ピクシブ百科事典

ガメラ対大魔獣ジャイガー

がめらたいだいまじゅうじゃいがー

『ガメラ対大魔獣ジャイガー』とは、1970年に公開された特撮映画。
目次[非表示]

概要

宇宙が舞台だった前作から一転し、大阪万博やオカルト等より世相を反映した作品となっているが、万博が舞台になったのは後付けであり、完全に末期状態にあった大映にそこまで財力が無くゴジラシリーズとは違い万博とのタイアップは行われていない。

しかし湯浅憲明が社長に直談判して追加の予算を獲得し、ジャイガーに寄生されたガメラが倒れていた発電所付近のセットが出来た。

あらすじ

大阪万博の開催を間近に控えた日本。北山船舶修理工場の息子の弘は、万博広報部員の沢田圭介の案内で、万博会場を見学する。弘の父である良作も、万博会場で使われる遊覧用潜水艦制作に精を出していた。
会場にはムー大陸の一部と言われているウエスター島から運び込まれた「悪魔の笛」と呼ばれる彫像が展示される予定だったが、文化使節のギボーは「先祖の言い伝えがあるので発掘はやめてほしい」と反対する。圭介は考古学の知識を使った講演で説得を試みるも、ギボーは「ジャイガー」と言う謎の言葉を発するばかりだった。

ウエスター島では「悪魔の笛」の発掘輸送が行われようとしていたが、突然ガメラが出現し輸送を行おうとしていたヘリコプターを撃墜した。
発掘隊のウィリアム博士は子供であるトミーとスーザンの説得も無視して攻撃を行う。やがて悪魔の笛が完全に発掘されるとガメラは本格的に攻撃を開始した。

実は悪魔の笛の中には伝説の怪物ジャイガーが封印されていたのだった。

関連タグ

昭和ガメラ

ガメラ対深海怪獣ジグラ:次回作
ガメラ対大悪獣ギロン:前作

pixivに投稿された作品 pixivで「ガメラ対大魔獣ジャイガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27

コメント