ピクシブ百科事典

演習(艦隊これくしょん)

えんしゅう

この項目における演習とは、ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」における対人戦コンテンツである。
目次[非表示]

本来の意味

本来の意味での演習は、当該項目を参照。

概要

この項目における演習とは、軍事演習といった意味合いとは異なり、本作における唯一の対人交流かつ対人戦コンテンツの事である。艦娘同士の模擬戦と言えばわかりやすいだろう。

出撃選択画面から「演習」を選ぶと対戦相手となる5人分の提督の艦隊のリストに切り替わり、それぞれ艦隊司令部レベルと階級、「戦績表示」画面で入力したコメント、そして期間限定イベントで獲得した甲種勲章の数が表示され、リストの上から順に艦隊司令部レベルが高い順となっている。
対戦相手の選出方法はランキング1000位からランダムに1人、プレイヤーのランキング直上の3人、10位下の1人の計5名となる(プレイヤーが1000位以内の時は上位1000位の中からランダムで抽出)。

1度演習を挑んだ相手に再挑戦はできないが、対戦相手は午前3時と午後15時の1日2回更新される。
ちなみにリアルタイムでの対戦ではないので、引き分けという判定は存在せず、「両者共に勝利(もしくは敗北)」となる場合もある。また、相手の提督とのコミュニケーションもせいぜい「戦績表示」で入力したコメントくらいである。

ちなみに演習で得られる経験値は相手側の旗艦とその二番目の随伴艦のLVが高いほど多く獲得できるのだが、この2艦のLVが極端に低いと獲得できる経験値が大幅に少なくなり、最悪の場合1ケタ分しかもらえないような事もある為、心ない提督が嫌がらせとして1ケタ台のLVの旗艦と二番目の随伴艦を据えた艦隊を編成してくるようなケースもある。

2017年1月25日のアップデートでは演習のマッチング方式が一新され、旧式(全体)・新式(演習艦隊【第二群】)、新式演習艦隊【第一群】の3種類の抽出方式をあらかじめ選択しておく事で、次回以降は前述のマッチング方式に条件の近い対戦相手が抽出されるようになった。
これにより前述の嫌がらせ目的の編成が抽出される可能性が低くなると思われる。

旧式(全体)従来と同じマッチング方式
新式(演習艦隊【第二群】)より演習に適した演習艦隊母集団の中から対戦相手を抽出
新式(演習艦隊【第一群】)第二群(新式)よりも更に手強い対戦相手を抽出

実戦との違い

1.相手が艦娘
当然の事ながら、戦う相手は他の提督達が手塩にかけて育ててきた艦娘である。この為、練度(レベル)の優位性はなく、装備や編成もその提督が今何をしているかによって異なっている。

  • 彼女らは深海棲艦と同じく敵という扱いであるため、轟沈ストッパーは発動せず、耐久値以上のダメージを与えた時点で撃沈判定となる。
  • ステータスの扱い・上限は此方の艦娘と全く同じである。敵艦扱いで敵側補正で大幅にパワーアップしているなんて事はない(ブラウザ版のみ)。
  • 補強増設スロットの装備が有効であるかは検証が進んでおらず、不明。
  • 海防艦改修・ケッコンカッコカリによる耐久値上昇・対潜値上昇も反映される。
  • 演習相手の艦載機は赤系で表記される。
  • 翔鶴型の改二甲は噴式艦載機を使用する事がある(噴式艦載機を使用する敵艦は2018年9月現在未実装)。
  • 敵側に存在するeliteflagshipの区別も当然存在しない。
  • 限定グラフィック・中破グラフィックも反映される。この為、相手の艦娘がつかの間の日常や豆まきクリスマスパーティーチョコ作り、お出かけ、F作業を邪魔され痛々しい姿で反撃してくるという痛ましい光景が見られる事も。グラフィックの不具合もきっちり反映され、演習なのに本当に敵が紛れ込む事もあった
  • 相手の陣形で複縦陣・警戒陣は選択されない。この為、ネルソンがいてもネルソンタッチを使用される事はない(一方で、演習ではネルソンタッチ自体が発動せず、此方もネルソンタッチを使用する事ができないという検証報告もある)。
  • 夜戦開始の演習はブラウザ版には存在しない。艦これアーケードには実装が予定されている。

轟沈ストッパーがない(無傷からの轟沈がある)以上、ケッコン済みの大和型戦艦でも、それ以上に強力な戦艦棲姫空母棲姫との戦いを潜り抜けてきた提督達には、艦娘達がステータス以上に脆く感じてしまう事もままあるだろう。
何たってこのゲームではダメージ計算の関係上、乱数が良ければ旧式の弩級戦艦であるガングートで最新鋭の武蔵改二のバイタルパートを貫き、一方的に沈黙させてしまえるのだ。

深海棲艦側で先制対潜攻撃を行うのは2018年9月時点では期間限定イベント海域でのみ出現する駆逐ハ級駆逐ニ級後期型elite、軽母ヌ級の改等で、普段遭遇する軽巡ツ級等は行ってこない。

相手の対空砲火の計算式は此方側のものではなく、敵側の計算式が適用される。この為、イントレピッド加賀の大スロットが改修した秋月砲を装備した水雷戦隊に全滅させられてしまう事も。

この為
…といったように、実戦とはやや異なった艦娘のステータスに合わせた戦術を要するケースがある。

また、双方の艦娘には艦載機熟練度が適用されている。この為、神威秋津洲の水戦に航空優勢を取られ、弾着観測射撃の雨あられを浴びるという事もあり、初心者提督の練度の低い航空隊がベテランの熟練航空隊によってマリアナの七面鳥撃ちに遭うという悲劇も稀に起こる。

また、プレイヤー側が演習を挑んだ・挑まれたに関わらず、演習で中破・大破した場合のイラストは図鑑には登録されず、此方にいない艦娘が相手になった場合でも、図鑑にはその艦娘の情報は登録されない。

2.轟沈・撃沈しても撃沈状態とはならない
演習において艦娘の耐久値が0になった場合、撃沈とはならず、耐久値が1の状態で大破のまま行動不能状態となる。
HP1とは明確に区別されており「相手の耐久値が1なのにまだ行動している」場合は、バグゾンビなどではなく、実際に耐久値が1残っているケースである。
これは、艦娘の撃沈(耐久値0)は単なる戦闘不能ではなく、キャラクターロスト死亡)を意味する為、「撃沈」とした場合「艦娘が戦死し、提督の元から失われる」事と同義であるので、設定上それを避ける意味合いが大きい。

同じ理由で、艦娘は耐久値-1のダメージ(演習で表記される最大ダメージは海防艦改修により耐久が上がったケッコン武蔵改二を満タンからワンパン撃沈した場合)までしか表記されない(上記の「耐久値が1残った艦娘」を撃沈しても、表記は「miss」である)。
未改造で洋上補給を搭載した装甲0の速吸には、熟練艦攻隊や触接補正などで、理論上1-1の駆逐イ級単艦に対する最大ダメージを超えるダメージを与える事が可能だが、実際には42ダメージまでしか表記されない。
ただし、MVPの計算の際にはオーバーキル分の計算は切り捨てられず、実際に与えたダメージが優先される。例えば、大和改に96ダメージを与えた艦娘と未改造のまるゆに97ダメージを与えた艦娘は区別できない(後者は撃沈しても最大5ダメージまでしか表示されない)が、戦果報告では後者がMVPとなる。

3.ロストしない
あくまで模擬戦という体なので、大破の状態で演習に挑み、攻撃を受けて轟沈してもロストする事はない。
勿論、演習相手の艦娘を撃沈しても、相手の鎮守府から艦娘がロストするような事もない。

ただし、内部では普通に轟沈したものとして処理されている為、此方の艦娘が轟沈した場合、戦果報告ではロストと見做されて判定では不利になる(MVPなしのE敗北もあり得る)し、轟沈した艦娘には経験値が入らないというペナルティがある。
なお、轟沈時の演出自体が流れないので、轟沈時のボイスも再生されず、轟沈してもそのまま戦闘が続行される。

なお、艦これの仕様上此方の旗艦は絶対に轟沈しないので、此方の全滅(全艦撃沈)による敗北は起こり得ない(そもそも旗艦大破の状態では演習に挑めない)。

なお、長らくの間演習で轟沈しても勝敗判定が不利になる、その演習での経験値が貰えない以外のデメリットはないと考えられてきたが、実際には轟沈した艦娘は次のレベルアップに必要な経験値が僅かに増加してしまう(意図的に設定されたデスペナルティなのかバグかは不明である)事が判明している(無論、ロストするよりは遥かにマシだが)。

4.ダメコンが使えない
前述の理由から、厳密には轟沈とはならない為、あらかじめダメコンを搭載していても演習中の復活はできない(消費もしない)。乱暴な言い方をすれば「死んだら戦闘が終了するまで生き返ることができず、死にっぱなし」という事である。

5.経験値は相手の旗艦及び2番艦に依存
演習での獲得経験値は、相手の艦隊の旗艦及び2番艦に比例する。3番目以降のレベルは例えカンストだろうと1だろうと同じである。

この為、フル編成VSケッコン艦2隻といった、演習とは名ばかりのワンサイドゲームになれば、勝ちやすさと資材消費の割に経験値が非常にお得であり、レベリングにもってこいである(本来の意味からすれば『大勢が決している状態から始まる、得る物があるかすらわからないただのフルボッコ』であり、八百長試合もいいところだが…)。

また、練習巡洋艦娘を艦隊に加える事で、演習終了時の獲得経験値を上昇させる事ができる(勝敗は問わない)。編成と練習巡洋艦の練度によっては、S勝利すればMVPを含まず獲得経験値が1000を超える物凄いぼろ儲けになる。

一方、レベルの低い艦娘を上から1・2番目に編成し、残りをレベルの高い艦娘にして「勝利の手間の割に経験値は1ケタ」という所謂「嫌がらせ艦隊」や、それによる晒し行為も問題となっている。

6.損害を負っても、自動的に演習前の状態まで修復される
演習中に損害を負っても、演習が終われば耐久値は元通りになる。この際、資材は消費しないが、あくまで演習前の状態まで戻るだけであり、耐久値が全回復するというわけではない。
この仕様から、修理の資材が尋常でなく多い大和型や、脆さの割に修理に要する資材が多い速吸のレベリングにはもってこいである。
ちなみに公式4コマでは、「演習後にすぐさまバケツが使用されているから」という解釈が取られている。

ただし、燃料と弾薬はしっかり消費するので、演習が終了した後は補給が必要となる。特にボーキサイトは、実戦に比べて制空値も対空能力も比べ物にならない為、消耗は激しくなる。
また、艦載機は実戦と同様に被撃墜によって熟練度の低下・リセットが起きる(これも『熟練度の向上・維持』を目的とした本来の意味での演習との大きな違いである)。なお、すぐには反映されず、出撃などがトリガーとなって反映されるようだ。

疲労度に関しては殆ど溜まるような事はなく、敗北した時や夜戦突入した時に若干溜まる程度。

7.出撃系の任務は達成できない
演習での模擬戦と出撃での戦闘は明確に区別されており、相手の艦娘を撃沈しても「特定の敵艦を一定数撃沈する」系の任務は達成できない。
例え空母を撃沈しても「敵空母を撃沈せよ!」「い号作戦」任務は達成できないし、補給艦娘である速吸神威を撃沈しても「敵補給艦を3隻撃沈せよ!」等のデイリー・ウィークリーを達成する事はできない。

尤も達成できた場合、演習相手の艦娘達が『敵に見立てたアグレッサー』ではなく「名実共に敵艦隊」という設定上の問題が生じる為、当然ではある。

8.ドロップは一切ない(ブラウザ版のみ)
勝利しても艦娘のドロップはなく、秋の秋刀魚祭り最中でも秋刀魚がドロップしたりはしない。
ただし、これはブラウザ版のみの仕様で、アーケードにおいては事情が異なる。

任務

デイリー任務・ウィークリー任務にも演習での勝利を要求されるケースがいくつか存在する。
長波改二関連の任務、5周年任務等「編成を指定された上で勝利する」事を要求される事も。

期間限定イベント海域での海域解放に「演習での複数回勝利」を要求された事もあり、既に挑み終わっている等の理由で演習がイベント攻略最大の障壁となってしまう事も少なくなかった。

2018年9月現在、特定の艦娘と交戦・撃破する事を目的とするような任務は実装されていない

勝敗判定

勝敗判定そのものは実戦と全く同じであり、相手の艦種やレベルは一切考慮されない(レベルが影響するのは前述したように獲得経験値だけ)。

例えレベルがカンストした戦艦や空母を3隻沈めても、旗艦が健在で此方の損害が一定以上であれば、まずC敗北確定である。
その一方で相手の旗艦がレベル1の駆逐艦潜水母艦、それにまるゆだろうと、沈めてしまえば例え此方の艦隊が全艦大破で、相手の随伴が全くノーダメージだったとしても、此方に轟沈判定が出ない限り、ルールによってB勝利が確定する。
練度も提督レベルも全てが上の格上の艦隊に頑張って立ち向かっても、結局は「何を沈めたか」、「どれだけ撃沈したか」という結果でしか判定されない。

演習相手が格下か格上か、目標の戦略的価値などは一切考慮されない為「ルール上は戦術的勝利だが、損害状況から考えて明らかに戦術的・戦略的に敗北している」というケースも多々ある。

なお、夜戦へ突入せずにS勝利を収めた時、疲労が全く蓄積されていない艦は全員戦意高揚状態(所謂キラキラ状態)になる。

不具合

夜戦において、昼戦で撃沈判定を受けた相手艦娘の中に夜偵を装備している艦娘がいると、夜間触接の条件を満たしていた場合夜偵が飛んでしまう不具合がある。
この為偵察機が装備できないはずの駆逐艦などから夜偵が飛ぶという光景が見られてしまう。
思念が他の艦娘まで犠牲にさせまいと立ちはだかっているのか…?

深海棲艦側に夜間偵察機を装備している敵艦は夜偵実装から2018年9月現在まで含めていない為、「撃沈された艦の中に夜偵を装備した艦がいる」という挙動が想定されていなかった可能性が高い。

前述した通り、演習では轟沈しても撃沈状態とならないが、過剰な負荷や不具合が原因で本当に轟沈・撃沈となってしまうケースがある。これはあくまで表記上のみであり、実際に艦娘をロストするような事はない。

艦これアーケードにおける演習

艦これアーケードにおける演習は単独演習と合同演習に分かれており、単独演習に関しては「艦娘を操作してあらかじめ用意された射撃標的を撃つ」ゲームとなっており、本来の意味での演習になっている。

ただ、他の提督との共同プレイとなる合同演習の第弐段階以降ではブラウザ版と同様艦娘達が標的に加わり、第弐段階では香取鹿島が、それ以降では複数の艦娘達がランダムで現れる(旗艦は金剛愛宕阿武隈大和が確認されている)。なお、2018年5月時点の仕様では空母娘潜水艦娘が演習に出現する事はない。
さらに複数の射撃標的を引き連れており(例え演習艦隊を撃滅しても標的も全て撃破しなければ全撃破とならない)、実質敵が艦娘になった敵連合艦隊と言っても過言ではない。

彼女らは他の提督が育成した艦娘ではなくただの敵NPCであり、ただのコモン駆逐艦でも駆逐ナ級並の性能を持ち、艦娘によってはステータスが鬼・姫級にまで強化されている(特に大和は戦艦水鬼に比肩する耐久を誇る)為、撃破難易度はブラウザ版の艦娘達と比較にならない
また、深海棲艦elite級同様赤いオーラを放っており、此方の艦娘とは明確に区別されている。

この「敵艦娘」達を他の提督の艦娘達と共同して撃破するのが最終目標となる。「敵」にならないと艦娘達の本気の姿が見られないという、プレイヤーにとって「艦娘達の本来の敵とは誰なのか」を考えさせられる調整になっている。

このようにプレイヤーの鎮守府に所属する艦娘とは異なる「敵」に過ぎない側面が強調されてはいるがあくまで演習相手であり(全艦撃沈した場合「敵艦隊撃破」ではなく「演習艦隊撃破」と表記される)、相手の艦娘を撃沈してもHP1となってターゲットにならなくなるだけ(ただしレーダーには残る)で、轟沈演出が流れて海に沈んでしまったり、自分の同艦娘が轟沈・出撃不可となったりはしない。

また、ブラウザ版とは異なり艦娘がドロップする(正確には艦娘カードが排出される)。
特に鹿島演習でしか入手不可能であり、彼女自身の人気も手伝って中古カード市場ではパワー9の如き高価で取引されている。

なお、他の提督が『敵艦隊』となるような対人戦機能(ブラウザ版準拠の演習)は2018年9月時点では実装されていない。

公式メディアミックスにおける演習

水雷戦隊クロニクルでは、天龍率いる第六駆逐隊ら水雷戦隊と、金剛型夕立改二との、艦娘同士の海戦と見まがうほどの艤装の破損や流血を伴う、実戦さながらの血みどろの死闘が繰り広げられたり、陽炎、抜錨します!においては不知火が過酷な訓練に耐えかね魚に餌をやる等、演習とは言えどもかなり殺伐とした描かれ方がされている。

一方で、吹雪、がんばります!においては演習後にバケツをぶっかけられる描写があるなど、それほど殺伐とした描かれ方はされていない。

余談

演習相手の艦隊は「ENEMY FLEET」。つまり深海棲艦と同様に敵艦隊として扱われている。どうやらゲーム中においては、他の鎮守府とその艦娘達は「FRIEND」でも「PLAYER」でもないようだ…。
ちなみに「自分に対する対戦相手という意味での『敵』」を表す英語はENEMYよりもOPPONENTの方が適切である(前者は戦争の敵国、後者はスポーツ試合の対戦相手と考えるとわかりやすいだろう)。

仕様上、相手側の艦娘は一切喋らない。もっとも、喋ったら喋ったで此方の艦娘とボイスが被ってコラボイベントの『迎撃!霧の艦隊』さながらの惨状となるだろうし、何よりも相手を撃沈する度に艦娘の断末魔や辞世の句を聞くハメになるので、精神衛生上よろしくはないだろうが…

また、演習専用の特殊ボイス等は存在しない。この為、

  • 相手の艦娘を「キモい」「ウザい」「惨め」「つまらない」「コイツら」等と容赦ない罵倒を加える(かつての上司・僚艦・護衛対象ですら、あくまで敵という設定である為、敬意を表す事などはなく容赦ない罵言雑言を吐き捨てボコる
  • 提督レベルも艦隊練度も明らかに格上の演習相手に対して失望する
  • (演習であるにも拘らず)「沈め」「死ねばいいのに」「全力で潰す」「ぶっ殺す」等と吐き捨て、相手の艦娘に対して殺意をむき出しにする(これは、本来の敵=深海棲艦に向けての台詞として設定されたものである)
  • 相手の提督に「無能」と吐き捨てる(公式には深海棲艦側に深海提督が存在するのかは不明だが、演習相手にはその艦娘を育てたプレイヤー=提督が存在する)
  • 自らが撃沈(判定に)した艦娘に煽りの如くメッセージを送る、その艦娘を潰しながらその名前を言い放つ(この手の台詞はその艦娘が僚艦という前提になっているのだろう)
等々、礼儀もへったくれもないリアルファイト不可避の色々とマズイシチュエーションになる。

具体例を挙げるなら

  • 熊野をキモいと罵倒する鈴谷
  • 舞風をワンパンしMVPをもぎ取った野分が「そうよ、そう!舞風、見てたよね!」(今ぶちのめしました)
  • 加古古鷹を攻撃しつつ「古鷹!見てくれてた!?」(今攻撃してるのがその古鷹です)
  • レベルカンストの艦隊が揃う演習相手に対して 時雨君たちには失望したよ…」(最早皮肉か嫌味である)
  • 子日に「この海から出ていけ!」と吐き捨てる国後(どれだけ史実の記憶を根に持っているんだ)

決戦modeの最中だと
  • あれだけ慕っていた扶桑に「邪魔だ」と言ってのける山城(姉すら邪魔に思えるほど気が立っていたのだろうか)
  • 翔鶴大鳳に面と向かって「くたばれ!」と言い放つ瑞鶴(血を分けた姉や同郷の後輩であり同僚にくたばれって…)

…等、なかなかに悲惨すぎる合体事故になってしまう。
(これは仕様から発生する問題であり、艦娘の人格や性格について疑う材料ではない事に留意されたし。どれだけ聞くに堪えない暴言を吐いていようと、艦娘達は真剣に戦っているだけで罪はないのである)

こんな事を毎回言われては、艦娘同士の関係にヒビが入っても不思議ではない。頼む、仲良くしてくれ。

長門は『夏季特別演習』としてビーチバレーを提案しており、艦娘同士の模擬戦ばかりが演習ではない事を示唆している。

艦これ改での演習はシステムが異なるため、同記事を参照の事。

関連イラスト

さいはて鎮守府/オレなら


北上vs長門




関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「演習(艦隊これくしょん)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26

コメント