ピクシブ百科事典

アーマロイド・レディ

あーまろいどれでぃ

アーマロイド・レディは漫画「コブラ」及び派生作品の登場キャラクター。なお原作においてごく初期のみ「レディー」と伸ばして表記されている。
目次[非表示]

タグとはレディである事が多いが他との重複も多いので、「レディ アーマロイド」か「レディ コブラ」などとすると検索しやすい。

概要

声優は榊原良子が務める事が多いが、PCエンジン用ソフト「コブラ 黒竜王の伝説」「コブラII 伝説の男」では石川悦子が、プレイステーション用ソフト「コブラ・ザ・サイコガン」では藤田淑子が演じた。

コブラの相棒の女性型アーマロイド。強靱なボディと優れた知力の持ち主であり、その体はライブメタル(生命金属)という超合金から成っている。このライブメタルは古代火星人の遺した超技術により作られた金属である。

物語の開始当初、コブラは顔を変え記憶まで消し海賊としての自分を抹殺し、ただの薄給のサラリーマン“ジョンソン”として平穏な生活を手に入れていたが、その間、レディもまた自らを変な言葉遣いをするロボットメイド“ベン”に偽装し、その暮らしをからかいつつも見守っていた。
ちなみにその平穏な生活が終わるきっかけを作ったのが、日々の退屈さに喘ぐジョンソンへのベンの何気ない助言だったりする。
性格は沈着冷静で奥ゆかしいが、遊び心と茶目っ気もたっぷり持った大人の女性(レディ)である。コブラが他の女性達と付き合っても平然と受け流しているあたり、彼女も結構変わり者ではあるようだ。
(あるいは、それだけコブラとの間で培った『絆』に自信があるのかもしれないが。)

その過去

実は元は生身の人間であり、重症を負った後に生身の体を捨て、古代火星人が残した設計図を元にアーマロイド化したのである。
本名はエメラルダ=サンボーンという。滅ぼされたサンボーン王国の王女だったが、コブラと出会い彼の最大の理解者となった。
ちなみにアーマロイドになった後も3サイズ(上から88cm・60cm・89cm)は生身の頃のままらしい。悩ましい。
ちなみに劇中では何度か生身の体に戻れるチャンスがあったのだが、その道には見向きもしなかった。
コブラ、わたし達が帰るのは過去じゃないわ。未来よ

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「アーマロイド・レディ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43877

コメント