ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

宗谷(艦隊これくしょん)

そうや

ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』に登場する艦娘。日本艦として唯一、健在な艦船をモチーフにしている。
目次 [非表示]

図鑑データ編集

艦名宗谷
図鑑No(下記参照)
艦級
艦種
CVタニベユミ
絵師しばふ

※図鑑No、艦級、艦種については以下の通り。

図鑑No408445450
艦級/船名番号耐氷型雑用運用艦LL01PL107
艦種特務艦灯台補給船南極観測船

「特務艦、宗谷です。提督、お逢いできて、光栄です。

戦闘艦ではありませんが、私…精一杯、働きます!

どうぞよろしく、お願いします!」

注意編集

宗谷は昭和の日本を代表する船として高い知名度・人気があったことから、『艦隊これくしょん』(艦これ)リリース以前からオリジナル擬人化キャラクターが少なからず投稿されていたほか、二次オリ作品であるオリジナル艦娘が一定の知名度を得ていた(ニコニコ大百科の当該項目を参照。Pixivにも記事こそないものの同タグで投稿された作品がある)。2021年5月21日の本キャラクター実装後も、オリジナルデザインの宗谷の擬人化キャラクターの投稿が確認されている。艦これ公式とは異なるデザインの宗谷の擬人化イラストには本タグはつけないようにしよう(宗谷(船)の独自デザインでの擬人化=オリジナル艦娘とは限らない事にも注意)。


概要ですね? お任せください! もちろん!編集

タイガ、艦これまとめ8を助けに行くよ…!(約10枚)

2021年5月8日より開催された艦隊これくしょん期間限定イベント海域激突!ルンガ沖夜戦」の後段作戦(5月21日開始)で実装された艦娘


商船として生まれ、太平洋戦争特務艦として生き残り、戦後は海上保安庁(海保)の旗船として数々の偉業を成し遂げた"奇跡"こと宗谷(船)をモチーフとする。日本艦で健在な艦娘としては唯一無二の存在で、海外艦を含めてもアイオワイントレピッドに次いで3隻目である。もっとも、現存艦といっても『艦これ』のシステム上不沈艦扱いはされておらず、(極めて打たれ強いが)轟沈することもある。


灯台補給船・南極観測船としての姿は、軍事組織に所属していない船艇をモチーフとした初の艦娘とも言える(保有者が軍事組織でない艦艇としては、名義上日本海運所属の貨物船扱いであったあきつ丸や、日本郵船からの徴用という形態を取っていた頃の春日丸に次いで3隻目)。ゲーム内では「海上保安庁」の名前は出していないものの「灯台補給船」時の編成時・出撃時ボイスでは「巡視船」「灯台補給船」と名乗っている。コンパスマーク(海保のシンボルマーク)も描かれていないと指摘があるが、大和型等にある「菊花紋章」も「可也簡略化されて描かれており正確には描かれていない」。これは豪州軽巡のパースも同様で国籍旗・軍艦旗も簡略化された物で特に「ユニオンジャック」部分は正確に描かれていない。


上述の通り知名度は高く、商業・同人問わず船舶擬人化のモチーフとして取り上げられる事もしばしばあったが、艦船として極め付けのイレギュラー的な存在である宗谷は艦船擬人化ゲームでの扱いが難しく、この手のゲームに登場したのは艦これが初めてである。擬人化ジャンル以外のゲームでは、昭和基地に物資を運ぶパソコンゲーム南極物語』(1983年)に登場したことがある。


事前に公式Twitterアカウントでは「戦闘艦艇ではありませんが、大切な船」、「ぜひいつか、色々な形で出逢って頂ければと思います」と名前をぼかした形で紹介された。そのため、提督たちの間では「現存する船」である宗谷氷川丸のどちらかが登場するのではないかと予想されていた。


最終作戦海域(E-5)で入手可能。突破報酬でなくドロップ報酬である。提督の根気とリアルラックは求められるものの、公式からは「戦闘のための船ではありません。従って、戦力拡充及び攻略等には直接的に寄与しません。また、今後も獲得の機会はあります。無理はせず、それぞれのペースでご参加ください!」とのアナウンスがあった。

そのアナウンス通り、次の2021夏イベント増援輸送作戦!地中海の戦い、『帰ってきた鎮守府秋刀魚祭り』と立て続けに入手機会が設けられ、3隻目のドロップ報告も寄せられるまでになった(5隻目まで確認済)。これで「特務艦」「灯台補給船」「南極観測船」の3形態で手元に置くことが可能となった。


実装当初から戦後の姿にコンバート可能。「灯台補給船」「南極観測船」と変化していくが、コンバートしても名前に「改」や「改二」といった名称はつかず、元の特務艦に戻すこともできる。元ネタの宗谷はたびたび大改造(主なものだけで10回以上)が施されてきた船であるが、進水当初の商船(貨物船)、及び第3次南極観測以降の姿は実装されていない。


すみません。少し、容姿を。編集

身体は全体にスレンダーで、実船の小さくてずんぐりとした印象はみられない。髪色はダークブラウン三つ編みにしている。垂れ目を強調して描かれていて、目の色は南極観測船の船体と同じアラートオレンジである。ハイライトは見えない。コンバート後も衣装の変化はあれど、ポーズや表情の変化は乏しい


特務艦編集

【艦これ】特務艦宗谷

青いコートをまとい、右手に拳銃陸式拳銃のように見えるが、史実で装備していた8cm単装高角砲をイメージしている可能性もある)を持ち、両肩それぞれからショルダーバッグを斜めに掛け、左手にトランクケース1を持っている。


灯台補給船編集

宗谷

白襟の上下黒のセーラー服白タイツ、その上から白いジャケットを身につけ、右手にかつて灯台の光源として用いられていた2000W型電球を持っている。灯台守達から「燈台の白姫」と呼ばれていたことを彷彿とさせる姿。本人は、そう呼ばれる事に照れている。白いジャケットの右胸にはひらがなで「そうや」、右胸には「LL01」と記載されている。


南極観測船編集

宗谷さん

上は白襟の濃茶セーラー服、下は白スカートと白タイツ、その上から、アラートオレンジと白襟のジャケットをまとっている。ジャケットの右胸には「宗谷 SOYA」、左胸には「PL107」と記載されている。

宗谷はこのユニホームを大変気に入っており、万事控えめな宗谷が「素敵ですよね」と提督に同意を求める位である。


この容姿では第1次南極観測〜第2次南極観測任務時代をモチーフとし、ベル47G(第2次までは輸送用主力、第3次以降は予備)と思われるヘリコプターを右手から飛ばしている。実際の宗谷は帰国するたびに魔改造と呼べるほどの改装をされていた事から、今後追加改装が実装された場合にはシコルスキーS58(海自では対潜ヘリ、宗谷は輸送用として運用)などを搭載した第3次観測以降の姿が見られるのかもしれない。……もっとも、後述の通りベル47Gよりも大型のS-51を運用可能となっているため、もしかすると現時点で既に第3時観測以降の要素も組み込まれているのかもしれないが。


【梅雨mode】編集

つゆあけ(画像は特務艦ver)

2021年6月22日の春イベント終了に伴うメンテナンス&アップデートにて【梅雨mode】が実装された。

梅雨という事で服装も半袖のセーラー服と白のスカートに変わり、革のバッグからビニール製の青いバッグに変わっている。手に持つ青い傘には、動物の白い足跡が縁取られている。

尚「特務艦」「灯台補給船」「南極観測船」では差分となっており、セーラー服がそれぞれの色である「青」「灰色」「オレンジ」となっている。


【夏服mode】編集

灯台(画像は灯台補給船ver)

2021年7月15日のアップデートで今度は【夏服mode】が実装された。

今度のは夏Tシャツ装備で矢張り「特務艦」「灯台補給船」「南極観測船」で差分となっている。

なお下にはセパレートタイプの水着を着こんでいるようで中・大破するとチラッと見え、水着の色も制服の色に合わせてある。

  • 「特務艦」

青地にでかでかと「特務」と書かれ、肩から下げたバックは何時もの下げているバックと同じ色となっている他、「そうや」と書かれた紅白の浮き輪を左肩からロープで吊るしている。

  • 「灯台補給船」

白地にでかでかと「灯台」と書かれ、肩から下げたバックは【梅雨mode】時と同じ青色で、こちらも「そうや」と書かれているオレンジ色の浮き輪を左肩から吊るしている。

  • 「南極観測船」

オレンジ地にでかでかと「南極」と書かれ、バックは「灯台補給船」と同じだが左肩から吊るした浮き輪の文字が漢字で「宗谷」となっている。


これを機に宗谷が一気に身近な存在となった提督が多かった模様(モデルの実船が"日本史上最も偉大な船"との呼び声が高い上、本ゲームのキャラクターもどこか浮世離れした印象を持たれていたため、それまでどこか畏敬の念を持って見られていた節があった)。同時に「ダサT愛好家」なのでは?という新たなキャラ付けがなされたのだが……

以下その例

宗谷「意思表明」ワイ将Tシャツコレクションwith宗谷さん我が鎮守府は平和なり!39艦これお絵かき215無題宗谷【リクエスト】宗谷さんの作ったやきそばを食べるうーちゃん!宗谷


【新春&晴れ着mode】編集

晴れ着宗谷さん(画像は南極観測船ver)

2022年1月1日のアップデートでは【新春&晴れ着mode】が実装された。

今回は「特務艦」「灯台補給船」「南極観測船」で衣装が全く違うという豪華仕様であった。

また、この際に実装された期間限定ボイスによりダサTは自作であることが明らかになった。(特務艦mode限定ボイス)

  • 「特務艦」

普段の制服と同じ色の半纏を着て『海上安全』と書かれた破魔矢を持っている。そして『賀正』と書かれた白いTシャツを着ている。Tシャツを着ているのは今回は特務艦modeが唯一である。

  • 「灯台補給船」

白のジャケットがファー付きのものに変更されているが、今回の衣装の中で一番通常時からの変化が少ない形態となっている。

  • 「南極観測船」

普段の制服の色をイメージしたオレンジの地色に雪の結晶があしらわれた晴着を着ている。


【お出かけmode】編集

自撮りを送ってくる宗谷しゃん

2022年4月23日の呉のリアルイベントにおいて展示パネルとして公開。

オレンジ色のスモックの衣装を身に着けており、胸元には平仮名の「そ」一文字をかたどったペンダントを身に着けている。


【ハロウィンmode】編集

ネコミミ宗谷さん

2023年10月11日実装。

通常のセーラー服の上にジャックオランタンの顔が描かれたオレンジと黒のツートンカラーのジャケットを羽織り、三毛猫柄のカチューシャと二本のしっぽを身につけている。猫又をイメージしているのだろうか。


【クリスマスmode】編集

メリークリスマス!宗谷さんと夏雲チャンにお祝いしてもらいました!

2023年11月28日実装。

2022年12月にところざわさくらタウンで開催されたイベントにおいて先行公開。

サンタのコスプレをしており、特務艦では赤と白、灯台補給船では白一色、南極観測船ではオレンジと白のカラーリングとなっている。


性格、ですか? ……いえ、いえいえ! ……そんな……。編集

ハイライトが見えない目やクールそうな表情とは裏腹に基本的に控えめでおっとりした性格で、言葉遣いが丁寧。仕事に対して「精一杯働きます」と口にし、それをモットーとしている(海上保安庁のモットーである「正義仁愛」を意識したものかどうかは定かではない)。


宗谷は「奇跡の船」、「海の守り神」、「不可能を可能にする船」等々と称えられているが、本人はあくまで精一杯働いただけという意識が強く、そう呼ばれる事に照れると同時に戸惑いの言葉が出る。

ただ「海のサンタクロース」に関しては、仕事内容の比喩表現である事、灯台守とその家族らに物資を直接渡していた事から、受け入れている。


今も実船が健在であるためか、建造完了ボイスは「素敵な船……おめでとう」とかつての仲間達の転生を祝福するかのようなものになっている。


史実においては南極観測任務を解かれた後、冬季は釧路港を拠点として北洋漁業の漁業監視任務や医療前進哨戒任務に当たった経験を持つ(ただしサンマ漁ではなくサケマス漁での話。母港は函館港)事から、秋の秋刀魚祭りでは「北方の海(での漁業支援は)、私も得意分野です」と張り切っていた。


性能、用途、いけます!そのための改装も、万全です!編集

史実の宗谷は(色々な意味で)特異点的な船であった。速力などの絶対的性能こそ低いものの、砕氷やヘリコプター運用などのユニークな機能を多数有しており、その能力と幸運ぶりを存分に発揮して八面六臂大活躍をしたことで知られていたため、実装前は性能面での期待の声も多かった。


しかし本ゲームの宗谷は砕氷船としての能力を発揮する場に恵まれず、事実上の補給艦娘として扱われているようで、専用装備や特殊スキルなども与えられなかった(ただし、南極観測船形態ではヘリコプターやオートジャイロなどの回転翼機の運用が可能)。ステータスは速力が低速の上、火力、対空、雷装、対潜などの値が低いかゼロであり、(現状のあらゆる改装状態で)砲も魚雷も積めず(実船の事を考えれば当然の処置であるが)、公式のアナウンスの通り戦力としては全く期待できないことで、実装当初は落胆の声も少なくなかった。


ただし、実装前の下馬評の通り、回避には非常に高いステータスが与えられた。特に運は圧倒的数値を誇り、運の値を未改造艦限定で比較した場合、初期値の55、最大値の110で共に1位。さらに南極観測船へ改造された場合は初期値77、最大値155と、これまで改造済みを含めた全艦娘トップ、ウォースパイト改の初期値70、グレカーレ改/雪風改二の最大値120を大きく上回り、堂々の1位となる。


そして何より、その装甲をはじめとする防御面では数多の艦娘の中でも最高クラスの可能性を秘める。

南極観測船形態ではその装甲値は62、耐久値は26で、それぞれ全特務艦娘中での最高値と最低値となる。つまり高装甲と低耐久を兼ね備えていることになり、一発大破のリスクが他の特務艦娘よりも圧倒的に低い。更に上述の幸運値と巡洋艦並みの回避値も相まって非常に打たれ強く、増設スロットも含めて増設バルジをガン積みしようものなら戦艦級の装甲値を伴い(後述)、あのヲ級改の艦載機の攻撃にさらされてもカスダメでやり過ごすほど。

加えて、南極観測船形態では(ケッコンカッコカリなどで耐久28以上にでもしない限り)耐久値が7以上なら大破扱いにならないのだが、一方で7以下の耐久値だと仕様上受けるカスダメはなんと0になる。結果、大破寸前の耐久値7という状態だと装甲を抜かれない限り敵の攻撃を中破状態で耐え続けることができ、さらには圧倒的な幸運や高い回避により、そもそも当たることさえ稀、という驚異的な生存性を発揮する。史実では巡航速度8.5ノット(時速約16km/h)。最高速12ノット(時速約22km/h)という超鈍足船なのだが、宗谷(船)の豪運エピソードを見ていただければ「致命傷が宗谷を避けている」という回避であることがおわかりいただけるだろうか。


この生存性が活きるのが艦種によりルート制御が行われる海域。機能的には上記の通り、速吸神威と同じく「補給艦」の判定を受けている(洋上補給もいちおう装備可能)。そのため補給艦の編成でルート制御が出来る海域にて運用が見込める。艦攻や水戦を積める神威や速吸と違い、制空補助等が行えないという難点こそあれど、回避や装甲に優れ、燃費や耐久が低い(=運用コストが安い)という強みがある。


例えば「1-3.製油所地帯沿岸」。ここでは編成に入れると燃料マスのDマスへ向かうので、大発を積んで三重クル要員に起用されることが増えている。レベリングを兼ねて宗谷を旗艦に据える提督も多い模様。

また、「1-6.鎮守府近海航路」の補給艦ルートにも組み込むことができ、補給艦2隻で1-6を周回して終点に到達するクォータリー任務に起用することも可能。


中でもその生存性が大きな意味を持つ海域が「5-5.サーモン海域北方」。

この海域では補給艦を組み込む事で戦艦レ級と戦わずしてボス戦に到達できる「中央下ルート」を通れるのだが、補給艦の道中大破のリスクが高い点がネックとなっていた。しかし補給艦枠としてバルジをガン積みした宗谷を編成した場合、制空補助などができない代わりに道中の安定性が飛躍的に高まるため、この方法での攻略が定石になりつつある。

5-5の宗谷INサマー

さらに、道中のみならずボスマスでも、なんと攻撃面で一定の活躍が見込める。どういうことかというと、その超低火力が相手の装甲を下回ることで、必然と割合ダメージを相手に与えることになる為、高HPの相手に対しその耐久値の残量が多い程に手痛いダメージを与えることができるのである(あきつ丸に見られるのと同じ挙動。そちらの「あきつ丸烈風拳」の通称に倣うなら、さしずめ「宗谷バルジ拳」とでも言ったところか)。駆逐艦などに対してはほとんど意味をなさないこの挙動だが、レ級や鬼級・姫級のような高耐久の相手ともなれば話は別で、HPを削ることで戦艦や空母の攻撃での撃沈の可能性を高めてくれる。


こうした独特の性能から、戦闘で目立ちやすい攻撃よりも攻略に直結しやすい防御で艦隊に大きく貢献する艦娘として、唯一無二と言える不思議な地位を確立している。

運よく彼女を入手できた提督は、どうかその幸運ぶりを存分に発揮できるような運用をしてあげてほしい。


装備編集

特務艦編集

3つの装備スロットを持ち、主砲・副砲は装備できないが「15m二重測距儀+21号電探改二」以外のすべての電探、全ての対潜装備に全ての機銃、他缶&タービン・大発系装備(特二式内火艇除く)・WG42等の対地装備・高射装置・司令部施設系・探照灯が装備可能。


初期火力は【1】、最大火力【9】。この形態のみ機銃が装備できるので「特殊機銃+対空3以上の対空機銃+対空電探」での対空カットインが可能となっている。主砲・副砲・魚雷が装備不可のため対空カットイン以外の特殊攻撃は一切不可能。夜戦に参加できるのはこの形態のみだが、単発攻撃しかできない。

対地攻撃に関しては大発系とWG42等が装備可能な為メインとはいかないまでも補助要員として機能する。尚対地攻撃可能な事を利用した「6-4レベリング」何かも提案されたりもしたが、対地攻撃が充実しており宗谷にMVPを取らせつつボスS勝利が取れるだけの艦隊の練度も必要な為可也の上級提督向けのレベリング方法になる。


コンバートをして特務艦に戻すと初期装備の「25mm単装機銃」を再度持参する。これを繰り返すことで「25mm単装機銃」の量産が可能・・・と言いたいがコンバートにかかる資材消費を考えると全く釣り合っていない。工廠任務で「25mm単装機銃」が要求されたがあと1個足りない、といった時に緊急手段として覚えておくのも一つの手ではあるが。


2021年12月10日のアップデートで『大発動艇』が開発落ちしたが開発担当に宗谷も選ばれた(他はあきつ丸神州丸)。しかし『特務艦形態時のみ開発が可能』という特殊仕様だった。

幸いコンバート費用は安いので他の形態から戻す手間は低いが上記の様に3形態全てを揃えておきたい提督には寧ろ朗報ともなった


灯台補給船編集

装備スロットは2つに減少。火力は【0】となり、夜戦で一切攻撃しなくなる。

主砲・副砲はもちろん、特務艦時代に装備できた機銃も装備できなくなる。

電探・ソナー・タービン・大発動艇・探照灯(96式150cm探照灯も可)・ドラム缶・司令部施設系・戦闘糧食系・洋上補給が装備可能。宗谷(特務艦)や宗谷(南極観測船)に比べて使いどころが難しいが、砲関係や魚雷を一切装備していないため、弾薬消費が【0】となっている。弾薬を多く消費し枠の余っている遠征枠に組み込んで運用するのもありかもしれない。


南極観測船編集

装備スロットが再び3つに増える。

灯台補給船時代に装備可能であったものに加えて、日本初のヘリコプター母船という史実の通り、オートジャイロヘリコプターといった回転翼機、並びに航空要員系が装備できるようになる。もちろん史実通りに物資輸送に使うという訳にはいかないが。

最大の強みは、「増設バルジ(大型艦)」の装備が可能になる点であろう。同装備を装着可能なのは戦艦・巡洋戦艦・航空戦艦正規空母(含む装甲空母)以外では宗谷(南極観測船)のみ。増設バルジ(大型艦)を3つ装着すると装甲値は89に達し、戦艦に迫る数値となる。しかもバルジをガン積みしてもなお回避が高いため、同レベルなら戦艦よりも圧倒的に生存性に優れる。

さらに補強増設を使い「艦本新設計 増設バルジ(大型艦)」を4つ装備すると装甲102に達する。並の戦艦より装甲が高い金剛改二を上回り、アイオワ改(最大107)に迫る固さといえばどれほどのものかおわかりいただけるだろうか。


よ、余談ですか? 危険では……は、はい、了解。編集

家具「チャージング航行の床」編集

宗谷が特注家具職人妖精の技術を使って製作したという家具「チャージング航行の床」には、氷の上に置かれた宗谷の装備に座る2匹の子犬と、もたれかかる一羽のペンギンが描かれている。宗谷と縁のある2匹の犬、と言えば樺太犬のタロとジロであろう。彼らも宗谷と共に鎮守府にやってきたようである。そしてペンギンは、宗谷が日本へ連れて帰る予定だったコウテイペンギンと思われる。

…と、ここまでは心温まるのだが、すぐ隣にダイナマイトを放置しているのはどうなんですかね、宗谷さん……


二一式大漁旗編集

帰ってきた鎮守府秋刀魚祭り』の任務『秋刀魚漁:テ・イ・ト・ク…大漁旗も、お願いします!』で獲得できる大漁旗『二一式大漁旗』のメインを宗谷が担当。母港に執務室に設置して『二一式大漁旗』をクリックすると宗谷のメッセージを聞くことが出来る。


令和の海編集

南極観測船時に「令和の静かなお台場もいいものです」と発言しており、現在の自分の身の上にも満足していた模様(つまり『艦これ』の世界でも本物の宗谷は健在という事になる)。中破ボイスでも「令和の海」という単語を出しており、南極観測船時のMVP台詞では「この時代のお台場もいいものです」とも言っていたりする。

これらの台詞が『艦これ』世界の時間軸を事実上確定させるものなのか、はたまた所謂メタ発言なのかは提督の想像に委ねられるところ。

これ以前に元号への言及があった例として、海防艦(択捉型)が書いた「『令和』掛け軸」なる家具が存在したりもしているが、そもそも掛け軸はメタ描写が非常に多い(周年記念掛け軸、提督数突破記念掛け軸、イベント不備のお詫び掛け軸、リアルで実際の艦が見つかったり、名前を受け継いだ艦が進水したりしたことを記念した掛け軸や、宗谷実装後だと大和ミュージアムへのクラウドファンディングのお礼掛け軸など)事から、件の掛け軸を見てもいつものことと気にしていなかった提督の方が多かった模様。


『艦これ』の世界の根本にまつわることだけに、提督たちの間でそれなりに注目されたりもすることではあるが、いずれも推測の域を出ずその答えは杳として知れない。

ただ一つ言えるのは、『艦これ』の世界にも「令和」という概念は存在し、少なくとも艦娘としての宗谷はその存在を認識している、ということである。


ちゃんぽん朝まで飲み勢編集

ビール日本酒ワインウイスキーと次々ハシゴしていく呑兵衛である。呑んだらどのようになるのかは未だ明らかにされていないが、元々に縁がある船だった事が影響していると思われる。海軍入りする前に所属していた海運会社は、清酒「白鹿」で知られる辰馬本家酒造をルーツとする財閥の関連企業だった。南極観測船では、酒造メーカーが特別に製造したアルコール度数55%を越えるコンク(濃縮)ウイスキーを配布しているが、これは宗谷以来の伝統である。南極観測船「宗谷」航海記―航海・機関・輸送の実録では観測隊員たちがビールやワインなどを持ち寄って医務室でバーを開いて皆で飲み明かしていたことが記述されている。

なおコンクウイスキーは南極越冬中の寒さでも凍らない事を目的に濃縮されており、外国の観測隊でも同様の物がある。決して呑兵衛の宗谷さん(の妖精)の為に用意されたものではない、多分。


うそ……関連イラスト、ですか? そんなことって……すみません。編集

宗谷宗谷

スケーターズ・ワルツ提督、どちらの宗谷がお好きですか?


由来となった地名や、由来繋がりの列車とのイラストも見られる。

宗谷と宗谷宗谷


関連タグをまとめます。……こちら、ですね。編集

艦隊これくしょん 艦これ

艦娘 特務艦娘(補給艦娘)

激突!ルンガ沖夜戦 異能生存艦 生存組

海保船これ 艦娘たちの戦後

熱燗これ しばふ艦隊


船の科学館:実船の保存先。実装当日には公式twitterにて反応している

丹陽(艦隊これくしょん):戦後、海上自衛隊以外の組織(中華民国海軍)で旗艦を務めた旧日本海軍艦をモチーフにした艦娘

アイオワ(艦隊これくしょん)イントレピッド(艦隊これくしょん)マサチューセッツ(艦隊これくしょん):アメリカ合衆国の現存する記念艦をモチーフにした艦娘

鵜来(艦隊これくしょん):戦後海上保安庁に編入される事になる日本海軍艦をモチーフにした艦娘(巡視船時代の姿は未実装)。巡視船「さつま」として宗谷の第1次・第5次南極観測後の出迎えに参加している。


関連記事

親記事

特務艦娘 とくむかんむす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1515829

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました