ピクシブ百科事典

終わりのセラフ(実験名)

おわりのせらふ

漫画「終わりのセラフ」に登場する実験名。
目次[非表示]

概要


世界崩壊前、百夜教百夜孤児院の子供達などを使い、実験・研究していた最大禁忌の名称。
吸血鬼が警戒している実験名であり、一瀬グレン柊真昼クルル・ツェペシは何かしら知っている模様。
真昼曰く、神の罰

現在明かされている被験者は、百夜優一郎百夜ミカエラ早乙女与一君月士方早乙女巴君月未来、百夜孤児院の子供達。
その中でも最優秀実験体

なお、この中で力が明かされているのは、第二ラッパ『塩の王』の被験者である第五ラッパ『滅びの悪魔』の被験者である未来、第六ラッパの少年のみ。

ラッパ吹きは全員で七人存在する。


関連タグ


終わりのセラフ 百夜優一郎 百夜ミカエラ 早乙女与一 君月士方 早乙女巴 君月未来 一瀬グレン 柊真昼 クルル・ツェペシ

ネタバレ注意






































世界を崩壊させる発動条件は死者を蘇らせること
しかし、蘇生させられた人間は不安定で、10年しか生きられない
また、その間に自身が既に死んでいるとわかれば、塵となって消えてしまう

世界崩壊時に蘇生させられたのは、柊深夜十条美十五士典人花依小百合雪見時雨、他2名。
蘇生させたのは、一瀬グレン

コメント