ピクシブ百科事典

涼宮ハルヒの消失

すずみやはるひのしょうしつ

「涼宮ハルヒの消失」とは、涼宮ハルヒシリーズの長編作品の一つ。 「消失」と縮めて呼ばれる事が多い。
目次[非表示]

登場人物や用語については涼宮ハルヒの憂鬱を参照。

概要

原作のライトノベルでは第4巻。2004年8月1日初版発行。
時系列では12月18日~12月25日、アニメオリジナルの「サムデイ・イン・ザ・レイン」と原作の「ヒトメボレLOVER」の間のストーリーになる。

12月18日、キョンが朝登校するとハルヒがいない。不思議に思ったキョンの目の前に信じられない人物が現れる。その人物とは半年以上前に消えたはずの朝倉涼子、さらに追い討ちをかけるかのようにキョンに驚愕の事実が告げられる。
涼宮ハルヒ?そんな人このクラスにはいないよ」

映画化に際して

原作で1番人気のエピソードであったため、2006年の放送終了以来、テレビアニメか映画化などなんらかのメディアで制作されると予想されていた『涼宮ハルヒの消失』が映画として2010年2月6日に全国公開された。

改めて放送された涼宮ハルヒの憂鬱(新アニメーション)でエンドレスエイトを8回繰り返すなどして、TVではやらず映画で消失はやるのか、ハルヒは終わった、でも観てみたい…などとファンの間でも意見が分かれており、賛否両論である。元々放送当時から、消失はTVアニメ派、劇場版派で争いが出来ていたが、エンドレスエイトの影響により冷めた意見もある。

また、消失単体での公開と言う事で、「TVアニメを見ていない人に話の内容が理解出来るのか」との指摘もある。

大きな変化(ネタバレ注意)




長門
シリーズ初期と同様に眼鏡を着用。表情は豊かになり、「ただの人間の女の子」になっている。

涼宮ハルヒの消失



ハルヒ(光陽園ハルヒ)&古泉
北高生では無く、光陽園学院在籍となっており、制服も異なっている。

ポスター用原画
あの横断歩道



改変後の世界



派生作品

長門有希ちゃんの消失

  • この作品を原作として、本来の『涼宮ハルヒ』世界とは異なったストーリーを描く、連続話形式のラブ&ギャグコメディ作品。

関連動画



関連タグ

消失 涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒシリーズ SOS団 長門 消失長門 光陽園ハルヒ

外部リンク

公式サイト
涼宮ハルヒの消失 - Wikipedia

他の記事言語

The Disappearance of Haruhi Suzumiya

pixivに投稿された作品 pixivで「涼宮ハルヒの消失」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6273731

コメント