ピクシブ百科事典

シャッシャッシャッドーン

しゃっしゃっしゃっどーん

ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』における、恐怖のSE。
目次[非表示]

概要

艦隊これくしょん』では、昼間戦後の夜戦にて一定の装備の組み合わせで派手なカットイン攻撃が発動し、大きなダメージを与えることがある。

主に敵(深海棲艦)側の重巡リ級重巡ネ級が使用し、大和型だろうがアイオワ級だろうが此方の艦娘を容赦なくワンパン大破に追い込んでくる為、提督の間ではみんなのトラウマレベルに恐れられている。

このシャッシャッシャッドーンを印象付けたのが、かの悪名高い2013年秋季イベント決戦!鉄底海峡を抜けて!』のE-4アイアンボトムサウンドである。

提督達は夜戦マスを通過するたびに敵の「シャッシャッシャッドーン」に怯え、そして無情の「シャッシャッシャッドーン」によって泣く泣く撤退を強いられ、運良く「シャッシャッシャッドーン」を免れたとて無慈悲にも羅針盤の気まぐれに弾き返されていたのである。現在でも、通常海域の5-3「第一次サーモン海戦(サブ島沖夜戦)」においてその脅威を目の当たりにすることができる。

逆に味方側(つまりプレイヤー側)は、発動率が艦娘の『運』の値に依存しており、かつ発動率が不安定である(運の値が限界値で、カットイン率を上昇させる探照灯照明弾・見張り員込みだったとしても確実に発動するとは限らない)事も相まって、カットイン攻撃が発動する装備の組み合わせはあまり好まれない。

そもそも雑魚敵との道中での夜戦や、深海棲艦よりも耐久値・装甲に劣る艦娘が相手になる演習において夜戦カットイン装備は火力過剰であり、むしろ不安定さが仇となるケースも少なくない為、ボス敵との決戦でもない限り雪風ウォースパイト級の運の持ち主ですらカットイン装備が敬遠される、あるいは夜戦カットイン装備にする必要性が薄いのが実情である。

「敵に回せば無条件で恐ろしいが、味方にするにはかなり不安定でピーキー」という典型例であるが、これは深海棲艦側と艦娘側では運のステータスに大きな開きがあり、運の値が艦娘よりも高めに設定されている深海棲艦側はカットイン発動装備だとカットインを常用してくるが、艦娘側は一部の艦娘を除き運の値がそれほど高くなく、大抵ダメージ期待値が「夜間2連続射撃(連撃)」(火力に劣るが発動率が高い)の方が上になってしまうという事情もある。

ちなみに、最も威力補正が高くなる魚雷カットインが連撃のダメージ期待値を上回る目安は運50以上であると言われている。勿論初期値でこれを上回る艦娘は少なく、大抵の艦娘はまるゆによる補強が必要となる。なお、伊168大井等、運の上限が49以下になってしまう艦娘もいるが、あくまで期待値上の話なのでそのレベルにもなれば愛が試される所だろう。

余談

夜戦カットインには複数種類があり
・「主砲カットイン」
・「主砲・副砲カットイン」
・「主砲・魚雷カットイン」
・「魚雷カットイン」
・「電探雷撃カットイン」(駆逐艦のみ)
・「熟練見張員カットイン」(駆逐艦のみ)
が存在する。

このうち、実際にSEが「シャッシャッシャッドーン」となるのは、主砲カットインか主砲・副砲のカットインである。
使用者は戦艦ル級elite戦艦タ級elite、輸送ワ級flagshipなど。『決戦!鉄底海峡を抜けて!』開催当時は弾着観測射撃が実装されておらず、戦艦ル級・戦艦タ級のflagshipも「シャッシャッシャッドーン」型カットインになっていた(現在は連撃に変更)。

前述した重巡リ級・重巡ネ級は主砲・魚雷のカットインだが、これをSEで表すと「シャッシャップシュードーン」という感じになる。

関連項目


表記ゆれ

pixivに投稿された作品 pixivで「シャッシャッシャッドーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1158

コメント