ピクシブ百科事典

四鎌童子

しかまどうじ

四鎌童子とは、「終わりのセラフ」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

プロフィール

名前四鎌童子(しかまどうじ) 通称「しーちゃん」
性別
等級《謎》(分類不可)
形状大鎌
タイプ具現化
元の名前シカ・マドゥ
契約者柊シノア


概要

柊シノアと混ぜられた形で生まれた鬼。
見た目は25-26歳くらいで、一見性別がわからないほど中性的な美しい顔立ち。
鬼の特徴である角がなく、瞳も赤眼ではなく金眼。背には6枚の翼がある。
鬼となる前の記憶があり、「四鎌童子」は当て字であると語る。

一時期は柊真昼にシノアと切り離されたことで彼女の許にいたが、世界崩壊直前に真昼の意図で再びシノアの許に戻る。

鎌の攻撃範囲に入った敵を感知する能力を持っている。

シノアを真昼とは別次元の天才と評し、長年閉じ続けている心の扉を開かせるために百夜優一郎への感情を指摘するも、シノアに強制的に遮断される。

正体


その正体は、1000年以上前に失踪した第一位始祖

失踪後、柊家率いる『帝ノ鬼』を創設し、代々柊家当主に取り憑いてきた。取り憑いていた柊天利からは「旧い神」と呼ばれていたが、本人は神の方がタチが悪いと言って、神であることを否定すると同時に、神を知っている風に返す。「禁忌を犯して陽を失って堕天した」。
終わりのセラフ》の研究を人間させるように仕向けている。

天利の死後、彼を殺し、柊家次期当主とされていた柊暮人に取り憑くが、雷鳴鬼の妨害もあり、完全には取り憑けてはいない模様。
しかし、狙いの一つは暮人ではなく柊シノアに取り憑く事で、柊家に取り憑いて数百年一度も出会った事のない器であるシノアに取り憑くために阿朱羅丸百夜優一郎に接触する。
阿朱羅丸を「アシェラ」、優一郎をユウと呼び、二人の過去を知っていると語る事で、優一郎の「自分の事について知りたい」欲望に取り込もうとするが、逆に優一郎の攻撃を喰らい、阿朱羅丸に消滅させられる。しかしその直後に復活し、二人を殺そうするが、優一郎を救うために現れたシノアが長年閉じ続けていた心の扉を開ける姿を見て、二人の殺害を中断してシノアに取り憑く。シノアを乗っ取った後、帝鬼軍を奇襲したリーグ・スタフォードと2000年ぶりに再会し、交戦するが、グレンと柊真昼ノ夜の乱入と、彼らが持っていた3本の「罪鍵」によって、抵抗してシノアの体を壊す事を避けるために自ら一度封印される。

関連タグ


終わりのセラフ シカ・マドゥ 柊シノア 柊真昼 鬼呪装備 百夜優一郎 阿朱羅丸 アシェラ・ツェペシ ユウ

関連記事

親記事

鬼呪装備 きじゅそうび

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「四鎌童子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37392

コメント