ピクシブ百科事典

クルル・ツェペシ

くるるつぇぺし

「クルル・ツェペシ」とは、『終わりのセラフ』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

プロフィール

地位第三位始祖/吸血鬼地下都市・サングィネム女王
年齢不明
誕生日10月27日
身長145cm(推定)
体重不明
血液型AB型
好きな食べ物
CV悠木碧


概要

日本・京都府にある吸血鬼地下都市・サングィネムを統治する吸血鬼 第三位始祖の女王。アシェラ・ツェペシの実妹で、百夜ミカエラ柊真昼の「親」。元人間。

ツーサイドアップにした薄ピンク色の髪と赤いツリ目が特徴な、小柄で華奢な体躯の美少女だが、本気で怒らせれば例え吸血鬼の貴族であろうと生きていられないと言われ、第七位始祖のフェリド・バートリーを軽く圧倒するほどの高い戦闘力を誇いる。ヨーロッパを統治している同位のレスト・カーとは権力争いをしているため折り合いが悪い。

4年前、フェリドと戦い瀕死となったミカエラを吸血鬼として復活させた。ミカエラにとっては命の恩人であり、飼い主であり、親のような存在。
ミカエラを何よりも大切にしており、4年間彼に血を与え続けている。他の吸血鬼たちにまでわかるほど彼を贔屓しており、貴族会議への出席、貴族にしか与えられない武装まで彼に与えている。また優一郎のことも大切にしており、彼を「優」と呼び、ミカエラが優一郎を救うことにも協力的である。
何らかの目的のために上位始祖会に内密で「終わりのセラフ」の研究に手を出しており、百夜孤児院の孤児たちもそのために殺したと偽って密かに回収していた。

名古屋空港にて、終わりのセラフ同士による激闘後、フェリドにより「終わりのセラフの研究に携わった裏切り者」として扱われ失墜。ミカエラに優一郎を連れて逃げるよう言い、離脱させるも彼女自身は捕縛される。

帰還後、フェリドによって裏切り行為を吸血鬼上層部に告発され、大阪の館に拘束されるが、元第二位始祖リーグ・スタフォードと、日本に来日した第二位始祖ウルド・ギールスの戦闘の最中、リーグにより拘束から脱した後にフェリドとともに裏切り者として、キ・ルクを担当とした日光拷問を受ける事となる。その後、優一郎達によるクルルとフェリドの救出及びルクの討伐作戦が決行されたが、クルルの救出とルクの討伐は失敗に終わり、ルクによりサングィネムに移送される。

移送後、ウルド達に裏切り者であることを否定すると同時に、真祖の作ったルールに縛られた結果人間を制御できなくなった現状を指摘し、それに賛同したルクの進言・提案からウルドに協力を問われると、禁忌を破る度胸があるなら真祖が自分と兄に何をしたのかを話すと、協力意思を見せた。

過去

貴族家の出身で、1000年以上前に貴族家に恨みを持った庶民達により屋敷を焼き払われ、母を殺される。その際、子供であった彼女は実兄アシェラ・ツェペシと共に庶民達に拘束され、別々の奴隷商人に売られる。

関連イラスト

クルル ツェペシ
-クルル·ツェペシ-


クルル・ツェペシ
クルル



関連タグ

終わりのセラフ 吸血鬼 ロリババア 
百夜ミカエラ フェリド・バートリー 終わりのセラフ(実験名)

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クルル・ツェペシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9626487

コメント