2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

数千年前の古代ギリシャ暗黒時代にシガマドゥと共に行動をしていた、百夜優一郎に瓜二つの少年。
その身には《終わりのセラフ》に似た力を宿しており、その血には服用した適合者を吸血鬼化させる効果があり、吸血鬼化したアシェラ・ツェペシの実質的な「親」。

その存在はウルド・ギールスリーグ・スタフォードが完全な吸血鬼となる前から確認されている。アシェラとは、彼が奴隷として売られていた所をシガマドゥが買い取った事で知り合う。自分に関する過去の記憶が一切なく、奴隷という言葉さえ知らなかった。

シガマドゥの意図で暴走した際にアシェラの心臓を貫いた後、シガマドゥに首を切断され、経緯や過程は不明だが首が繋がった状態となる。

関連タグ

終わりのセラフ シガマドゥ アシェラ・ツェペシ 百夜優一郎



























ネタバレ注意!!



















アシェラが出会った小学生くらいのユウとは別にアシェラ、クルル、ノ夜が3人で暮していたころに幼稚園児くらいの幼い姿のユウが登場しているがある秘密を守るためにノ夜に殺害されている。その際にノ夜が「ユウはいくらでも産まれる」と発言していることから正体は人造人間と思われるが詳細は不明。

関連記事

親記事

終わりのセラフ おわりのせらふ

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました