ピクシブ百科事典

三宮葵

さんぐうあおい

三宮葵とは、ジャンプSQで連載されている「終わりのセラフ」の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日2月14日(水瓶座)
血液型B型
年齢24歳
身長160cm
体重46kg
CV川澄綾子


概要

 柊家の子息である柊暮人の従者で、三宮三葉の姉。『帝ノ鬼』幹部の名門三宮家の子女。
 常に落ち着いた物腰で、あまり感情を出したりすることはないが、暮人を守り切れなかったときなどは悔し気な顔を浮かべたり、百夜優一郎の攻撃を受け止めたときは苦し気な顔をしていたりすることもある。
 主の暮人に対しとても従順で、そのためならば妹さえも人体実験の生贄に捧げると言っていた。

 三宮家の中ではずば抜けた才能を発揮しており、高校でもトップクラスの成績を修めている。それは妹の三葉にとっては大きなコンプレックスになっている模様。なお、姉妹仲は悪い様子(妹の声かけを無視するほど)。

 鬼呪装備は地字竜(荼枳尼)で、形状は日本刀。

活躍

小説版

 第二巻から登場。生徒会室を訪れた一瀬グレンらを出迎える。
 このころから暮人に従順であり、「柊家」ではなく「暮人」に仕えると発言する。それから、片足を狙撃で撃たれ吹き飛ばされたが、暮人の足枷とならないよう、声一つ上げず耐え続けた。

 このころの髪型はツインテール。

漫画版

 たいてい暮人の傍に控えており永らくセリフや見せ場はあまりなかったが、名古屋編で柊征志郎の部下を他の兵と共にあっさり切り殺すなど、実力を発揮する。
 それから、終盤では名古屋空港にて「終わりのセラフ」の実験を暮人の指示の元行った。

 その後、牢屋に閉じ込められていた柊深夜に暮人からの伝言とグレンの帰還を知らせに訪れる。そのとき三葉を「無能の軍から逃げた裏切り者」と評した。

関連タグ

終わりのセラフ 柊暮人 三宮三葉

pixivに投稿された作品 pixivで「三宮葵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4895

コメント