ピクシブ百科事典

謎の村雨嬢

なぞのむらさめじょう

任天堂から発売されたアクションゲームの敵キャラクターを擬人化したもの・・・ではない。
目次[非表示]

概要

ディスクシステムアクションゲーム謎の村雨城と、村雨という名の登場人物(艦娘)を擁するブラウザゲーム艦隊これくしょん艦これ)』のクロスオーバー作品・・・とも言い難い。
現存する全ての作品が艦娘・村雨の個人的ネタの域を出ていないからである。

そもそも両者の稼働時期には30年近い開きがあり、共にプレイ経験を持つ人間はそういない。
村雨も別段ミステリアスなキャラ付けがなされているわけではなく、むしろ明るく社交的な部類である。
どちらかと言うと語呂の良さが先行した名前系バラエティの一種と考えた方が良いだろう。

艦これの公式4コマにおいてもサブタイトルとして「謎の村雨譲」が使われた事がある(第210話Part1)ほどで、直接の続編を持たないにもかかわらず名前だけでも引き合いに出され続ける村雨城の知名度も相当なものである。

「謎」という個性

もっとも、全くの一発ギャグかと言うとまた微妙なところであった。
村雨は

からキャラの掘り下げが遅れ、
さりとて
という、一種のジレンマを抱えた存在だった。

妹の方とは本来双子の関係だったのだが、それも『艦これ』ではさほどクローズアップされず、むしろ姉が当たり前のようにその隣に立ち始める始末。
両者は相次いで更なる強化まで遂げ、この傾向は解消するどころかますます進行していった。

村雨にもテコ入れが無いわけではなかったが、その内容は
  • 打撃攻撃のためとしか思えない手頃な大きさのを持ってくる
  • 放置すると闇のようなものを垣間見せる台詞を吐くようになる
という本当によくわからない方向性であり、
それらにしても
  • 最初から似たような事をしていた艦娘は他にいる
  • 武闘派」なら妹が、「ヤンデレ」なら姉が十分対応できる
事から結局キャラを定めるには至らなかった。

こうした事情により、いっそ「村雨=」で結んだ方がかえって理解しやすいという状況が少なからず発生していたのである。

無題
チラ~リ


(※画像はイメージです)

そして「ムラ雨」へ

幸い、(人気の姉や妹とのバーターという側面が無きにしもあらずだが)村雨のテコ入れはコンスタントに行われ続け、元来の社交性を活かした立ち回りが確立されてゆく。
それと平行して、次第にある特徴に注目が集まり始める。

  • 姉妹達と比べても妙な色気があり、それが年々増大している
というのである。

元々スタイルが良い事で知られてはいたが、それだけならばいつもの如く同じ体型を持つ妹で事足りる話だった。
だが、成長要素となると話は変わり、「サザエさん時空」の側面が強い『艦これ』の世界では類例が無くなってくる。特に、早い段階で強化を遂げ、一種の完成を見ていた妹にとっては苦手分野とさえ言え、代えの効かない村雨ならではの個性とされていった。
やがてそれにはムラ雨という固有名詞が付けられる事になる。もっとも、それも見るからに元はダジャレであったが。


その後、村雨も本格的な強化を遂げ、名実共に妹に並び立つ存在となる。
内外共に紆余曲折の集大成のような変貌ぶりで、これで一つの区切りが付けられた

・・・と思われた矢先、一層大人びた私服姿が公開
「完全に成人してる」「休日のキャバ嬢の風格」などの声が多数寄せられる事態となった。
天井が知れないという意味では、彼女は依然として「謎」なのである。

村雨改二
rkgk



関連イラスト

謎の村雨嬢
センシティブな作品


謎の村雨嬢 【ぶち日刊桐沢16/鎮守府】
センシティブな作品



関連タグ

謎の村雨城 村雨(艦隊これくしょん)

ムラ雨

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「謎の村雨嬢」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2618872

コメント