ピクシブ百科事典

花依小百合

はなよりさゆり

花依小百合とは「終わりのセラフ」に出てくるキャラクターである

cv:種崎敦美

雪見時雨とともに一瀬グレンに5歳の時から使えている従者


小説版では15歳の少女。一瀬グレン雪見時雨と共に第一渋谷高校に通う。
一瀬グレンが高校で実力を隠して自ら罵倒を受けてる姿を見て、涙を流しており、恋心を抱いている事がわかる。
グレンには5歳の頃から、恋心を抱いており、2巻で告白している。
今のグレン隊のメンバーと出会ったのは高校時代で、最初は柊家に連なる柊深夜や十家の五士典人十条美十を侮っており、嫌っていた模様。
しかし、任務をこなしていく内にグレンを守ったりする優しさを目の当たりにし、信頼するようになった。

漫画版では、月鬼ノ組研修教室でグレンが来ないため、代わりに教師として、百夜優一郎達を指導している。アニメ版では、百夜優一郎が吸血鬼の都市サングィネムから脱出してきた時に百夜優一郎と出会っている。

鬼呪装備は菊理(くくり)(具現化)。
強い衝撃に耐える事は出来ないが、呪符になり、万能に使える。呪符がなくならない限り、剣の形状にいつでも戻せる。
元々、身体能力が化け物ではなく、呪符をいつも用いていた彼女には最適である。
雪見時雨の鬼呪が攻撃特化ならば、小百合の鬼呪は防御に特化していると言える。

階級は少尉。
帝鬼軍設立に大きく貢献するも、一瀬家の従者ということで位は低い。
彼女曰く「階級に興味はありません。」とのことで、グレン一筋が伺える。

とても、家庭的で、料理はグレンが褒める程。

5月23日生まれ

pixivに投稿された作品 pixivで「花依小百合」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 188422

コメント