ピクシブ百科事典

涼宮ハルヒの消失

すずみやはるひのしょうしつ

「涼宮ハルヒの消失」とは、涼宮ハルヒシリーズの長編作品の一つ。 「消失」と縮めて呼ばれる事が多い。
目次[非表示]

登場人物や用語については涼宮ハルヒの憂鬱を参照。
京都アニメーションにより2010年映画化、2021年1月3日12:00よりBS11で放送される。

概要

原作のライトノベルでは第4巻。2004年8月1日初版発行。
時系列では12月18日~12月25日、アニメオリジナルの「サムデイ・イン・ザ・レイン」と原作の「ヒトメボレLOVER」の間のストーリーになる。

12月18日、キョンが朝登校するとハルヒがいない。
不思議に思ったキョンの目の前に信じられない人物が現れる。その人物とは半年以上前に消えたはずの朝倉涼子、さらに追い討ちをかけるかのようにキョンに驚愕の事実が告げられる。
涼宮ハルヒ?そんな人このクラスにはいないよ」

映画化に際して

原作で1番人気のエピソードであったため、2006年の放送終了以来、テレビアニメか映画化などなんらかのメディアで制作されると予想されていた『涼宮ハルヒの消失』が映画として2010年2月6日に全国公開された。

改めて放送された涼宮ハルヒの憂鬱(新アニメーション)でエンドレスエイトを8回繰り返すなどして、TVではやらず映画で消失はやるのか、ハルヒは終わった、でも観てみたい…などとファンの間でも意見が分かれており、賛否両論である。元々放送当時から、消失はTVアニメ派、劇場版派で争いが出来ていたが、エンドレスエイトの影響により冷めた意見もある。

また、消失単体での公開と言う事で、「TVアニメを見ていない人に話の内容が理解出来るのか」との指摘もある。

スタッフ

企画安田猛、嵐智史、八田陽子、酒匂暢彦、井上俊次
原作・脚本協力谷川流
原作イラスト・キャラクター原案いとうのいぢ
総監督石原立也
監督武本康弘
脚本志茂文彦
絵コンテ石原立也、武本康弘、高雄統子
演出北之原孝将、米田光良、坂本一也、高雄統子、山田尚子、内海紘子
レイアウト監修木上益治
キャラクターデザイン・超総作画監督池田晶子
総作画監督西屋太志
作画監督植野千世子、秋竹斉一、池田和美、高橋真梨子、門脇未来、堀口悠紀子、高橋博行
美術監督田村せいき
撮影監督中上竜太
設定高橋博行
色彩設計石田奈央美
編集重村建吾(スタジオごんぐ)
音響監督鶴岡陽太(楽音舎)
音響効果森川永子(ちゅらサウンド)
録音矢野さとし
音響制作担当杉山好美(楽音舎)
音響制作楽音舎
音楽神前暁、高田龍一、帆足圭吾、石濱翔、エリック・サティ
音楽プロデューサー斎藤滋(ランティス)
音楽制作ランティス
制作プロデューサー大橋永晴
プロデューサー伊藤敦、八田英明
アシスタントプロデューサー山口真由美
アニメーション制作京都アニメーション
配給・宣伝角川書店
製作SOS団(角川書店、角川映画、京都アニメーション、クロックワークス、ランティス)



大きな変化(ネタバレ注意)




長門
シリーズ初期と同様に眼鏡を着用。表情は豊かになり、「ただの人間の女の子」になっている。

涼宮ハルヒの消失



ハルヒ(光陽園ハルヒ)&古泉
北高生では無く、光陽園学院在籍となっており、制服も異なっている。

ポスター用原画
あの横断歩道



改変後の世界






派生作品

長門有希ちゃんの消失

  • この作品を原作として、本来の『涼宮ハルヒ』世界とは異なったストーリーを描く、連続話形式のラブ&ギャグコメディ作品。全10巻。

関連動画



関連タグ

消失 涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒシリーズ SOS団 長門 消失長門 光陽園ハルヒ

外部リンク

公式サイト
涼宮ハルヒの消失 - Wikipedia

他の記事言語

The Disappearance of Haruhi Suzumiya

関連記事

親記事

涼宮ハルヒシリーズ すずみやはるひしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「涼宮ハルヒの消失」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7483073

コメント