2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

正式名は『処刑山 -デッド卐スノウ-』。2009年作、ヴァイキングの国ノルウェー映画。
ホラー映画だが、コメディ要素も強い。

あらすじ

冬休みを満喫するため冬山へ入った主人公マーティンを始めとする医学生の仲間たちが、山小屋の床下にナチスの隠し財宝を発見する。医学生たちはその財宝をいただくことにするが、実はその場所は殺されたヘルツォーク大佐率いるナチスの兵団が眠る場所で、凍土の中からナチスの兵団が冷凍ゾンビとして大量に復活。圧倒的なパワーと残虐性で、彼らを次々と血祭りに上げてしまう。

ゾンビ映画として

本作は一般的にイメージされるゾンビ映画とは一線を画している。
ゾンビ達は烏合の衆ではなく、ヘルツォークの指揮の元に任務を遂行する兵士として描かれ、また噛まれた者が感染して新たにゾンビ化するわけでもない(そもそも噛むよりも殴ったり武器を使ったりすることのほうが多い)。また、台詞は少ないが、言葉を発することも出来る。
自らもゾンビであるヘルツォークの特殊な力によってゾンビ達は蘇生させられ、彼に従っているため、ヘルツォークを倒さない限りは何度でも蘇る。
そのため、やみくもにゾンビを倒す作品ではなく、特に2作目においては、マーティンとヘルツォークの戦いが重要であり、彼らの視点が交互に入れ替わりながら物語が進行する。

関連動画



関連タグ

ゾンビ映画 第四帝国

関連記事

親記事

ゾンビ ぞんび

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 405916

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました