪失し、夕張はその責任を取って懲戒処分となった。

その後、劇場版にて那珂を旗艦として再編されていることが判明した。

公式4コマにおける第四水雷戦隊

四水戦所属の艦娘の登場回では四水戦の旗艦である那珂が反応を示すことが多い。
最大の特徴は四水戦のポーズという那珂をセンターにした決めポーズがあること(第122話で考案者は嵐であることが判明)。
第74話では那珂・舞風・野分の四水戦のポーズが披露され、第80話ではそれに朝雲と山雲を加えた四水戦のポーズが披露された。
四水戦17人全員が揃うと真の四水戦のポーズになるらしい。
なお、当の所属艦の面々は那珂・舞風・朝雲・山雲以外はこのポーズを恥ずかしがっている(海風と涼風に至っては「アレ」扱い)。
山風登場と同時に白露型が全員揃ったのに合わせて『四水戦のポーズ(白露型VER)』なるものを披露したのだが、残念なことにイラスト化はされなかった。


関連タグ

艦隊これくしょん
艦これ集合絵
水雷戦隊
第一水雷戦隊 第二水雷戦隊 第三水雷戦隊 第五水雷戦隊 第六水雷戦隊
恋の2-4-11

pixivに投稿された作品 pixivで「第四水雷戦隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 235702

コメント