ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

誘導編集

もしかして→男子力(ヒロイン)


ほぼ同義として使われることが多い。タグ・ジャンルの棲み分けとしては、「男子力(ヒロイン)」が属性を表す語であるのに対して、「男性ヒロイン」は、そのような属性を持つキャラクターを指す事が多い。


注意編集

pixivにおいて、BL含むカップリングものの表現として本タグや男子力(ヒロイン)等を用いる場合、CPタグの併用や注意喚起のページを設けるなどして棲み分けるのが推奨される。



概要編集

マンガやアニメ等フィクション作品で、作中でヒロインのような役回りをしている、また読者・視聴者からそのように評価されている男性キャラクターのことを指す。


ここで言う「ヒロイン」とは、「ヒーローの女性版」という意味ではなく、恋愛対象や文字通りの女房役といった形で(男性)主人公に対応する、もしくは物理的に近い立場にある女性キャラクター、特に物語において中心的な存在の女性キャラクターのことを指すが、近年一部男性キャラクターもネタ込みでヒロインと呼ばれる、ないしはそういった扱いを特定のファンにされることが増えてきている


何が「ヒロイン」の要素となるのかは個人の主観によるところが大きいが、例えば

  • どんなときも主人公に寄り添っている
  • 家事が得意、面倒見が良いなど女子力が高い
  • 容姿や立ち振舞いが中性的
  • 敵に攫われる・襲われるなどピンチにさらされる機会が多いヒロピン
  • 普段はクールだが主人公にだけはデレを見せる

…などいった部分から「ヒロインらしさ」を見出す人が多いようである。


主に主人公との関係が深い相棒や、ライバル役となるキャラクターに対して使われる。

中には作品の本来のヒロインに対応する「ヒロインの男版的存在」という意味で、男性主人公やそれに準ずるキャラクターが呼ばれることがある(例えば、主人公はヒロインに圧されたりサポートに回ったりする役まわりである、ヒロインはいわゆる女子力が低いタイプだが主人公はその逆など)。


また、女性主人公作品における「ヒロイン」に相当する存在(主人公の相手役となる異性)を明確に表す表現は現状なく、そのようなキャラを表す目的で「男性ヒロイン」が便宜上使われる場合もある。

同性カップルの間で恋愛におけるポジションが分かれるBLや、一部TLなど女性が攻め役となる作品で、受け(≒女役)に回る男性を「ヒロイン」と見なすこともできるが、攻め/受けはあくまで恋愛や行為におけるポジションを表す言葉であり、対してヒーロー/ヒロインは物語そのものの役回りという意味が強い言葉のため、同義とは言い難い。「恋愛では男役・攻め側だが、物語的な立場はヒロイン」は男女とも成立しうるのである。


二次創作におけるBL腐向けな話題、また男性向けでも男の娘ショタなどのジャンルに関連して使われることがあるが、ネタ扱いや役回りの喩えとしてBL的観点とは無関係に使われることもまた多い


ヒロイン扱いされる男性キャラクター達編集

(随時加筆お願いします)


※1 一部媒体では女装を披露したこともある

※2演者映画舞台挨拶で挨拶のネタにし本当のヒロイン演者にツッコまれている

※3 実際は機械生命体なので性別は不明。

関連タグ編集

ヒロイン 男子力(ヒロイン) 男性 キャラクター 男性キャラクター 男の娘 女房役

女性ヒーローヒーローガール:対となる存在

2号ライダー:上記のように2017年の『ビルド』辺りからヒロイン扱いされがちであった。

関連記事

親記事

男子力(ヒロイン) だんしりょくひろいん

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 341

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました