ピクシブ百科事典

柊征志郎

ひいらぎせいしろう

終わりのセラフのキャラクター 柊征志郎

概要


CV:吉野裕行

日本鬼帝軍の少将


小説版において

渋谷第一高校の生徒
柊家らしく一瀬グレンを見下している。
柊家だが影が薄く物語の本軸にあまり関わらない。
なぜなら他が恋愛中毒者とか合理主義者とか優秀すぎる為。特に合理主義者に対しては対抗意識を燃やしている。
しかし決して無能では無く花依小百合を半殺しにできるほどの実力を持っている。
しかし、やはり小物で一瀬グレンに嘘を吹き込まれて暮人を百夜教のスパイと疑って立場を悪化させる。
その事に気付いて一瀬グレンに報復しようとするがちょうど父が処刑されたばかりで機嫌の悪かったグレンにコテンパンにされ、柊深夜に宥められる。


漫画版において

学生時代からの苦い思い出なのか一瀬グレンを嫌悪している。
やはり影が薄く、見せ場など無い。
父親の金魚の糞としか言えない。

関連タグ


終わりのセラフ
柊家
柊暮人
柊真昼
柊深夜
一瀬グレン

関連記事

親記事

日本帝鬼軍 にほんていきぐん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「柊征志郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24978

コメント