ピクシブ百科事典

アシェラ・ツェペシ

あしぇらつぇぺし

アシェラ・ツェペシとは、「終わりのセラフ」に登場するキャラクターである。

概要

クルル・ツェペシの実兄。
古代ギリシャ暗黒時代の貴族家出身。太陽を見ることが好きだった。

当時、貴族に恨みを持った平民達に母親を殺された後、子供だったアシェラとクルルは別々の奴隷商人に売り飛ばされた事で生き別れる。その後、貴族シガマドゥに買われ、彼とユウに出会う。
シガマドゥに呼ばれた夜、シガマドゥの意図で「」が覚醒し、暴走したユウに心臓を貫かれ、さらにその状態で上空まで連れられた所を追ってきたシガマドゥがユウの首を切断した事で二人して落下。本来ならば死亡するはずが、ユウの襲撃を受けた際に服用したユウの血が適合した事で生き延びる。その後シガマドゥからユウの血を与えられた事で、ウルド・ギールス及びリーグ・スタフォードに続く「上位の存在になることを許された三人目の仲間」となるが、『ミカエラ』にはなれなかった。

後に、未来の為とクルルを置いて真祖と共に失踪し、経緯は不明だが鬼となった後《阿朱羅丸》と名乗る。

関連タグ

終わりのセラフ 阿朱羅丸 クルル・ツェペシ シガマドゥ ユウ

関連記事

親記事

阿朱羅丸 あしゅらまる

pixivに投稿された作品 pixivで「アシェラ・ツェペシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19978

コメント