ピクシブ百科事典

ワシントン(艦隊これくしょん)

わしんとん

艦隊これくしょんに登場するアメリカ海軍戦艦「ワシントン」をモデルとした戦艦娘。アメリカ戦艦としては通算4隻目となる
目次[非表示]

図鑑データ

艦名Washington(ワシントン)
図鑑No454→459(改)
艦級North Carolina級2番艦
艦種戦艦
CV大坪由佳
絵師ZECO


North Carolina class. USS Battleship Washington、着任。
貴方が私の提督って訳か……しっかりした指揮をお願いね。

概要、抜錨します。皆、私に続いて! 行きましょう!

2020年秋イベント「護衛せよ!船団輸送作戦【欧州編】」において実装された、ノースカロライナ級2番艦の戦艦娘である。同イベント第3海域のクリア報酬として入手可能。

存在自体は前回のイベントで実装されたサウスダコタからの言及頻度及び「16inch三連装砲 Mk.6+GFCS」の主砲上部で殴りあってる妖精さんで示唆はされていたものの、ここまで早い実装とは予想されていなかった。
アメリカ海軍所属の戦艦級で1番艦が先に実装されなかったのはワシントンが初である。
(コロラド・サウスダコタ・アイオワはそれぞれの艦級のネームシップ)

appearance in sight さあ、始めましょうか!

センシティブな作品


髪型は銀髪のロングヘアーにアホ毛持ち。また、瞳の色もお揃いのシルバーで、口元をへの字にしており、どことなくドヤ顔をしているようにも見受けられる。
体格は戦艦娘の例に漏れず、そこそこの長身、かつ豊満で、艤装を基準にしてサウスダコタと比較すると、ワシントンのほうがかなりの高身長にも見える。これはノースカロライナ級のほうがサウスダコタ級より全長が長い為と考えられる。

服装であるが、コロラドの次級であることを反映してか、ノースリーブの白いブラウスを身につけ、首元にはこれまたコロラドと同じく、青いネクタイを巻いている。そしてさらに、その上にネイビーブルーの士官服っぽいジャケットを羽織っている。ただし、下のほうで留めるだけで肩から胸元を露出させている点はサウスダコタとも共通点があり、コロラド級とサウスダコタ級の間の艦級であることが、かなり意識されているようだ。
下側については、どちらかといえばコロラド寄りで、濃紺色のスカートにタイツといういでたちである。さらに、かかとの部分にスクリューを搭載したブーツを履いている、これらはコロラド級にて廃艦になった4番艦「ワシントン」を意識したものかと思われる。

艤装であるが、16inch三連装砲mk.6が、向かって左側に一基、右側に二基搭載されている。さらに、甲板は二段式になっており、5inch連装砲が上の段に三基、下の段に二基ずつ搭載されている。また、双眼鏡を手にしているのも特徴である。

なお、改造すると、色合いが全体的に明るくなる。艤装に関しては黒鉄色だったのが海軍迷彩に変わり、スカートも青から白へと変わる。さらに、ジャケットの襟の部分に、艦番号である「56」がプリントされ、口元も柔らかくなる。
ちなみに、サウスダコタと違って、改造後に三連装砲を正面に向けることはない。

性格は望むところよ、私をたっぷりと教えてあげる!

仲良く……
いがみ合いワシダコ


一人称は「わたし」で、プレイヤーのことは「提督」と呼ぶ。
他の艦娘に関しては基本的には名前の呼び捨てなのだが、先輩であるコロラドのことはさん付けで呼んでおり、少なくとも同じ戦艦相手については先輩後輩の上下はきっちりしているようである。ただし、サウスダコタに関しては、名前を呼ぶことすらいやがっているのか「あいつ」もしくは「あのバカ」呼ばわりである。

やんちゃで子供っぽい口調のサウスダコタと違って、基本的な口調はかなり大人びている。ただし、大人ぶっているのではと思わせる部分が度々見受けられる。その原因となるのがやはりサウスダコタで、午前中には霧島と一緒にいるところを見かけて、少しばかり取り乱す。どうやら、喧嘩が始まるのではと考えているようだが、提督から二人の仲がいいことを聞かされ、あからさまに困惑する。ちなみに、このことに関しては、アトランタヘレナに動向を尋ねた際にも、同じ答えを返されて困惑しており、あれだけの壮絶な殴り合いをした二人がどうしてそんなに仲がいいのか、本気で理解できていない模様である。

そして、午後にも再びサウスダコタと遭遇するのだが、一緒にいるのが大和だとわかった瞬間に狂喜乱舞し、サウスダコタと同様、アイドルを前にした少女のような態度を取る。ただしその際、サウスダコタのことをさりげなく押しのけるのも忘れておらず、ある意味似た者同士であることをうかがわせる。
(声帯の妖精さんの影響もあり、その相手で外面を切り替える様子から大井っちを連想した提督も多い模様)

それ以外には、直後に姿を見せたホーネットと親しげに挨拶を交わしたり、夜戦に向かういつもの面々に関しては、その戦意を素直に褒めたりと、サウスダコタが絡まなければ人当たりはかなり良い。ただし、あくまでもサウスダコタが絡まなければの話で、放置時にはサウスダコタが自分の悪口を言っているらしいと聞きつけて、そのことをホーネットに愚痴ったり、視界にサウスダコタがいないのをわざわざ確かめてから大げさにほっとするような仕種を見せたり、サウスダコタのニックネームである「Black Prince」のことを鼻で笑うなど、とにかくサウスダコタに対して並々ならぬ嫌悪を向けている(などと言ってる割には、声色が妙に弾んでいるようにも思えるのだが、真意は不明)。

食事内容は朝食こそ卵にフライドベーコン、コーヒーとシンプルなのだが、まさかの昼からステーキ勢である。あと大量のサラダ。その量も相当なもののようで、流石はアメリ艦娘といったところ。夕食はワシントン特製クラブケーキ(だから深海時代はカニの上に座ってたのか?)を出してくるのだが、それに加えて残った野菜をミキサーにかけたスムージーを出してくるので、カロリーの取りすぎにならないかと心配になる。

また、戦艦時代に挙げた戦果の多さからか、そのことに関してかなりのプライドを持っているようである。その一方で、過去に起こした衝突事件のことをかなり気にしているらしく、提督から戦闘での損傷を衝突によるものか指摘された際には必死になって否定する。

なお、提督への接し方は、改造前こそ普通だが、改造した後はかなり親しげに接するようになる。さらに、ケッコンカッコカリを行った後は、提督に対して甘々になり、少しでも顔色が悪いと休むように勧めてくる。その際のやり取りからして、もしかしたら膝枕+頭なでなででもしているのではとすら想像できてしまうほどである。

性能!?さっ、下がらないわよ!

艦級および艦番号が近いことから、サウスダコタと比較した場合、火力と装甲はサウスダコタのほうが上なのだが、耐久と運の高さはワシントンのほうが上となる。ただ、最も差が出るのが燃費で、基本的にワシントンのほうが燃費が良い。お互いに改造前ならば燃料に10の差があり、改造後に関しては弾薬にも5の差がつく。
また、運の最大値に関してもワシントンのほうが10高く、数値で比較するだけならサウスダコタよりもワシントンのほうが全体的に性能がいい、ということになる。

装備の内容によって補えることを考慮すると、二人の数値の差自体は誤差の範囲内と言ってしまってもいいかもしれないが、細かいところにまでこだわるのならば、マス目の少ない海域なら火力を見込んだ短期決戦を狙ってサウスダコタ、マス目の多い海域なら燃費を重視してワシントン、という使い分けをするといいかもしれない。
なお、改造可能になるレベルも47と、サウスダコタの48と比べて1低い。

持参装備でもある「16inch三連装砲 Mk.6」系列にはサウスダコタ並び高目の装備ボーナスがあり「16inch三連装砲 Mk.6 mod.2」装備時だと基礎火力【+23】と装備ボーナス【+3】で合計火力【+26】となり「46cm三連装砲」と火力で同等となり尚且つサブパラ(特に命中関係とフィットアンフィット等)も優秀。

余談

現在米軍にはバージニア級原子力潜水艦の14番艦(SSN-787)としてワシントンの艦名が受け継がれているほか、前述のサウスダコタも同級17番艦(SSN-790)が襲名している。なお、同級には15番艦としてコロラド(SSN-788)もある。

提督、顔色がよくないわ。少し働きすぎかも。ほら!関連イラスト。

ワシントンさん
Washington


ワシ×キリ×ダコ
秋冬イベント2020「水の星へ愛をこめて」



補足

ちなみにワシントンの名前の由来はワシントン州であり、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.は関係ない

関連タグ

艦隊これくしょん 艦娘 海外艦 アメリ艦娘

サウスダコタ(艦隊これくしょん):長きにわたる因縁の相手。

戦艦新棲姫:関連があると思われる深海棲艦。

同イベント内で実装された艦娘
シロッコ(艦隊これくしょん)
シェフィールド(艦隊これくしょん)
竹(艦隊これくしょん)

関連記事

親記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ワシントン(艦隊これくしょん)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 230570

コメント