ピクシブ百科事典

巡潜乙型

じゅんせんおつがた

巡潜乙型とはかつての日本海軍が保有していた潜水艦の型式である。
目次[非表示]

巡潜乙型とはかつての日本海軍が保有していた伊号潜水艦に属する潜水艦の型式である。
最も早く建造された艦の番号を取って伊十五型潜水艦、単に乙型潜水艦と称されることもある。
ちなみに巡潜(型潜水艦)とは「大型で長大な航続力を持ち外洋での長期作戦行動に適した潜水艦」を指す日本独自の区分である。

概要

性能(要目)

偵察任務を目的として設計された、全長108.7m、全幅9.30mの大型潜水艦。
航続力は16ノットで1万4千海里(燃料搭載量774t)、最大潜航深度は100m、
また空からの偵察用に水偵1機を格納し、発進用のカタパルトも備えていた。

戦歴

改良型(乙型改1、乙型改2)も含め日本潜水艦中最大の29隻の同型艦が建造された。
太平洋戦争中、その長大な航続力を利用して東はアフリカから西はアメリカ沿岸海域に派遣され、日本海軍潜水艦全体の商船撃沈数の4割、総撃沈トン数も42%を占めるに至ったものの、1943年以降にほとんどが連合軍に撃沈され、終戦時残存は1艦のみ(乙型20隻中)であった。

在籍艦

※ 当初日本海軍は伊15以降奇数番を巡潜乙型、偶数番を巡潜丙型として交互に艦番号を割り振っていたのだが、巡潜乙型のほうが圧倒的に建造量が多く空き番が多くなってしまい、1941年にこれを詰める形で伊26(元は伊27)以降の12艇が改番されている。
(なお、丙型は重雷装潜水艦である。)
※ 艦号は正確には「伊號第(漢数字)潜水艦」である。

  • 乙型(1937~43年)
    • 伊15、伊17(アメリカ本土砲撃を実施)、伊19、伊21、伊23、伊25、伊26(当初伊27)、伊27(当初伊29、日本潜水艦の中で撃沈トン数トップ)、伊28(当初伊31)、伊号29(当初伊33)、伊30(当初伊35)、伊31(当初伊37)、伊32(当初伊39)、伊33(当初伊41)、伊34(当初伊43)、伊35(当初伊45)、伊36(当初伊47、終戦時残存)、伊37(当初伊49)、伊38、伊39 (計20隻)
  • 乙型改1(1941年)
    • 伊40、伊41、伊42、伊43、伊44、伊45 (計6隻)
  • 乙型改2(1942年)
    • 伊54、伊56、伊58 (計3隻)

関連タグ・カテゴリ

日本海軍 潜水艦 伊号潜水艦

pixivに投稿された作品 pixivで「巡潜乙型」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130659

コメント