ピクシブ百科事典

カダフィ

かだふぃ

リビアの旧最高指導者。
目次[非表示]

概要

1969年から2011年までリビアの最高指導者だった政治家軍人革命家
本名は「ムアンマル・アル=カッザーフィー」。日本では「カダフィ」「カダフィ大佐」で知られていた。

生涯

1942年に砂漠地帯のベドウィンの子として生まれた。軍人となり、成長したカダフィは王朝打倒を画策。1969年に同志を集めてクーデターを実行し、成功させて政権を掌握。革命指導者会議を設置し、自ら議長となった。
1973年にイスラム教共産主義、民族主義を融合させた独自思想「ジャマーヒリーヤ=直接民主制」を生み出し、これに基づく体制作りを進め、思想をまとめた『緑の書』を書き、1977年に人民主権確立を宣言し、ジャマーヒリーヤを政治指導理念として本格導入し、1986年に国号を「大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国」と改めた。
汎アラブ主義を掲げて、周辺のアラブ各国・イスラム圏との関係を強めた。一方で反米・反イスラムの姿勢を続け、欧米各国との対立が続き、そのためのテロ事件への関与、暗躍の疑いも多い。
冷戦後は国内外への政策で緩和的になっていき、欧米との関係改善を図るようになり、アメリカからも経済制裁やテロ国家指定を解除することとなった。また「汎アラブ」から「汎アフリカ」へと路線を変えていき、アフリカ各国との関係強化を図った。
2011年、隣国チェニジアのジャスミン革命成功に端を発した「アラブの春」がリビアにも及び、反政府運動が活発化し、政府軍と反政府軍による内戦が勃発。首都を反政府軍に制圧され逃亡。行方を晦ましていたが、逃亡中に反政府民兵と交戦し、民兵によって殺害された。享年69歳。

人物

「アフリカの狂犬」と呼ばれた独裁者で知られていたが、一方で石油利権で得た利益をインフラ整備などで国民に還元し、またアフリカ各国の紛争の和平交渉も担った。
だが、やはり独裁者として贅沢三昧の暮らしをしており、反抗的な国民は弾圧され、国民からはやはり恨まれていた。
なぜ「大佐」と呼ばれているのかは諸説あり、一応リビアでは最高元首の職は設けていないが、名誉職としての大佐だとも、一種の愛称だとも理由は定かではない。

関連タグ

リビア アフリカ 独裁者

pixivに投稿された作品 pixivで「カダフィ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 760

コメント