ピクシブ百科事典

大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国

だいりびああらぶしゃかいしゅぎじんみんじゃまーひりーやこく

リビア王国崩壊により1969年9月1日に建国され、2011年リビア内戦の2月17日革命(ثورة 17 فبراير)により2011年8月30日に崩壊したジャマーヒリーヤ体制の国家。

概要

大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国(アラビア語: الجماهيرية العربية الليبية الشعبية الإشتراكية العظمى‎)とは ジャマーヒリーヤ体制の国家 である。

1969年9月1日カダフィ大佐がクーデターでリビア王国を崩壊に追い込み、建国。
カダフィ大佐自身の著書「緑の書」にあるジャマーヒリーヤという独自の政治思想に基づく体制で統治された。イスラム主義や社会主義の影響を受けた思想で、直接民主制であるとされた。
国家元首は存在せず、カダフィ自身は公職についていないが、実際にはカダフィの独裁と言える体制であった。
外交政策では西欧諸国やアメリカ合衆国と敵対し、経済制裁や武力制裁が発生した。
2011年リビア内戦、2月17日革命(ثورة 17 فبراير)によりリビア国が建国され、8月30日に国家崩壊。10月20日にはシルトが陥落し、カダフィ大佐が死亡する。

当時は世界一長い国名としても有名だった。
ちなみに当時の2番目、現在の1番目はグレートブリテン及び北部アイルランド連合王国イギリス)である。

関連タグ

リビア リビア王国 リビア国

pixivに投稿された作品 pixivで「大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 514

コメント