ピクシブ百科事典

アンナチュラル

あんなちゅらる

TBS系列金曜ドラマ枠で2018年1月12日から3月16日まで放送された法医学ミステリードラマ。主演は石原さとみ
目次[非表示]

ストーリー

不自然(Unnatural Death)の8割近くが解剖されないまま適当に死因が付けられ処理されている、先進国の中で最低の水準という日本の状況を改善するため設立された、架空の研究機関(公益財団法人)不自然死究明研究所(Unnatural Death Investigation Laboratory)=UDIラボが舞台となっている。ここに所属している法医解剖三澄ミコトを中心に、ベテラン法医解剖医の中堂系、三澄班の臨床検査技師東海林夕子、三澄班の記録員久部六郎、所長の神倉保夫らが協力しあいながら、様々な『死』と向き合い、その裏にある謎や事件を解明していく。

やがて判明する26人もの女性を手に掛けた連続殺人犯は、殺人の証拠が存在しないことを盾に罪を逃れようとするが、UDIラボの面々は組織存続を賭けてそれを追求し、最終的に勝利を収める。
危機を脱したUDIラボは、大切な人を亡くしながらその後も生きる人々の未来のため、
この世の「不条理な死」と戦い続けてゆく。

登場人物

UDIラボ

Unnatural 三澄先生


法医解剖医で三澄班(メンバーは他に東海林、久部)の執刀医。解剖実績は1500件程。24年前に起きた一家無理心中事件の生き残りであり、三澄家に引き取られたという過去を持つ。その為、人の「生の権利」が脅かされることに猛烈に反発する。以前は医大の法医学教室で准教授として勤務していた。

東海林さん


三澄班の臨床検査技師。ミコトとは監察医務院時代から面識があり、気の合う同僚。
合コンを「異性間交流会」に言い換えてミコトを誘っては連れ出そうとする。他にもバイトの六郎をヘッポコ呼ばわりやミコト関係でからかって面白がったり、上司の神倉に「天下り」と冗談混じりでイジったりと砕けた性格をしている。

【アンナチュラル】


法医解剖医で中堂班(他のメンバーは坂本のみ)の執刀医。解剖実績は3000件程。態度も口も悪いため、チームを組む臨床検査技師が次々と辞めてしまい記録員もいない。
8年前に絵本作家だった恋人の糀谷夕希子を他殺で喪った上にその遺体を自らの手で解剖したことが原因で、未解決のままの事件の犯人を密かに追っている。「口の中に赤い金魚がある遺体」がその手掛かりのようだが・・・。

ろくちゃん


三澄班の新人記録員。医大生であり、バイト。本人は臨床医志望であり、法医学に対しては「死んだ人を専門にするものであり人を救うものではない」と思っていた。しかし、ミコト達と一緒に仕事をしていく内に法医学の真の意味を知ることになる。
「医者でなければ人間ではない」という両親の意向で三浪の末に三流医学部に入学したが休学しており、UDIラボと週刊誌「週刊ジャーナル」のアルバイトを掛け持ちしている。編集者の意向でUDIで得た情報や写真を裏で週刊誌に流しているが、良心の呵責も同時に感じている。
最終的には休学中だった大学に再び通い始め、法医解剖医を目指す旨を宣言した上で、
改めてアルバイトとしてUDIラボの三澄班に加わることに。

市川実日子関連詰め5


※中央
所長。公益財団法人であるUDIラボは、財政を警察庁厚労省からの補助金で何とか成り立っているため、常に潰れる危機感を持っている…が、自由奔放で個性的なメンバーにはほとんど伝わらず好き勝手されてしまっている。さらに、彼には医学的な知識は全く無いので普段は所長というよりも雑用係である。以前は厚生労働省医政局に勤務しており、震災の身元不明遺体調査を経験。歯科カルテの全国的な統一データベース化に尽力していた。

家族関係

ミコトの養母。ミコトの実父の妹で、事件後引き取ってからは実の家族同様に育ててきた。弁護士であり、坂の下法律事務所に勤務している。

ミコトの現在の(血縁上は従姉弟)。予備校の講師をしている。

その他

中堂班の臨床検査技師。中堂の暴言に怯えながら働いていたが第3話で辞職し、明邦大学病院に転職。以降は医療器具の貸し出し、人員が足りない際のUDIへのヘルプなどで登場している。
ムーミンシリーズのキャラクターが大好きで、その関連グッズを多数所持しており、
特にムーミンのツボ押しグッズを愛用。
終盤ではUDIラボ中堂班の臨床検査技師に復帰し、中堂のことは「スナフキンと思えば愛せる」と公言している。

「フォレスト葬儀社」の社員である葬儀屋。サングラス付きメガネを装着している。
主に遺体をUDIラボに運ぶ役目を担っているが、
常に微笑んでいる為、何を考えているのか分からない謎多き人物。
中堂とは「赤い金魚」のことで協力関係を結んでその度に大金を貰っている。

捜査一課の刑事。主にUDIラボに遺体の検査を依頼してくる。
他殺や事件性が出ることを嫌がる節があるが、捜査となれば便箋を図ってくれる。

週間ジャーナルの編集者であり、六郎をUDIラボに送り込んだ張本人。

週間ジャーナルに記事を持ち込むフリーの記者。
末次を介して六郎と接触するが、糀谷夕希子の死について鍵を握っている節がある。

主題歌

米津玄師Lemon』(ソニー・ミュージックレコーズ)


各話予告編

第一話『名前のない毒』※番宣


第二話『死にたがりの手紙』


第三話『予定外の証人』


第四話『誰がために働く』


第五話『死の報復』


第六話『友達じゃない』


第七話『殺人遊戯』


第八話『遥かなる我が家』


第九話『敵の姿』


第十話『旅の終わり』


スタッフ

脚本野木亜紀子
音楽得田真裕
法医学監修上村公一,鵜沼香奈(東京医科歯科大学)
感染医学監修髙山陽子(北里大学)
警察監修石坂隆昌
プロデュース新井順子(ドリマックス),植田博樹(TBS)
演出塚原あゆ子,竹村謙太郎,村尾嘉昭(ドリマックス)
製作ドリマックス,TBS

外部リンク

本作品公式サイト

TBS公式サイト
公式twitter
公式LINE

ドリマックス・テレビジョンによる作品紹介

余談

重厚かつ軽快なストーリーが話題を呼び、「ギャラクシー賞3月度月間賞」を受賞した。
選評では「脚本、演出、演技ともに素晴らしく、間違いなく人々の記憶に残るドラマとなった。不自然な死と向き合うことを通して、痛みを抱えながら生きることへの希望が描かれ、心に深く響いた。ドラマの面白さを知り尽くした脚本家と演出家が生み出した傑作」などの声が上がった。
視聴者からは「おめでとうございます!」という祝福の声や、
「シーズン2も見たいです」「スペシャルからのpart2を楽しみにしてます!」といった続編を期待するコメントも多数寄せられている。

関連タグ

TBS テレビドラマ 

pixivに投稿された作品 pixivで「アンナチュラル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1796572

コメント