ピクシブ百科事典

クルル・ツェペシ

くるるつぇぺし

「クルル・ツェペシ」とは、『終わりのセラフ』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

プロフィール

地位第三位始祖/吸血鬼地下都市・サングィネム女王
年齢不明
誕生日10月27日
身長145cm(推定)
体重不明
血液型AB型
好きな食べ物
CV悠木碧


概要

日本・京都府にある吸血鬼地下都市・サングィネムを統治する吸血鬼 第三位始祖の女王。
始祖の拘束具と噂されている、一つ目のコウモリ・「アルカーヌ」をそばに置いている。
幼女の姿をしており、ツーサイドアップにした薄ピンク色の髪と赤いツリ目が特徴の美少女。

小柄で華奢な体躯に反して高い戦闘力を誇り、第七位始祖のフェリド・バートリーを軽く圧倒する。彼女を本気で怒らせれば例え吸血鬼の貴族であろうと生きていられないと言われるほど。
正確な年齢は不明だが、1000年以上生きており、200年ほど歳の離れた、ヨーロッパを統治している同位のレスト・カーとは権力争いをしているため折り合いが悪い。
世界崩壊前、実兄の居場所を知っているという柊真昼に世界が崩壊することを聞かされ、その際彼女と取り引きをし、彼女を吸血鬼化させた。
禁忌と知りながらも、「終わりのセラフ」を必要としており、八年前その因子を持った百夜孤児院子供を表向きでは抹殺したと報告し、世界崩壊の際、バレない様にするために他の子供達と同じ扱いをすることで、秘密裏に保護していた。

四年前、死にかけの百夜ミカエラに血を与えて吸血鬼に変え、ミカエラが人間の血を拒む四年間、自身の血を与え続けた為、彼からは信頼できると評価されている。
また彼女も、ミカエラと百夜優一郎のことを好きだと言っており、それを疑うミカエラに迷いなく信じなさいと言ったり、約1000年前に始祖と共に失踪した実兄の行方を探しているなど、「家族」としての情を向けている。

名古屋空港にて、終わりのセラフ同士による激闘後、フェリドにより「終わりのセラフの研究に携わった裏切り者」として扱われ失墜。
ミカエラに優を連れて逃げるよう言い、離脱させるも彼女自身は捕縛される。
帰還後、フェリドに吸血鬼上層部に裏切り者だと報告され、フェリドにより、大阪にある彼の館に幽閉される状態になる。
その際、元第二位始祖リーグ・スタフォードと約1000年振りに再会、さらにその後フェリドの計画の結果日本に来日した第二位始祖ウルド・ギールスがリーグの存在に気付き、フェリドの屋敷を襲撃とリーグとウルドの交戦の最中拘束から脱する。
しかし、リーグが去ったその後、フェリドと共にウルドとレストに捕らえられ、その際ミカエラと優一郎の姿を確認するも、ウルドから裏切り者とされ日光拷問にかけると宣言され、キ・ルクの担当の元で日光拷問を行われる。
その数日後、一瀬グレンと合流した優一郎らによる「終わりのセラフ」の力の使用の元、彼女とフェリドの救出作戦及びキ・ルク討伐が決行され、結果フェリドは拘束から逃れられ、彼女はキ・ルクと共にサングィネムへ向かった。
サングィネムにて、世界の色が変わった事を感じたウルドに、お前の計画かと尋ねられ、裏切り者であることを含めて否定。現在、人間がコントロールできる事によって禁忌ではなくなってしまった《終わりのセラフ》を未だ禁忌とするウルドに、何故真祖が作ったルールを守るのかを問う。その意見にキ・ルクが賛成し、吸血鬼も走り出してもいい頃だとウルドに進言。そのために彼女から何を隠し、抱え、どんな実験をしていたのかを聞く事をルクが提案。ウルドに協力するかを問われると、禁忌を破る度胸があるなら真祖が自分と兄に何をしたのかを話すと、協力意思を見せた。

過去

貴族家の出身で、1000年以上前に貴族家に恨みを持った庶民達により屋敷を焼き払われ、母を殺される。その際、子供であった彼女は実兄アシェラ・ツェペシと共に庶民達に拘束され、別々の奴隷商人に売られる。

関連イラスト

クルル ツェペシ
-クルル·ツェペシ-


クルル・ツェペシ
クルル



関連タグ

終わりのセラフ 吸血鬼 ロリババア 
百夜ミカエラ フェリド・バートリー 終わりのセラフ(実験名)

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クルル・ツェペシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7065127

コメント