ピクシブ百科事典

日振型

ひぶりがた

大日本帝国海軍により建造された海防艦の艦級の一つ、またはこれをモチーフとしたゲーム『艦隊これくしょん』に登場する艦娘のグループ。
目次[非表示]

史実

大日本帝国海軍により太平洋戦争中に南方航路の船団護衛向けに建造された海防艦。御蔵型の準同型艦であり、艦艇類別等級上は御蔵型として扱われている。同時期に建造された鵜来型(日振型と同じく御蔵型の準同型艦)とは艦形・性能ともに近い(基本計画番号もともにE20bで共通)ものの、後述する通り装備に差が見られる。

北方海域の海上警備用としての性格から脱却しきれなかった占守型択捉型に対して対空・対潜能力を強化して汎用性を高めた御蔵型であったが、それでも製造過程における工数が多く平均建造期間9ヶ月と量産性は必ずしも良くはなかった。そこで武装や外形寸法は極力そのままに、船体の曲面部分を平面多角形化するなど構造の大幅な簡略化を図った改良型を設計する事となった。これが日振型と鵜来型である。

この頃には貨物用の戦時標準船の建造経験などから、溶接の多用、二次曲線の省略、ブロック建造法など、工数省略のノウハウが蓄積されており、結果、日振型は御蔵型に比べて工数の約半数が削減され、平均建造期間も半分以下の4ヶ月にまで短縮された。ちなみに最短記録は7番艦の目斗(もくと)で、なんとたったの3ヶ月半(105日)である。

当時の日本では珍しく、全艦が日立造船桜島造船所(後述)で集中建造されている点も特筆される。つまり、全艦が同じ親から生まれた本当の姉妹艦である。
まあ、上には上がいて、あちら側には50人姉妹なんて超大家族もいるのだが……

対潜・爆雷装備を大幅に強化した鵜来型と異なり、船体構造の簡略化を除けば、日振型の艤装・兵装は御蔵型と大差なく、艦尾には機雷掃海用の掃海具もそのまま搭載されていた。(艦艇類別等級では御蔵型と扱われているのもこのためである)
用兵側が依然として海防艦に“多用途艦”の性格を求め続けていた結果とも言われるが、当時の戦況では機雷掃海の機会はほとんどなく、後期には御蔵型と共に、掃海具一式を撤去して爆雷を増設した艦も多い。

昭和19年6月竣工の1番艦・日振を皮切りに、遅れを取り戻すべく鵜来型ともども次々と建造されたが、時既に遅し。この時点でマリアナ沖海戦の敗北後という事もあり日本の制海権は大きく喪失し、海上交通網は正に“壊滅寸前”の状況であった。
11隻建造された日振型も、完成後に即実戦投入される厳しい戦いを強いられ、日振が完成後わずか2ヶ月足らずで戦没したほか、計4隻が戦没、2隻が未成となった。
生き残った艦も多くが終戦後に解体されるなどしたが、中には巡視船として1960年代まで日本国内で活躍した艦や、賠償艦として譲渡された艦が紆余曲折を経て1990年まで現役だったものもあったという。“戦時急造”ではあっても、決して“手抜き”や“粗製濫造”ではなかった証左とも言えるだろう。

『艦隊これくしょん』での概要

2018年冬季イベント捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)』で、御蔵型を飛ばして新たに追加された海防艦娘

事前に2018年1月発売の『コンプティーク』の表紙にて北上さまの両隣に晴れ着姿で登場してお披露目されていた。この時点での運営からの案内は「謎のちっこいの」となっていた。又この時点では艦級は発表されていなかった為、対馬の放置ボイスに出てくる「鵜来」等も候補に挙がっていた。

海防艦、うざっ!


因みに背の小さい海防艦達に合わせて膝立ちで並んでいたり、羽根突きをしたのか北上さまだけは顔に炭で落書きされていたり、CMで「うざっ」と毒づきながらも何だか恍惚した様な表情に見えたりと、駆逐艦から距離を置いているようで実は懐かれてるらしい北上さまの優しい一面が垣間見える感じがする。
画面外の大井さんの表情を想像すると、背筋が凍るが……

制服は先に実装されている占守型択捉型に比べて簡素なワンピースのみとなっている。これは戦時量産型として簡素化された事を表現していると思われる。確かに元々北方漁場警備用に設計建造されていた占守型は袖に毛皮が付いたかなり厚手の制服で、択捉型で簡素化を目指してセーラー服になったのだろうが、4者4様というレベルでそれぞれカスタマイズされている為、こちらも簡素化が実現出来ていなかった史実を表したものと思われる。

艤装は背中に煙突・マスト等を纏めたユニットを背負い、手に単装砲、両太ももに爆雷投射機を装着している。

担当絵師は吹雪型一航戦でおなじみのしばふ氏。しばふ艦隊では姉妹で似通った容姿、服装(艤装)をしている艦娘が少なくないが、日振型は特によく似ている。前述の“本当の姉妹”といった点も意識されているのだろうか?

艦娘

実装済

日振


2018年冬季イベント『捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)』E2突破報酬として実装。
愛媛県の日振島にちなむ。『艦これ』史上初の純・四国由来(海峡の速吸除く)で命名された艦。

  • 2番艦大東(だいとう)

大東ちゃん


2018年冬季イベント『捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)』でのドロップ入手艦として実装。
沖縄県の大東諸島にちなむ。

未実装

  • 3番艦昭南(しょうなん):シンガポールの和名・昭南島にちなむ。
  • 4番艦久米(くめ):沖縄県の久米島にちなむ。
  • 5番艦生名(いくな):愛媛県の生名島にちなむ。戦後海上保安庁おじか型巡視船「おじか」となる。
  • 6番艦崎戸(さきと):長崎県の崎戸島にちなむ。
  • 7番艦目斗(もくと):台湾澎湖諸島の一島にちなむ。日振型最短建造記録(105日)の保持艦だが、同時にもっとも短命でもあり、竣工後わずか44日で触雷により沈没した。
  • 8番艦四阪(しさか):愛媛県の四阪島にちなむ。中華民国に賠償艦として引渡され恵安(Hui-An)となった後、国共内戦で中華人民共和国に接収される。その後改名、艦種変更を経て、練習艦・瑞金(Rui Jin)として1990年まで現役だった。
  • 9番艦波太(はぶと):千葉県の波太島にちなむ。イギリスに賠償艦として引渡された。


  • 10番艦大津(おおつ/おほつ):山口県の大津島にちなむ。進水はしたものの、工程92%で工事中止。戦後、未成のまま係留中に浸水、転覆し、解体された。
  • 11番艦友知(ともしり):北海道の友知島にちなむ。工程20%で工事中止。未成艦。

余談

日振型の生まれ故郷、日立造船桜島造船所は、「桜島」という名称から勘違いされがちだが、鹿児島県ではなく、大阪市此花区にあった。1997年(平成9年)に閉鎖されたが、その跡地は現在、アニメゲーム関連のコラボイベントも数多く開催される、あの関西最大のテーマパークに生まれ変わっている。
何かの機会に訪れたならば、彼の地で生まれた9隻の姉妹に思いを馳せるのも良いかもしれない

関連タグ

艦隊これくしょん 艦これ 艦娘 海防艦 海防艦娘

謎のちっこいの・・・運営からの最初のアナウンスでの呼び名
春日丸(艦隊これくしょん)/大鷹(艦隊これくしょん)・・・同じしばふ氏担当の対潜護衛空母

しばふ艦隊 しばふ村
海防艦級名

占守型択捉型日振型

pixivに投稿された作品 pixivで「日振型」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13387

コメント