ピクシブ百科事典

終わりのセラフ

おわりのせらふ

「終わりのセラフ」とは、ジャンプSQにて連載中の漫画作品。 講談社ラノベ文庫にて小説版も刊行される。
目次[非表示]

概要

伝説の勇者の伝説」「いつか天魔の黒ウサギ」などで知られる鏡貴也が手掛ける、人間吸血鬼の戦いを描くダークファンタジー作品。
漫画ジャンプSQで連載されており、コンテ構成を降矢大輔、作画を山本ヤマトが担当している。
講談社ラノベ文庫より漫画原作者の鏡による小説も刊行されており、漫画版作画の山本ヤマトがイラストを担当している。

作品内における時系列としては、小説で描かれる世界は漫画で描かれる世界の8年前で、人間社会滅亡直前という設定となっている。小説における主人公は15歳の一瀬グレンであり、漫画における主人公は百夜優一郎、一瀬グレンは24歳に成長した形で描写される。
2016年2月4日~11日に舞台版が公演された。

アニメ

2015年に漫画版をベースとしてアニメ化。アニメーション制作はWIT_STUDIOが担当。監督を徳土大介(「進撃の巨人」コンテ演出)、副監督を肥塚正史(「進撃の巨人」助監督)、シリーズ構成を瀬古浩司(「進撃の巨人」脚本を担当)、キャラクターデザインを門脇聡(「進撃の巨人」作画総監督)が手掛ける。

放送時期は分割2クール方式で2015年4月2015年10月で分けて放送された。
放送局はTOKYOMXおよびBS11毎日放送テレビ愛知。CSでもAT-X、テレ朝チャンネル1で放送される。
2015年12月時点でアニメのストーリーが連載中の原作を追い抜いてしまったが、原作者は先行して物語を書き溜めており、それを基にアニメ化がされた。
クライマックスは流石に原作とは変更していると製作側がコメントしている。

ストーリー

漫画 終わりのセラフ

突然発生したウイルスにより大人達が死に絶え、人間社会が崩壊してから4年。

残された子供たちは吸血鬼達が住む地下都市に囚われ、血液を提供する代わりに生かされるという家畜同然の生活を送っていた。
その中の一人、百夜優一郎は、「家族」である百夜ミカエラ達と共に地下からの脱出を図るが、脱出計画に気付いた吸血鬼達の手にかかりミカエラ達は死亡、優一郎はただ一人地上へと帰還する。

それから4年後、優一郎は吸血鬼への強い憎しみを胸に、帝鬼軍の門を叩く。

小説 終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅

人間世界滅亡前の最後の春。

呪術組織「帝ノ月」の宗家である一瀬家の次期当主候補一瀬グレンは、反目しあう呪術組織「帝ノ鬼」が牛耳る呪術師養成学校、第一渋谷高校に入学する。
周囲はほぼ全て帝ノ鬼に組する敵という環境の中で己の実力を隠し、生徒や教師からの過酷な扱いに耐えるグレンであったが、帝ノ鬼の幹部クラスの子息である十条美十・五士典人、さらにはグレンがかつて幼い恋をした柊家の次期当主候補・柊真昼の許婚・柊深夜らはグレンに対し関心を持つ。
これから何が人間世界に起きていくのか、その兆しを知るものはまだごくわずかであった。

2017年6月より月刊少年マガジンにてコミカライズ連載がスタート。作画は掟上今日子の備忘録浅見よう

小説 終わりのセラフ 吸血鬼ミカエラの物語

それはまだ、優一郎とミカエラが吸血鬼の家畜として地下都市で暮らしていた日。

フェリド・バートリーが「あの話」が聞きたいと言うからクローリーは話した。
神と信仰の十三世紀ヨーロッパで、二人が出会い、人間だったクローリーが吸血鬼になったときの話。
無邪気にも神を信じていたときの話を。
そして百夜ミカエラは未来の見えないこの状況を打開するため、フェリドの屋敷へと足を踏み入れる。

これは、ミカエラの名に隠された秘密、吸血鬼の真実と起源に迫る物語。

登場人物

主要人物
百夜優一郎 (CV:入野自由)
百夜ミカエラ (CV:小野賢章)
柊シノア (CV:早見沙織)
早乙女与一 (CV:岡本信彦)
君月士方 (CV:石川界人)
三宮三葉 (CV:井口裕香)

日本帝鬼軍月鬼ノ組

一瀬グレン (CV:中村悠一)
花依小百合 (CV:種﨑敦美)
雪見時雨 (CV:石川由依)
十条美十 (CV:嶋村侑)
五士典人 (CV:小野大輔)
鳴海真琴 (CV:細谷佳正)
岩咲秀作 (CV:平川大輔)
井上利香 (CV:石原夏織)
遠藤弥生 (CV:加藤英美里)
鍵山太郎 (CV:星野貴紀)
相原あい子 (CV:藤村歩)

日本帝鬼軍・柊家

柊天利 (CV:藤原啓治)
柊暮人 (CV:前野智昭)
柊深夜 (CV:鈴木達央)
柊征志郎 (CV:吉野裕行)
三宮葵 (CV:川澄綾子)
柊真昼 (CV:遠藤綾)

阿朱羅丸 (CV:山村響)
鬼箱王 (CV:黒沢ともよ)
四鎌童子
月光韻
天字竜
真昼ノ夜 (CV:遠藤綾)
雷鳴鬼
白虎丸
ノ夜

吸血鬼

クルル・ツェペシ (CV:悠木碧)
フェリド・バートリー (CV:櫻井孝宏)
ラクス・ウェルト (CV:永塚拓馬)
レーネ・シム (CV:梅原裕一郎)
クローリー・ユースフォード (CV:鈴村健一)
チェス・ベル (CV:古木のぞみ)
ホーン・スクルド (CV:日笠陽子)
レスト・カー (CV:小林由美子)
ウルド・ギールス
リーグ・スタフォード
キ・ルク
ルカル・ウェスカー (CV:子安武人)
サイレン
ケーク・サノリアム
バステア・イルクル
シカ・マドゥ
アシェラ・ツェペシ

百夜孤児院

百夜茜 (CV:大地葉)
百夜千尋 (CV:宇山玲加)
百夜香太 (CV:清水はる香)
百夜亜子 (CV:三宅麻理恵)
百夜文絵 (CV:森永千才)
百夜太一 (CV:小堀幸)

人間

君月未来 (CV:黒沢ともよ)
早乙女巴 (CV:日笠陽子)

その他

ユウ

アニメ版オリジナルキャラ

シャハル (CV:梶裕貴)
リコ (CV:日高里菜)

用語

終わりのセラフ
神の罰。世界を終わらせる大規模破壊呪術兵器。
傲慢な人間を罰する為に、神が下す罰。でも馬鹿な人間たちはそれを利用してした兵器を作った。世界が滅んだのもこれのせいらしい。
セラフ」は。熾天使セラフィム」を意味する。

鬼呪装備
神鬼を封じ込めた武器。

帝ノ鬼
柊家を宗家とした組織。
日本で一二を争う呪術組織。

帝ノ月
一瀬を宗家とした組織。
(帝ノ鬼)の配下という扱いだが、敵対しており、(帝ノ鬼)に冷遇されている。

百夜教
日本で一二を争う呪術組織。
(帝ノ鬼)よりもタチが悪く、欲望に節操がない。
かつて百夜孤児院を運営し、子供達を実験に使っていた。
《終わりのセラフ》を研究していた。

ミカエラ
本来は大天使ミカエルが由来の女性名。
だが、ここでのミカエラは大天使ミカエルが由来ではないらしい。
何かしら吸血鬼達に関連しており、少なくても百夜ミカエラ、クローリー、フェリドがミカエラらしい。
元は天使だったが地上に堕とされたとされる。

関連イラスト

贖罪の山羊
無題


【ネタバレ】資料集が欲しい‼
終わりのセラフ


終わりのセラフ読みました(∩;∀;)∩
ひとみ



関連タグ

ジャンプSQ 講談社ラノベ文庫 鏡貴也 山本ヤマト

評価タグ

優ちゃんマジセラフ
終わセラ100users入り 終わセラ500users入り 終わセラ1000users入り

カップリング

NLは終わりの男女カプ、BLは終わりのセラ腐参照

関連動画





外部リンク

集英社│ジャンプSQ内の作品紹介ページ
『終わりのセラフ』原作公式サイト
『終わりのセラフ』アニメ公式サイト
『終わりのセラフ』運命の始まり公式サイト
『終わりのセラフ』BLOODY BLADES公式サイト
『終わりのセラフ』集英社ヴォイスコミックステーション-VOMIC-

関連記事

親記事

鏡貴也 かがみたかや

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「終わりのセラフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41226448

コメント