ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

文字通り「ヒロイン」に該当するような女子キャラクターがいない作品のこと。

おおむね、レギュラー準レギュラー男子キャラクター中心の場合と、主要キャラクターの中に女子キャラクターはいるが、ヒロイン扱いはされない場合(特に、味方側に戦闘要員や恋愛対象など主要な立場の女子キャラクターがいない場合)に分けられる。後者の例としては、主人公の母親(祖母)といった恋愛感情対象外であったり、女子キャラクター自身が既婚者であったり、といったものが挙げられる。


「ヒロイン不在」という言葉自体は新しいが、それに該当するような作品は古くから存在する。


公式にメインヒロイン自体は存在するが、ストーリー上の立ち位置や人気などでヒロインとしての扱いが悪い場合は「メインヒロイン(笑)」、設定が杜撰であったり、性格や言動に問題があって正統派なヒロインとは呼びにくい場合は「ヒドイン」と呼ばれる。これらのヒロインが存在する作品はファンから「ヒロイン不在」に近い扱いを受けることがある。


ヒーロー不在とは対な概念であると言われることもあるが、あちらが要約すると「メインキャラクターが女子だらけ」なのに対し、こちらは「ヒロインという役割を遂行するキャラクターがほぼ居ない(メインキャラクターに女子が居るが、主人公の親だったり既婚者だったりしてヒロインたりえない、男ばかりのバトルが長続きしてヒロインなどが出る日常の影が薄く、似た属性の男性キャラクターの出番すら危うい、といった状況も含む)」であり、純粋な対義語とは言い難い。


メディア化に至っては、原作ではヒロイン不在の作品でも、オリジナルキャラクターのヒロインが登場したり、原作では男性キャラクターなのが女子キャラクターに変更されてヒロイン扱いされたりしている傾向がある。


大きく分けて二つのパターンがあり、一つは作者が、絶望的に女性を描くのが苦手な場合(カメレオンなど)、もう一つはターゲットを女性に絞っているため、ヒロインが不要(最遊記文豪とアルケミストなど)の場合である。


またスポーツ漫画ではスポーツの局面を強調するためラブコメ要素を排した描写も少なくなく、そのような作品もヒロイン不在となりがちである。ヒロインは一切登場しない『キャプテン翼』や『名門!第三野球部』、『あした天気になあれ』は、その代表的な存在。また満田拓也の『健太やります!』では、恋愛対象として前田に近づこうとした渡瀬ひかるに対し、マネージャーの近森や主人公の井口が「そんなチームの和を乱す行為は許されない」と一刀両断している。ほかに『ハイキュー!!』や同作品に影響を受けた『All out!!』『送球ボーイズ』などもヒロインやサブヒロインは登場するが、主役級に絡んだ恋愛描写は一切ない。スポーツ漫画でもヒーロー不在ということもある。主人公を女子にして、かつ恋愛要素を排した場合である。『はねバド!』はその典型例といえる。


注意すべき点

BL

当たり前のことではあるが、BL・乙女ゲー等の「主人公の相手役が男性である必要がある」作品は含まれない。

主人公が異性愛者の男性という設定であり、意中な女子が出て来てもよさそうなものなのにどういうわけなのかその手の人物が登場しない(もしくは影がとても薄い)……といった感じの特殊な状況を指して「ヒロイン不在」と呼んでいるのであって、主人公≒ヒロイン≒相手役の中から本命の男性を選ぶプレイヤーである作品や、カップリングの受け役やファンサービス役が男性じゃないと成り立たない作品や、意中な女子など登場しないのが当たり前、むしろ登場させてしまったらファンからブーイングが飛ぶようなジャンルの作品に対して「ヒロイン不在」と呼ぶのはほとんど言いがかりである。

古い作品

概ね1970年代前半以前には、男が弱者としての女子を守る事はあっても、対等な関係になる事は軟派として避けられる風潮があった。このような作品では、男女子の関係より男どうしの友情に比重が置かれ、結果的にだがBL作品と似た構造になる事も多い。ヤンキー系やミリタリー系に顕著である。

作品一覧

・アルファベット→50音順。特記事項がある場合は※で示す。

・ヒロインという曖昧な概念と関係している用語であるためなのか、ヒロイン不在に該当するのかしないのかで意見が分かれてしまう作品も存在する。そういった作品については下記「要審議」に移動させる。

・上記「注意すべき点」に一度目を通そう。



随時追加お願いします。


要審議

上のリスト同様アルファベット→50音順。

ヒロインに相当する(あるいは、そう扱われそうな立ち位置の)キャラクターはいるが、作中での描写やファンの評価から「ヒロイン不在」にあたる要素がある作品や、シリーズ展開の過程でヒロインが追加になった作品などついてはこちらにまとめる。

審議についてはコメント欄でお願いします。



途中からヒロインの出番が少なくなる作品

ヤンキー漫画や格闘バトル系漫画、スポーツ漫画でよく起こる。

  • MAJORおよびMAJOR2nd初代セカンドのヒロイン両名とも、小学生編では特に女子であることを強調しているというわけではないが、中学生編以降は部分的にヒロイン不在に近い。
  • TOUGH ※高校鉄拳伝タフの続編。前半ではシリーズ初となる明確なヒロインが登場したが、途中で唐突にいなくなりそれ以降存在すら語られなくなる(通称猿空間送り。一応その後本筋とは無関係なコラボ短編には登場している)。なお、さらなる続編に当たる「龍を継ぐ男」でも明確にヒロインが存在するが、長期間出番がないこともあり、現状は様子見。
  • テニスの王子様 / 新テニスの王子様 ※「レギュラーや準レギュラーが男キャラクター中心の場合」で、ファンの間ではヒロイン不在という意見で一致しがちだが、公式でメインヒロイン扱いのキャラはちゃんと存在する。ただし、出番は作品が進むごとにどんどん少なくなっており、グッズ展開なども決して充実しているわけではない。続編にて本格的な女子テニスプレイヤーが登場している。
  • 東京卍リベンジャーズ ※「レギュラーや準レギュラーが男キャラクター中心の場合」に該当するが、達はちゃんと存在する。ただし、当初のヒロインである橘日向は終盤では救う対象が別人物になる上、瓦城千咒の登場により影が薄くなる。柴柚葉は聖夜決戦編位しか出番がなく、佐野エマは最終的に死亡する。
  • はじめの一歩※「レギュラーや準レギュラーが男キャラクター中心の場合」に該当し、ヒロインがいるのだが、出番は作品が進むたびに少なくなっていく。
  • 刃牙シリーズ ​※「レギュラーや準レギュラーが男キャラクター中心の場合」に該当し、ヒロインはいるものの、シリーズが進むにつれて出番が少なくなっていく。
  • マジンボーン ※メインヒロインはいるのだがあまり絡まない。

ヒロイン不在から脱却した作品


関連タグ

メインヒロイン(笑) ヒドイン ホモソーシャル スポ根 硬派

BLゲーム 男子力 男子力(ヒロイン)


ヒーロー不在:対義語。


DMM.com:対義語のヒーロー不在にも作品(ブラウザゲーム)があり、両極端の作品が多い傾向がある。

カプコンSNKコナミ80年代は殆どヒロイン不在作品が多かったゲームメーカー

データイースト:作品のほとんどにヒロイン不在が多いゲームメーカー。ただし、例外もある。


本宮ひろ志宮下あきら木多康昭福本伸行小沢さとる車田正美:これらの人達の作品は女子キャラクターはいてもヒロインというには出番も見せ場も少なすぎることが多い

また女子キャラクターが全く出てこない作品もある


NUMAnimation:ヒロイン不在のスポーツアニメ作品に定評のあるアニメ枠。(ただし

関連記事

親記事

ヒロイン ひろいん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 281515

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました