ピクシブ百科事典

柊家(終わりのセラフ)

ひいらぎけ

「柊家」とは、終わりのセラフに登場する家系である。
目次[非表示]

概要

『日本帝鬼軍』と、その前身であった呪術組織・『帝ノ鬼』の頂点に立つ家系。
1200年以上の歴史を持っており、神のような存在と崇められている。
分家に「一瀬家」、「二医家」、「三宮家」、「四神家」、「五士家」、「六道家」、「七海家」、「八卦家」、「九鬼家」、「十条家」がある。
柊天利を当主としていたが、後に柊暮人が当主となった。
しかし、当主となった者は四鎌童子に取り憑かれる運命になる。

構成

日本帝鬼軍 元帥であり、柊家の前当主。

日本帝鬼軍 中将であり、柊家の現当主。

柊家次期当主候補であり、現在の鬼呪装備を完成さた人物。

日本帝鬼軍 少将。

日本帝鬼軍 少将で、柊家の養子。

日本帝鬼軍 軍曹で、月鬼ノ組柊シノア隊分隊長。

真昼とシノアは同母姉妹だが、真昼(もしくはシノア)と暮人と征志郎は異母兄弟姉妹。

関連タグ

終わりのセラフ
柊天利 柊暮人 柊シノア 柊真昼 柊深夜 四鎌童子

コメント