ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

(CV:浅井清己

ロケット団のボス・サカキの秘書を務める。
DP最終話にて初登場。ギンガ団及びポケモンハンターJを自らの手で壊滅させた虚偽の報告をしたムコニャに対し、イッシュ地方潜入の任務を与え、それに伴いムサシたちをエリートに昇格させる。
それ以降、DPの前半まで登場したヤマトとコサブロウから役割を交代したみたいな形で、サカキと三人組のパイプ役となり、表の顔も含め多忙を極めるボスに代わり三人組に、その意向を伝えることもあった。

その後、イッシュ地方制圧計画「オペレーション・テンペスト」が多くの不確定要素から失敗に終わり、ムコニャのシリアス期が終了すると出番が減るも、秘書としての役目は続く。XYでも3話で姿のみ現し、107話ではムコニャからの通信をサカキに繋いだ。

SMでは3話で姿だけ、更に12話ではムコニャに対し、新たなポケモンの捕獲と定期的な活動報告を厳しく要求。62話では自ら勝手にやってきたアローラニャースを(当初ムコニャのそばにいたのを見ていたため)献上されたものと勘違いし珍しく上機嫌な顔を見せている(アローラニャースは自らカントーのロケット団の拠点へ渡ってマトリの補佐となった。)。
89話以降はアローラの異変を察知して自身の捕獲精鋭部隊「マトリ・マトリックス」を率いルナアーラ及びネクロズマ捕獲に赴く。
しかし、ネクロズマのウルトラオーラ吸収の影響は光学迷彩を施された高速移動挺でも通用せず腑抜け状態に陥る。指揮時は何時もの秘書服ではなく、通常の団員服を纏う。正気を取り戻した後は優秀な部下とウルトラホールの向こう側へ捕獲しに向かうものの、ザオボーとククイ博士に迎撃されただけでなく、カプ・コケコにも艇を小破された。
122話では以前「キテルグマをゲットした」と虚偽の報告をされたことに伴い、本部に提出するよう求める。
当然そんなことできないのだが、事情を知らないマトリは自らアローラ地方へ赴きキテルグマやロケット団が発見したポケモンたちの監視を行うことに。
その後深夜に「キテルグマをゲットすることができないならヌイコグマを進化させればいい」という提案でヌイコグマを連れ去ろうとするが、ムサシのある都合によってニャースが替え玉となってヌイコグマのゲット計画は中止に終わる。また、この時ニャースを連れ戻しに来たキテルグマに移動艇ごと撃墜され、辛うじて生存しながらもアローラニャースと共にキテルグマに恐怖心を植え付けられた。

新無印ではムサコジをハブき(その為だけに特別休暇を与えた)自身の精鋭によるシンオウ地方のリゾートエリア捕獲作戦を決行し、サトシを軽んじて配下達に苦しませるほどの乱暴なやり方を見せつけるが、自分達の出番が奪われると動揺するムサシの反感を買い、作戦はムサシ達の妨害で見事に失敗。撤退してからはサカキから怒られたらしくへとへとな表情をムサシ達に見せた。

「世界征服に必要な強いポケモンをいかなる状況でも厭わずにゲットしよう」という狂気を秘めながら、ゼーゲル博士などと違い、世代を跨いで登場しているキャラクターであり、BWからその存在がほぼ欠かせられない彼女だが、実は新無印24話までサトシと直接対決したことが無い

手持ちポケモン

アローラニャース
使用技:フェイント 10まんボルト
SM62話で偶然ムコニャが出会ったポケモン。
ハイスペックだがかなりずる賢い性格で、彼ら(特にニャース)を散々振り回した。
その際モニターで見たサカキを気に入ったためニャースの貯金をネコババしていつのまにかカントー地方へ渡り、ムコニャが気づいた時にはマトリの補佐というまさかの超出世を遂げている。
マトリ本人は非常に喜んでいたので結果オーライか。

関連タグ

ポケモン 秘書 吐き気を催す邪悪
ロケット団(アニポケ) サカキ ムコニャ

関連記事

親記事

ロケット団(アニポケ) あにぽけろけっとだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マトリ(ロケット団)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 174562

コメント