ピクシブ百科事典

四鎌童子

しかまどうじ

四鎌童子とは、「終わりのセラフ」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

名前四鎌童子(しかまどうじ) 通称「しーちゃん」
性別
等級《謎》(分類不可)
形状大鎌
タイプ具現型
元の名前シカ・マドゥ
契約者柊シノア


柊シノアが契約した鬼で、見た目は25〜26歳。
鬼の特徴である角がなく、背に六枚の羽があり、一見性別がわからないほど中性的な顔立ち。

鎌の攻撃範囲に入った敵を感知する能力を持っている。

シノアとは混ぜられた形で生まれたが、柊真昼によりシノアと切り離され、しばらく彼女の中に居たが、再びシノアの許へ戻って来た。その際、彼女に対して預言したり、柊真昼のことについて話すなどしていた。

他の鬼とは違い、鬼になる前の話をしたことから、鬼になる前の記憶がある。
本人曰く、現在の名前は当て字。

正体


その正体は、千年以上前にアシェラ・ツェペシと共に失踪した第一位始祖

失踪後、柊家率いる『帝ノ鬼』を創設し、代々柊家当主に取り憑いてきた。取り憑かれていた柊天利からは「旧い神」と呼ばれていたが、本人は神の方がタチが悪いと言って、神であることを否定すると同時に、神を知っている風に返す。
天利の死後、彼を殺し、柊家次期当主とされていた柊暮人に取り憑くが、雷鳴鬼の妨害もあり、完全には取り憑いておらず、まだ自我のある暮人が帝鬼軍に戻ってきた百夜優一郎達の中から呼んだ一瀬グレン柊深夜と戦闘を始め、圧倒的強さで勝利するが、異常な強さを目の当たりにしたグレンと深夜に暮人は助けを求める。その最中、勝手に出てきた事で同じく暮人に呼び出されていた柊シノアが話すために精神世界へ身を投じるが、そこには鎌があるだけで姿を現さず「心を開かなければ姿は見えない」「心の壁を下げれば持っている記憶も少しは手に入る」「柊暮人が救える」と心の壁を下げるよう口説く。
しかし、それらに一切興味を持たなかったシノアに対して、百夜優一郎を戻す方法がある事を仄めかし、彼女の感情に付け入ろうとし、柊家に取り憑いて数百年一度も出会った事のない器であるシノアに取り憑ける日が楽しみだと語った後、シノアが目を覚ました事により接触は中断。しかしその後、優一郎がシノアの元へ向かおうとする所を暮人から離れ、阿朱羅丸と接触する。

阿朱羅丸のことを「アシェラ」と呼び、彼と戦闘になる。一度は頭部を刀で貫かれるが、直後阿朱羅の背後に回り、記憶を思い出させようと血を吸い、欲望の力を借りさせないために壁を作るが、シノアの助言によりやって来た優一郎により阻まれる。
優一郎をユウと呼び、ずっと昔から君らを知っていると語り、自分の事について知りたいと言う優一郎の欲望に取り込もうとするが、逆に優一郎の攻撃を喰らい、阿朱羅丸に消滅させられる。しかし、再び二人の背後から現れ、二人を殺そうとする所を優一郎を救うために乱入、長年閉じ続けていた心の扉を開けるシノアの姿を見て、今回の目的はこれだと言い、そのまま去る。
取り憑かれたシノアは吸血鬼化が始まり、処置をされるが為すすべがなく、そんな時に現れたフェリド・バートリーに吸血鬼化を止める方法として殺されそうになるが、シノアを乗っ取ったことにより回避。圧倒的な強さで返り討ちにし、外にて優一郎を連れて行こうとするミカエラと、それを制するグレン、暮人、深夜に対面する。

関連タグ


終わりのセラフ シカ・マドゥ 柊シノア 柊真昼 鬼呪装備 百夜優一郎 阿朱羅丸 アシェラ・ツェペシ ユウ

関連記事

親記事

鬼呪装備 きじゅそうび

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「四鎌童子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15804

コメント