ピクシブ百科事典

海防艦娘

かいぼうかんむすめ

海防艦娘とは、ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』に登場する艦娘のうち、分類が海防艦のものである。
目次[非表示]

概要

海防艦娘とは、『艦隊これくしょん』に登場する擬人化艦艇「艦娘」の内、第二次世界大戦中に活躍した、日本の海防艦が元になったキャラクターを指す。
2017年5月2日のアップデートにより追加された艦種で、補給艦娘以来の新艦種である。

なお、艦これに実装されているのは対潜戦闘・船団護衛・漁業保護を主眼とする新定義の海防艦である。
1942年7月以前の定義では「旧式化した戦艦・巡洋艦」が海防艦の任に就いており(例:装甲巡洋艦八雲」)、全く性質が異なるものであった。事実、かの戦艦三笠も、晩年は海防艦の任に就いていた。
今後、旧定義の海防艦が実装されるかは不明である。

ゲーム中の性能

史実において、船団護衛用に対潜装備を充実させられていた(御蔵型以降の海防艦は、標準爆雷搭載数なんと120発)事から、ゲーム内においても駆逐艦と比較しても一回り高い対潜値と回避値を誇っている。また開幕対潜攻撃を行える「先制対潜攻撃」の達成値が通常の100から60へと低めに設定されており、低レベルでの先制対潜を可能としているのが特徴的。春日丸改め大鷹と組めば、平均Lv30程度で1-5をルート固定・ワンサイドゲームで完封する事も可能。
ただし補助艦艇であるため、対潜と回避以外のステータスは駆逐艦より一回り低く設定されており、耐久値は半分、雷装は無しとなり、対潜戦闘以外に駆り出すにはリスクが大きくなっている。
そのため、主な運用は鎮守府近海などの対潜戦闘オンリー海域に於ける掃蕩任務や、潜水艦以上の低燃費を活かした遠征がメインとなる。
いずれも獲得経験値量は雀の涙なので、任務とレベリングの両立は苦しいものがある。
ただし遠征では駆逐艦では無いことに注意。成功編成条件は再確認しておきたい。

練度が上がれば潜水棲姫潜水ソ級flagshipだろうと十二分に渡り合える対潜能力を身に着ける。
ただ、現状潜水棲姫は通常海域には出現せず、潜水ソ級が出現するのはよりによって6-3(海防艦出撃不可)、海防艦を起用している余裕などない高難度の6-4・6-5にしか出現しないので、過剰なまでの対潜火力が役に立つ時は期間限定イベント海域を待つ事となる。
ただ、基地航空隊の陸上攻撃機の艦載機熟練度を上げる為に敵潜と交戦する場合には使えなくもない。わざわざ敗北のリスクを背負う事なく、微量ながら経験値も得られる。

改装すれば駆逐艦と同様3スロット目が解放され、先制対潜と対空カットインを両立可能になり、ますます船団護衛に頼りになる存在になる。それでも対艦戦闘能力は雑魚駆逐艦を排除できるかどうかの雀の涙ほどしかない。
一応、主砲ガン積みの夜戦カットイン改二駆逐艦娘ガンビア・ベイをワンパンできるくらいの火力はある…が、後期型や駆逐ナ級には明らかに火力不足。
やはり対艦戦闘を主眼とした装備にするのは得策ではないだろう。そういう船じゃねーからこれ。

なお特徴として護衛駆逐艦とは違い「改良型艦本式タービン」を初めとした機関部強化系統の装備を装備できないことから、低速である彼女達をどうやっても高速化することが出来ないというデメリットがある。このため低速であると余計な渦潮を踏む5-4「東京急行」でのレベリングに大きな支障を来すため、ここでのレベリングには極めて不向きである。

レベリングの為には、対水上艦戦闘力の低さに目を瞑って戦艦タ級重巡リ級と遭遇しないことを祈りながら4-3「リランカ島空襲」へ向かうか、演習で6-1「潜水艦作戦」やオリョールクルージングに出かけている潜水艦達に襲い掛かる事になる。
1-5や1-6を周回するより指輪付き潜水艦娘に1回S勝利する方が獲得経験値が多く、無駄な損害も受けない為、普段の主目標は此方になる。
艦娘の潜水艦は耐久・装甲共に脆く、低練度でも先制対潜攻撃で容易にワンパンできる為、まさに海防艦達の格好のエサになってしまう。
S勝利できれば遠征の為のキラキラもついてくる為、まさに一石二鳥。

高練度の伊号潜水艦で構成された群狼が低練度の海防艦に一方的に屠られてしまうという、あまりに釣り合わない有様は、図らずも旧軍の潜水艦の受難を味わうにはいい機会となるだろう…。

以上から、どうしても実戦よりは「他の鎮守府のオリョクル艦隊をぶちのめし、省エネで海上護衛任務に出かける」といった、遠征や演習の方で入用になってしまいがちな艦種である。そもそも海防艦を艦隊決戦に出すなという話だが。

実際のところ、史実の海防艦は、アメリカ潜水艦を一方的に撃破できていたわけではない。むしろ、その低性能さと、訓練もままならない状態で実戦に投入されたために犠牲も多く、総じて劣勢な存在であった。特に速力の低さはネックで、浮上したアメリカ潜水艦に逃げられてしまうことが多々あったという(海防艦の最大速力は16~20ノット程度だが、たいていのアメリカ潜水艦は浮上すれば20ノット以上の速力を出せた)。海防艦にとってほぼ唯一の勝機は、潜水中の潜水艦に上手く爆雷が命中することを祈ることであった(例外的に、砲撃によってアメリカ潜水艦「S-44」を撃沈した占守型海防艦「石垣」の例もある)。
ただ、そんな劣勢下でもボーンフィッシュ・トリガー・ハーダーら武勲艦達すら海防艦の餌食となっており、海防艦がいなければ日本の輸送船団の壊滅はさらに早まる事は想像に難くない。特筆すべき戦果がなくとも、彼女らと乗組員の奮戦がなければ、日本の困窮はさらに悲惨な物になっていたのだ…。

尚、海防艦本来の任務は北方での漁業保護であった訳であるが、恒例の漁業イベントにおいては彼女達を艦隊に随伴させる事で秋刀魚が獲得し易くなるという特殊仕様が追加された。又秋刀魚祭りの期間中に限り、特定の海域で彼女達と邂逅が可能で特に「松輪」に関しては未邂逅提督に限り『1-5. 鎮守府近海ボスマス』で邂逅可能となっている。なお彼女達が改になると持参する「九五式爆雷」といった「爆雷その物」に関しては秋刀魚漁に対する特効効果は残念ながら確認されていない。
さらに追加要素として彼女達を「近代化改修」に用いる事で「対潜値」・「運」さらに「耐久値」が上昇する事が確認された。「運」はその艦の最大値を超える事は無いが、「対潜値」はその艦の対潜最大値に+9される事が確認されており、「耐久値」は艦の最大値を超えて上昇する事が確認された。これにより耐久値が4Nだった艦を4N+αに変える事で一撃大破のリスクを低減する事が可能となった。しかし上昇値は最大でも+2程度で、しかもランダム上昇の為必ず上昇するとは限らない事も判明しており、彼女達と邂逅率も高く無い為「ハイリスクロウリターン」なのが現状である。

海上護衛隊・護衛戦隊・海防隊

海防艦を語る上で考慮しておきたいのが「海上護衛隊」「護衛戦隊」および「海防隊」である。

海上護衛隊は、太平洋戦争初期に南方資源地帯の占領状況を維持するために設置された部隊編成である。当初は神風型睦月型等の旧型艦や特設艦艇ばかり投入されていたために対潜・対空に難があり、次第に本格化する連合国による通商破壊に対応しきれなかったが、やがて海防艦が増備されていくと、特に第一第二海上護衛隊においては新たな主力となっていった。
南洋諸島方面航路の護衛を担当していた第二海上護衛隊はサイパン陥落とともに解散したものの、東南アジア方面航路担当の第一海上護衛隊は、後に第一護衛艦隊に改組され終戦まで奮戦する事となった。

護衛戦隊とは、海防艦を主体とした船団護衛専門の戦隊であり、部隊番号は100番台として区別されていた。一戦隊に対し海防艦は6隻程度所属し、第百四戦隊以外は駆逐艦練習巡洋艦が旗艦として1隻ずつ所属していた。
護衛戦隊設置以前は海上護衛総隊によって8つの特設護衛船団司令部が設置されていたものの、司令官を除く幕僚や護衛艦艇や航空機といった固有兵力がないために一航海ごとにこれらを寄せ集めねばならず、結果的に現場のチームワークが取れないという問題点があった。護衛戦隊はこれを解消すべく1944年11月より特設護衛船団司令部に代わって導入されたものである。

海防隊は1944年7月より編成が開始された、複数の海防艦を単位とした部隊である。駆逐艦における駆逐隊に対応する部隊単位であるが、戦争末期に確立したものであった事から、全ての海防艦が各海防隊に所属するといった統率システムが確立する前に終戦を迎える結果となっている。

これら護衛戦隊や海防隊は、第三十一戦隊や前述の第一護衛艦隊といった戦隊・艦隊の一員として運用され、特に第一護衛艦隊に所属した海防艦達はヒ船団をはじめとする南方航路防衛や、終戦時まで辛うじて命脈を保ち続けた日本海航路の護衛などで活躍している。

『艦これ』においては2018年5月18日現在実装されている海防艦娘は北方海域で活動していた国後を除いて全て第一海上護衛隊に所属した事のある艦となっている(福江に関してはそれ以前に第二海上護衛隊に所属していた事もある)。また、海防隊に所属した事のある海防艦はまだ実装されていないものの、護衛戦隊への所属に関しては以下のようになっている。

※その他、海防艦ではないが第百二戦隊旗艦鹿島および第百四戦隊旗艦もゲーム中には実装されている。

ゲーム中では占守択捉型の面々が出撃台詞などで第一海上護衛隊所属である事について言及している他、択捉及び対馬については改装後の出撃台詞における所属部隊が護衛戦隊のそれに置き換わっている。

各型とその艦娘

2018年2月17日現在、占守型択捉型日振型が実装されている。

占守型(4隻中/実装2隻)

ソ連との漁業紛争に対応するため、それまで旧式化した戦艦や巡洋艦が当てられていた海防艦という艦種のために新造された初めてのグループ(尚、それ以前の海防艦は、航行可能なもののみ重巡洋艦に類別変更され、それ以外は練習特務艦となっている)。元々漁業保護や警備が主な任務だった事から以降の船団護衛を目的とした型と異なり軽武装となっている。

  • 占守型海防艦 一番艦 占守

しむしゅ


2017年春イベント「出撃!北東方面第五艦隊」にて実装。「~っす」が口癖。

  • 占守型海防艦 二番艦 国後

国後でたぞーい


占守と同様、2017年春イベント「出撃!北東方面第五艦隊」にて実装。通称「クナ」。

択捉型(14隻中/実装5隻)

占守型の航続距離の長さに目を付けた日本海軍が、これをベースとして設計した南方航路護衛用の海防艦。爆雷の倍増(占守型の18個から36個に増量)や、舵や艦首の僅かな簡略化などが行われたものの、それ以外はほぼ原形の占守型を(暖房用ボイラ―まで含めて)踏襲している。

  • 択捉型海防艦 一番艦 択捉

船団護衛の転換点


2017年春イベント「出撃!北東方面第五艦隊」にて実装。

  • 択捉型海防艦 二番艦 松輪

松輪 Maji Angel


2017年夏イベント「西方再打通!欧州救援作戦」にて実装。

  • 択捉型海防艦 三番艦 佐渡

ペドロフ型の新たな刺客


2017年秋イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」にて実装。

  • 択捉型海防艦 七番艦 対馬

さらなるペドロフ型の刺客


佐渡と同様、2017年秋イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」にて実装。

  • 択捉型海防艦 十番艦 福江

福江ちゃん


2018年5月15日のアップデートで先行実装。

日振型(11隻中/実装2隻)

択捉型に比べより汎用型かつより対空対潜能力を向上させた御蔵型(全艦未実装)をベースに、武装や外形寸法はそのままに、曲面を減らした平面多角形的な船体構造にするなどの設計簡略化を行った事で工期を大幅に短縮させた(御蔵型の平均9ヶ月から平均4ヶ月に)海防艦。

  • 日振型海防艦 一番艦 日振(下イラスト右)
  • 日振型海防艦 二番艦 大東(下イラスト左)

日振型げっつ


ともに2018年冬イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)」にて実装。同年1月10日に発売されたコンプティーク表紙絵に北上とともに描かれていた、「謎のちっこいの」と称された2隻の海防艦。


未実装艦

上記以外の海防艦級は以下の通り。

  • 御蔵型(8隻)
  • 鵜来型(20隻)
  • 第一号型(56隻)
  • 第二号型(67隻)

尚、海防艦の艦級分類は、艦艇類別等級別表に基づく書類上の分類と基本計画番号に基づく分類(基本計画番号E20bは兵装により更に細分されている)が混在しており、Wikipediaや艦これゲーム中の分類は後者に基づくものである。以下にその対応表を記す。

艦艇類別等級別表に基づく分類基本計画番号・兵装に基づく下位分類
占守型(甲型)占守型(E15)、択捉型(E19)
御蔵型(乙型、後に甲型)御蔵型(E20)、日振型・鵜来型(E20b)
第一号型(丙型)第一号型(E21b)
第二号型(丁型)第二号型(E22)

その他、中華民国海軍から鹵獲した元寧海級軽巡洋艦の五百島(元寧海)および八十島(元平海)に関しても日本海軍編入後は海防艦として扱われていた。ただし、そもそも中華民国出身の艦娘が誰一人実装されていない事や、八十島が後に軽巡洋艦に艦種変更されている事などもあり、実際に海防艦娘としてこの2隻が実装されるかは不明である。

オリジナル艦娘

なお占守型実装以前からオリジナル艦娘としての海防艦娘イラストはpixivに投稿されている。以下はその一例である。

  • 日振型「昭南」

日振型海防艦 昭南



鵜来型海防艦「志賀」/おじか型巡視船・千葉市海洋公民館「こじま」


    • 気象庁定点観測船、海上保安庁おじか型巡視船「こじま」を経て、1998年まで千葉市美浜区にて公民館として健在であった。最後まで残っていた旧海軍艦艇でもある(21世紀の現在、唯一健在な旧海軍艦船「宗谷」は特務艦籍)

  • 第一号型「第11号海防艦」

丙型海防艦 第11号海防艦




関連タグ

艦隊これくしょん 艦娘
戦艦娘 空母娘 重巡洋艦娘 練習巡洋艦娘 軽巡洋艦娘 駆逐艦娘 潜水艦娘 特務艦娘

pixivに投稿された作品 pixivで「海防艦娘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35936

コメント