ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:小野大輔


古泉』のみのタグが付いた作品も多い。


概要編集

SOS団の副団長。5月という中途半端な時期に転校してきたため、ハルヒ「謎の転校生」として勧誘されて入団した。


常に微笑み(キョン曰く「ニヤケ面」)を浮かべ、同級生にも丁寧語を使うイケメン。運動神経もよく秀才であり、理数系の特進クラスに所属している。アナログなゲームが好きらしく、よく部室に持ち込んではキョンと対戦するが、「わざと負けてるのでは?」と疑問を持たれる程弱い。また作中で唯一、キョンを本名で呼ぶ(毎回かき消されるが……)。


その正体は、お察しの通り超能力者である。第1巻『憂鬱』から3年前にハルヒの能力によって覚醒。同じように覚醒した超能力者の組織「機関」に所属しており、ハルヒ(及び「鍵」であるキョン)の監視・接待を行っている。「機関」の命令には忠実であり、基本的にはハルヒのイエスマン。そのためキョンと対立することもしばしばある。ハルヒに好意を持っているような節が作中で幾度か見られる(『消失』ではそれをキョンにカミングアウトしていた)。

能力編集

その能力とは、ハルヒのストレスや不満が原因で発生する「閉鎖空間」への侵入と内部で発生し破壊活動を行う「神人」に対して、赤い玉を纏って攻撃する能力である。また異空間においても使用可能(ただし能力が制限されており、赤玉を投げつけて攻撃する)。彼によるとこの能力を持った人間は世界全土でも10人程度で、全員が「機関」に所属する。

スピンオフにおける古泉一樹編集

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱編集

原作と立場は変わらないが、若干腹黒キャラになっており、面倒なことが降りかかりそうになるとその役回りをキョンや長門に押し付けてしれっと逃げることが多い。

単行本3巻までは、なぜか胸のボタンがはだけるサービスシーンが多かった。

それ以降は腹黒キャラがよりはっきりと現れるようになり、森さん(同作では古泉より下の立場)にコスプレをさせて恥ずかしがらせたり、原作では差し障り無いように扱うハルヒをキョンと無理やりデートさせて弄ったりしている。

その一方、結構な頻度で閉鎖空間を処理しているが、その活躍ぶりはあんまり描いてもらえない。なぜか戦隊もののリーダーとして5人組で神人に挑んだこともあったが、自爆になってしまい、何人か飛ばされたのに古泉だけが大怪我をした(骨にヒビが入っただけだが暫く寝込んだ)。ちなみに他の4人は正体不明。


キョンの初夢の中では、富士山のような山の形をした仮装に身を包んだ「富士泉」として登場する。ちなみに富士泉は富士山を模したものではないという。

富士泉は山だけあってそれなりに大きく、内部は住居のようになっていてそこに住んでいるらしい。


長門有希ちゃんの消失編集

基本的に「涼宮ハルヒの消失」に準ずる。ハルヒと同じ光陽園学院に通い、ハルヒの執事役になっている。ハルヒのことが好きだと公言しているが、彼女が興味を示しているキョンに対しても好意的に接する。アニメ版(特にラジオドラマ)ではキョンとのホモホモしい絡みが追加されていた。

出番はあまり多くなかったが、大学卒業後もハルヒと行動を共にし、彼女に告白したという後日談が語られている(返事は保留中)。


にょろーんちゅるやさん編集

超能力は使わないが、なぜか妙な拳法(古泉拳法)の使い手になっている。出番は少なめ。


関連イラスト編集

古泉古泉一樹


関連タグ編集

関連事項編集

涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒシリーズ 古泉一樹くんの陰謀

古泉 古泉一姫 一姫 射月 富士泉 

関連人物編集

キョン 涼宮ハルヒ 長門有希 朝比奈みくる 森園生 SOS団 機関(涼宮ハルヒの憂鬱)

関連カップリング編集

古みく 古長 長古 古ハル 古キョン キョン古



イツキ:名前が同じ超能力者。

シルバー・ザ・ヘッジホッグ:中の人が同じ超能力者。

関連記事

親記事

SOS団 えすおーえすだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9856984

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました