ピクシブ百科事典

百夜教

ひゃくやきょう

「百夜教」とは、『終わりのセラフ』に登場する呪術組織。
目次[非表示]

概要

吸血鬼第二位始祖リーグ・スタフォードが、真祖がつくった『柊家』率いる帝ノ鬼に対抗するためにつくった呪術組織。かつては柊家と一位二位を争う程の力を有し、国家の暗部を支えていると言われていた。

多くの政治家が援助を受けており、一般人に知られる事はないが、日本の国を影から支配していると言ってもいい程に強大で、呪術組織として規模が大きい柊家とは、時の権力者が替わる度にどちらが後ろ盾となるかで小競り合いを繰り広げてきたが、第二次世界大戦後からは、アメリカのバックアップを受けた事によって、日本の基幹呪術組織の座を担っていた。
力と権力を手に入れるためには「殺し」「誘拐」「戦争」「人体実験」と、手段を選ばず、特に運営している百夜孤児院での子供の扱いが酷いという話は有名で、特殊な才能を持った子供達を孤児院に集めるためにその親を殺し、実験を繰り返しているという噂がある。
また、親に売られた子供に対しては、その親に多額の金を渡し、実験体にしている。

力への欲望が際限なく、百夜優一郎が母親の焼身自殺に巻き込まれそうになった現場をテレビで生中継され、その中で優一郎を回収しに現れた斉藤がテレビに映っていたにも関わらず、優一郎が実験体として最も優秀であった為に処分せず、優一郎の過去の記憶を「余計な記憶」として幾度となく消している。
真昼からは利害が一致すれば強大だが、敵に回れば厄介だと評されている。

終わりのセラフをはじめ、『ヨハネの四騎士』『鬼呪装備といった、禁忌と呼ばれる実験を行い、鬼呪装備の実験体である柊真昼と手を組み、情報を提供。柊家の情報とをハイブリットした事により鬼呪装備は未完成ながらも実用可能となる。後に柊家と同盟を組むも、帝ノ鬼は真昼を追っていた一瀬グレンが持ち帰った《アシュラマル》により鬼呪装備の情報を得るが、百夜教にその情報は提供されなかった。

世界崩壊前、百夜教が《終わりのセラフ》を使って世界を崩壊させるという情報を掴んだ帝ノ鬼と、上位始祖から命を受けたクルル・ツェペシ率いる吸血鬼により、実験体の子供達を含め壊滅されるが、秘密裏に存在し、8年後には人間と吸血鬼で構成されている。


百夜孤児院

百夜教が運営する、日本に数多くある孤児院。
百夜教構成員は孤児院を「実験場」、孤児院にいる子供達を「実験体」と呼んでいる。
渋谷の孤児院にいた子供達は親に捨てられた事で連れて来られた。実験に関しては何も知らない。
世界崩壊前、帝ノ鬼と吸血鬼によって殲滅されたが、唯一百夜ミカエラのいた孤児院だけは、襲撃から少し前の日に場所を移動した事と、柊家に偽の報告が上がった事により生き残るも、世界崩壊直後吸血鬼達により地下都市に連れて行かれる。
本来なら《終わりのセラフ》の因子を持つ子供である為殺されるばずだったが、《終わりのセラフ》の力を必要としているクルル・ツェペシの計らいによって吸血鬼達の目を逃れてきた。
しかし、四年後フェリド・バートリーによって百夜優一郎百夜ミカエラを残して全員殺害された事により、現在「百夜」の姓を持つ者は優一郎とミカエラのみ。


関係者

構成員

リーグ・スタフォード / 斉藤

吸血鬼第二位始祖であり、百夜教の創始者。
世界崩壊前は百夜教暗殺者「斉藤」として柊真昼とよく行動を共にしていた。呪詛を練り込ませている。

孤児院の院長

百夜優一郎百夜ミカエラがいた百夜孤児院の院長。
子供達を使って実験をする一方、子供達を心から愛しており、斉藤からも一目置かれていた。ウイルスにより子供達の前で死亡する。

ケーク・サノリアム

吸血鬼第五位始祖。世界崩壊直後リーグを主とし、行動している。

バステア・イルクル

吸血鬼第六位始祖。表向きは死んだ事になっており、リーグを主とし、行動している。真祖が目を覚ました事を感知したリーグの指示で帝鬼軍の本部を襲撃。

百夜教兵

黒鬼・次元槍を持つ人間。
真祖が目を覚ました事を感知したリーグの指示で帝鬼軍本部から《悪魔》と『アシェラ・ツェペシ』を回収した後、本格的に本部を襲撃する。

実験体

百夜優一郎

終わりのセラフ》の最優秀実験体。旧姓は「天音」。
母親に殺されかけ、その母親が焼身自殺した事により、記憶を消された後、斉藤に連れて来られる。孤児院ではミカエラと共に最年長。第二ラッパをその身に宿す。

百夜ミカエラ

《終わりのセラフ》の非常に優秀な実験体。日本人の母親とロシア人の父親を持つハーフで、旧姓は「進藤」。
虐待を受け、母親により車から投げ落とされ、直後両親が車と接触した事に死亡し、斉藤に孤児院へ連れて来られる。孤児院では優一郎と共に最年長。

百夜茜

優一郎とミカエラの一つ下の少女。旧姓は「飯田」。
フェリド・バートリーに殺されるが、その遺体はフェリドによって保管されている。

百夜千尋

眼鏡をかけた少女。フェリドに殺害されるが、その遺体はフェリドによって保管されている。

百夜香太

優一郎を「優兄」、ミカエラを「ミカ兄」と呼ぶ少年。フェリドに殺害されるが、その遺体はフェリドによって保管されている。

百夜亜子

優一郎を「優兄」、ミカエラを「ミカ兄」と呼ぶ少女。フェリドに殺害されるが、その遺体はフェリドによって保管されている。

百夜文絵

優一郎を「優兄」、ミカエラ「ミカ兄」と呼ぶ少女。フェリドに殺害されるが、その遺体はフェリドによって保管されている。

百夜太一

優一郎を「優兄」、ミカエラを「ミカ兄」と呼ぶ、最年少の少年。フェリドに殺害されるが、その遺体はフェリドによって保管されている。

百夜淳二

世界崩壊前、柊真昼が百夜教から譲り受けた少年。旧姓は「灰山」。
ミカエラにとても懐いており、彼と他の子供達の見送りのもと真昼に着いて行くが、移動中吸血鬼達に真昼共々拐われる。

百夜勇気

孤児院に飾っていた作品の中から見つかった名前。旧姓「遠藤」。

君月士方

君月未来の実兄。《終わりのセラフ》の実験体。一瀬グレン柊真昼に渡された研究書の中から見つかった名前。

君月未来

君月士方の実妹。《終わりのセラフ》の実験体。一瀬グレンが柊真昼に渡された研究書の中から見つかった名前。第五ラッパをその身に宿す。

早乙女巴

早乙女与一の実姉。《終わりのセラフ》の実験体。一瀬グレンが柊真昼に渡された研究書の中から見つかった名前。

早乙女与一

早乙女巴の実弟。《終わりのセラフ》の実験体。一瀬グレンが柊真昼に渡された研究書の中から見つかった名前。

少年

《終わりのセラフ》の実験体。素性は不明。第六ラッパをその身に宿す。


関連タグ

終わりのセラフ 日本帝鬼軍 鬼呪装備 リーグ・スタフォード 百夜優一郎 百夜ミカエラ 終わりのセラフ

関連記事

親記事

終わりのセラフ おわりのせらふ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「百夜教」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88

コメント