ピクシブ百科事典

カサブランカ級

かさぶらんかきゅう

アメリカ海軍が有していた護衛空母の艦級、並びに、艦隊これくしょんに登場するカサブランカ級をモチーフとした艦娘。
目次[非表示]

史実に関しては、カサブランカ級護衛空母を参照。

ここではブラウザゲームの艦隊これくしょんに登場する同名の擬人化キャラについて取り扱う。

概要

艦隊これくしょんに登場するカサブランカ級をモチーフとした空母娘
2018年冬期イベント『捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)』の前段作戦E-4海域突破報酬として、現在19番艦のガンビア・ベイが実装されている。

艤装として同郷のサラトガと同様に銃床・グリップの有る飛行甲板を用いている。他には足回りと腰回り、髪留め代わりの頭部艤装と、飛行甲板以外の艤装はシンプル。

週間護衛空母と言われただけあり姉妹艦は50隻と日本の空母を全部足しても全く足りないので、今後残りの何隻が鎮守府の合流するのかは現時点では不明。

2018年1月27日にランカー報酬とアメリカ製艦載機でF4Fの改良後期量産型の「FM-2」が実装され、尾翼部分に「B」描かれている事から空母ガンビア・ベイ搭載のVC-10所属機と考えられた為、実装の期待が高まっていたが、2018年冬イベントの前段作戦の突破報酬で実装される事となった。

性能

小型の護衛空母という事もあって、性能は全体的に他の軽空母と比べても低めに設定されている。
しかし、それでも仮にも空母であるので、艦攻を積めば大和型をワンパンする程度の火力がある。
艦載機熟練度がある『艦これ』の世界では今後姉妹艦が実装されたら、あまり苦なく栗田艦隊南雲機動部隊を返り討ちにしてしまうかもしれない…摩耶改二秋月型がいない限りは

勿論だが演習の廉価な火力要員が彼女らの真の居場所ではない。
護衛空母の本分は船団護衛、戦闘機によるエアカバーと先制対潜攻撃が可能である。
5海域以上あるようなイベント海域で「輸送護衛部隊」必須の海域が複数登場した場合、より高性能な大鷹改二瑞鳳改二乙を使う前にガンビア・ベイを使用する事で先々の札対策等が立て易くなった。

艦娘

カサブランカ級は当初は補助空母(ACV)として建造されイギリス海軍へ貸与される予定だったが全艦アメリカ海軍で仕様された

実装済

カサブランカ級19番艦CVE-73「ガンビア・ベイ

Gambier Bay


2018年冬イベント『捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)』前段作戦E-4突破報酬として実装。
弱気な上に重度の方向音痴という色々と属性がテンコ盛り。
彼女は当初はAVG-73(航空機搭載護衛艦)に分類されたが途中でACV-73(補助空母)に艦種変更され、再びCVE-73(護衛空母)へと艦種変更と姉妹同様複雑な経緯をたどっている。

未実装

残り49隻
艦名は島・入り江・湾・岩礁等からとられている。中には日本にも縁がある島名を関した艦も見受けられる。ガンビア・ベイ同様に「〇〇・ベイ」と名がついてる艦は太文字で表記

1番艦 CVE-55カサブランカ最初はAVG-55(航空機搭載護衛艦)アミールとだったがACV-55(補助空母)に艦種変更されアリクラ・ベイに改名。その後現在の艦名に変更しCVE-55(護衛空母)へ艦種変更。
2番艦 CVE-56リスカム・ベイ当初はアミールの艦名でイギリス海軍に貸与される予定だった。
3番艦 CVE-57アンツィオ当初はACV-57(補助空母)アリクラ・ベイだったが途中でコーラル・シーに改名し進水後CVE-57(護衛空母)へ艦種変更。1944年9月15日に現在の艦名へ変更。
4番艦 CVE-58コレヒドール当初はAVG-58(航空機搭載護衛艦)オーガイラ・ベイとして起工、ACV-58(補助空母)に艦種変更され現在の艦名に変更後CVE-58(護衛空母)へ艦種変更。
5番艦 CVE-59ミッション・ベイ当初はAVG-59(航空機搭載護衛艦)と分類されたがACV-59(補助空母)に艦種変更され最終的にCVE-59(護衛空母)へ艦種変更。
6番艦 CVE-60ガダルカナル当初はAVG-60(航空機搭載護衛艦)アストロレーブ・ベイとして起工、ACV-60(補助空母)に艦種変更され現在の艦名に変更後CVE-60(護衛空母)へ艦種変更。
7番艦 CVE-61マニラ・ベイ当初はACV-61(補助空母)ブキャレリ・ベイだったが、現在の艦名に改名後CVE-61(護衛空母)へ艦種変更。
8番艦 CVE-62ナトマ・ベイ当初は貨物船ベガムとして起工。
9番艦 CVE-63セント・ロー当初はチャピン・ベイで途中でミッドウェイに改名し竣工。1944年10月10日に現在の艦名へ変更。
10番艦 CVE-64トリポリ当初はディドリクソン・ベイ
11番艦 CVE-65ウェーク・アイランド
12番艦 CVE-66ホワイト・プレインズ当初はACV-66(補助空母)エルボア・ベイだったが、現在の艦名に改名後CVE-66(護衛空母)へ艦種変更。
13番艦 CVE-67ソロモンズ当初は艦名はエンペラー。ACV-67(補助空母)に艦種指定されナスーク・ベイに改名されたが最終的にCVE-67(護衛空母)へ艦種変更し現在の艦名へ。
14番艦 CVE-68カリニン・ベイ当初はAVG-68(航空機搭載護衛艦)と分類されたがACV-68(補助空母)に艦種変更され最終的にCVE-68(護衛空母)へ艦種変更。
15番艦 CVE-69カサーン・ベイ途中でACV-69(補助空母)へ艦種変更されたが再びCVE-69(護衛空母)へ艦種変更。
16番艦 CVE-70ファンショー・ベイ
17番艦 CVE-71キトカン・ベイ当初はAVG-71(航空機搭載護衛艦)と分類されたがACV-71(補助空母)に艦種変更され最終的にCVE-71(護衛空母)へ艦種変更。
18番艦 CVE-72ツラギ当初はフォルタゼラ・ベイだったが正しい名前のフォルタレザ・ベイに訂正されたが最終的に現在の艦名へ。
              
20番艦 CVE-74ネヘンタ・ベイ
21番艦 CVE-75ホガット・ベイ
22番艦 CVE-76カダシャン・ベイ途中でACV-76(補助空母)へ艦種変更されたが再びCVE-76(護衛空母)へ艦種変更。
23番艦 CVE-77マーカス・アイランド当初はカナルク・ベイ
24番艦 CVE-78サボ・アイランド当初はカイタ・ベイ
25番艦 CVE-79オマニー・ベイ
26番艦 CVE-80ペトロフ・ベイ
27番艦 CVE-81ルディヤード・ベイ
28番艦 CVE-82サギノー・ベイ
29番艦 CVE-83サージャント・ベイ当初はAVG-83(航空機搭載護衛艦)と分類されたがACV-83(補助空母)に艦種変更され最終的にCVE-83(護衛空母)へ艦種変更。
30番艦 CVE-84シャムロック・ベイ当初はACV-84(補助空母)だったが艦種変更。
31番艦 CVE-85シップレイ・ベイ
32番艦 CVE-86シットコー・ベイ
33番艦 CVE-87スティーマー・ベイ
34番艦 CVE-88ケープ・エスペランス当初はタナネク・ベイ
35番艦 CVE-89タカニス・ベイ
36番艦 CVE-90セティス・ベイ
37番艦 CVE-91マカッサル・ストレイト当初はAVG-91(航空機搭載護衛艦)と分類されたがACV-91(補助空母)に艦種変更され最終的にCVE-91(護衛空母)へ艦種変更。当初はウリタカ・ベイ
38番艦 CVE-92ウィンダム・ベイ
39番艦 CVE-93マキン・アイランド
40番艦 CVE-94ルンガ・ポイント当初はアラゾン・ベイ
41番艦 CVE-95ビスマーク・シー当初はアリクラ・ベイ
42番艦 CVE-96サラマウア当初はACV-96(補助空母)だったが艦種変更。当初はアングィラ・ベイ
43番艦 CVE-97ホーランディア当初はアストロレーブ・ベイ
44番艦 CVE-98クェゼリン当初はブキャレリ・ベイ
45番艦 CVE-99アドミラルティ・アイランズ当初はチャピン・ベイ
46番艦 CVE-100ブーゲンビル
47番艦 CVE-101マタニカウ当初はドロモイ・ベイ
48番艦 CVE-102アッツ当初はエルボア・ベイ
49番艦 CVE-103ロイ当初はアラバ・ベイ
50番艦 CVE-104ムンダ当初はACV-104(補助空母)で建造開始されたが途中で艦種変更。当初はトノウェク・ベイ

関連タグ

艦隊これくしょん 艦娘 空母娘 アメリ艦娘

春日丸(艦隊これくしょん)/大鷹(艦隊これくしょん)・・・実装済の日本海軍の護衛空母。カサブランカ級は最初から空母として建造されたが、此方は商船からの改装空母という違いがある。
瑞鳳改二乙・・・同イベント中に実装された護衛空母。瑞鳳の場合は最前線で姫級と渡り合えるだけの性能を獲得した為、輸送護衛部隊よりも水上打撃部隊や空母機動部隊での出撃がメインになると考えられる。

サミュエル・B・ロバーツ(艦隊これくしょん)・・・艦これ5周年記念で合流した「タフィ3
」所属の護衛駆逐艦。鎮守府内ですら迷子になるガンビア・ベイの世話を焼いてる。

pixivに投稿された作品 pixivで「カサブランカ級」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58637

コメント