ピクシブ百科事典

シカ・マドゥ

しかまどぅ

「シカ・マドゥ」とは、終わりのセラフに登場するキャラクターである。

概要

吸血鬼の第一位始祖。
第二位始祖であるウルドリーグ、第三位始祖であるクルルレスト・カー、第五位始祖であるキ・ルクと言った、第二位〜第五位始祖までの上位始祖すべての「親」
一番のお気に入りはアシェラだったらしく、アシェラから「父さん」と呼ばれ、慕われていた。
未だ吸血鬼会で使用されているルールは彼が作ったもの。
約1000年前、アシェラと共に失踪した。

現在は既に鬼となっており、名前は「四鎌童子」。

失踪後、柊家率いる『帝ノ鬼』を創設し、代々柊家当主に取り憑いてきた。
取り憑かれていた柊天利曰く、旧い神。
しかし、本人は神の方がタチが悪いと言って、神を知っている風に返す。
天利の死後、彼を殺し、柊家次期当主とされていた柊暮人に取り憑くが、雷鳴鬼の妨害もあり、完全には取り憑いていない様子。
しかしその後、帝鬼軍に戻ってきた百夜優一郎達の中から、暮人の意思で一瀬グレン柊シノア柊深夜を呼び出し、戦闘が始まる。その最中、シノアが四鎌童子に接触するために意識を失い、戦闘は中断となる。
その後、優一郎がシノアの元へ向かおうとする所を暮人から離れ、阿朱羅丸と接触する。
阿朱羅丸のことを「アシェラ」と呼び、彼に記憶を思い出させようとするが、シノアの助言によりやって来た優一郎により阻まれ、戦闘になる。
その際、優一郎を「ユウ」と呼び、共に戦う阿朱羅丸と優一郎を見て懐かしいと述べている。
一度は斬られて消滅したかのように思われたが、復活した所をシノアが乱入。
長年閉じ続けていた心の扉を開けるシノアの姿を見て、今回の目的はこれだと言い、そのまま去る。
取り憑かれたシノアは吸血鬼化が始まり、処置をされるが為すすべがなく、そんな時に現れたフェリド・バートリーに吸血鬼化を止める方法として殺されそうになる。
しかし、シカ・マドゥがシノアを乗っ取ったことにより回避。返り討ちにする。

関連タグ

終わりのセラフ 吸血鬼(終わりのセラフ) 四鎌童子 ウルド・ギールス リーグ・スタフォード クルル・ツェペシ アシェラ・ツェペシ レスト・カー キ・ルク

pixivに投稿された作品 pixivで「シカ・マドゥ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 892

コメント