ピクシブ百科事典

目次[非表示]

注意

現在、特定のユーザーによってこじつけタグが関連タグに何度も追加される事例が続いております。
そのようなタグ追加は非推奨なのでご遠慮願います。

概要

CV:浅井清己

ロケット団のボス・サカキの秘書を務める女性団員で、世代を跨いで登場しているキャラクターである。

登場話
DP→191
BW→1、2、4、6、7、23、95、142話
XY→3、107話
SM→3、12、42、44、56、58、6273、74、76、87888990122、146話
新無印→247475、95話 

人物

冷淡かつ狡猾な性格の持ち主であり、サカキ以外の者(主にロケット団三人組)への言動からも、人を苛立たせる嫌味な面を覗かせる。
DPの前半まで登場したヤマトとコサブロウから役割を交代したみたいな形で、サカキと三人組のパイプ役となり、表の顔も含め多忙を極めるボスに代わり三人組に、その意向を伝える事も多い。
団員としては優秀であるらしく、SMからでは自らの直属部隊「マトリ・マトリックス」を抱え、サカキの野望を叶えさせるべく重要な作戦の指揮を執る事も多く、ボスであるサカキからも信頼されている模様。

一方、自分より下の団員達に対する態度はかなり横柄とも言え、特に三人組に対しては露骨に見下した言動をとる事が多く、三人組の中でもムサシにはプライドの違いから完全に嫌われていて「おかっぱメガネ」という嫌な呼ばれ方をされる程その存在価値を認めてもらってない為、SMではヤマトとコサブロウのように三人組とのロケット団同士の対立を行い続けている。マトリ自身もまた、役立たずで失敗の多い三人組の存在を邪魔に思っている様で、組織から追い出そうと画策しているのか、三人組には厳しい要求をしてくる事が多く、わざわざ自ら彼等の元に足を運ぶ事さえもある。
また、重要な任務に関しては、例え現地にいたとしても三人組を省ろうとし、あるいはあえて作戦に参加させる事で、詰め腹を切らせる形で失敗の責任を三人組に擦り付けようとまでする等、あこぎなやり方も見せている。
ただし、そういった目論みを行使した場合、大抵はロクな結果になっておらず、自滅に近い形で失敗する事も少なくない。

劇中の様相

DP最終話にて初登場。ギンガ団及びポケモンハンターJを自らの手で壊滅させた虚偽の報告をした三人組に対し、イッシュ地方潜入の任務を与え、それに伴いムサシたちをエリートに昇格させる。

その後、イッシュ地方制圧計画「オペレーション・テンペスト」が多くの不確定要素から失敗に終わり、三人組のシリアス期が終了すると出番が減るも、秘書としての役目は続く。

XYでも3話で姿のみ現し、107話では三人組からの通信をサカキに繋いだ。

SMでは3話で姿だけ、更に12話では三人組に対し、新たなポケモンの捕獲と定期的な活動報告を厳しく要求している。
62話では自ら勝手にやってきたアローラニャースを(当初三人組のそばにいたのを見ていたため)献上された物と勘違いし珍しく上機嫌な顔を見せている(アローラニャースは自らカントーのロケット団の本部へ渡ってマトリの補佐となった)。
89話ではアローラの異変を察知して自身の捕獲精鋭部隊「マトリ・マトリックス」を率いルナアーラ及びネクロズマ捕獲に赴く。
しかし、ネクロズマのウルトラオーラ吸収の影響は光学迷彩を施された高速移動挺でも通用せず腑抜け状態に陥る。指揮時は何時もの秘書服ではなく、通常の団員服を纏う。正気を取り戻した後は優秀な部下とウルトラホールの向こう側へ捕獲しに向かうものの、ザオボーとククイ博士に迎撃されただけでなく、カプ・コケコにも艇を小破された。
122話では以前「キテルグマをゲットした」と虚偽の報告をされたことに伴い、本部に提出するよう求める。当然そんなことはできないのだが、事情を知らないマトリは自らアローラ地方へ赴きキテルグマやロケット団が発見したポケモンたちの監視を行うことに。
その後の深夜に「キテルグマを運ぶことができないならヌイコグマを進化させればいい」という提案でヌイコグマを連れ去ろうとするが、ムサシのある都合によってニャースが替え玉となってヌイコグマのゲット計画は中止に終わる。また、この時ニャースを連れ戻しに来たキテルグマに移動艇ごと撃墜され、辛うじて生存しながらもアローラニャースと共にキテルグマに恐怖心を植え付けられた。

我らロケット団精鋭部隊



新無印24話では三人組を省き(その為だけに特別休暇を与えた)自身の精鋭によるシンオウ地方のリゾートエリア捕獲作戦を決行し、サトシを無関係として軽んじて配下達に苦しませて三人組より先に彼のピカチュウをリゾートエリア内のポケモン達ごと手土産に連れ去ろうとするが、自分達の出番が奪われると動揺するムサシの反感を買い、作戦は三人組の妨害で見事に失敗。
トラブルの原因が分からずに撤退してからはサカキから怒られたらしく、へとへとな表情を三人組に見せて特別休暇を中止にした。

続く74話では引き続きシンオウ地方を訪れ、ダークライとクレセリアの捕獲作戦を決行するも、クレセリアの捕獲に失敗。そこでサカキの名前を持ち出して三人組にダークライとクレセリアの捕獲の手伝いを命じる事(実質的に自らの前回のミスの尻拭いで、ムサシからも指摘されている)で、失敗したら詰め腹を切らせて三人組の責任、成功したら自分の手柄としてかすめ取ろうという阿漕な手段に出ている。
ダークライを追跡してきたサトシとゴウやクレセリアを手当てして守っているヒカリとコハルを足止めしてダークライを追い詰めるも、クレセリアがダークライを回復させたことで逆転され、ダークライのダークホールによって配下達共々眠らされたことで、作戦がもう一歩のところで完全に失敗となった。

手持ちポケモン

アローラニャース
使用技:フェイント 10まんボルト
SM62話で偶然三人組が出会ったポケモン。
ハイスペックだがかなりずる賢い性格で、彼ら(特にニャース)を散々振り回した。
その際モニターで見たサカキを気に入ったためニャースの貯金をネコババしていつのまにかカントー地方へ渡り、ムコニャが気づいた時にはマトリの補佐というまさかの超出世を遂げている(マトリ本人は非常に喜んでいたので結果オーライか)。

マトリ・マトリックス

マトリが率いるロケット団の精鋭部隊。エリートな団員が集結しており、サトシのピカチュウリオルやザオボーのフーディンスリーパーを易々と圧倒する強さを秘める。新無印90話の並行世界ではやや真面目な性格が特徴の同世界の三人組が指揮を執ってあくのはどうなどを放つアーマーを装着する精鋭部隊が存在されている。

ゴズ

CV:酒井敬幸
SM編第87話で初登場した精鋭部隊「マトリ・マトリックス」のメンバー。マトリの部下だけあって非情だが、メガシンカ出来るボスゴドラを使用する点からも自分のポケモンは大事にしている模様(メガシンカには、パートナーとなるポケモンとの信頼関係が必要不可欠となる)。

シンオウ精鋭部隊

CV:うえだゆうじ間宮康弘新祐樹
SM編でも登場した「マトリ・マトリックス」内の男性団員4人による精鋭。個人名は不明。シンオウ地方で大規模な捕獲活動をする際に呼び出される。新無印での手持ちポケモンは、ドサイドンドクロッグスカタンクブニャットと、シンオウ地方に存在される組織を思わせる。

余談

中の人の浅井清己はBW編でアロエヨーテリーアーティイシズマイを中心にしたポケモンの声も担当。英語吹き替え版における担当声優はヒカリやシロナ役で知られていてシリーズ的にも超大物として扱われている。

関連タグ

アニポケ
ロケット団(アニポケ) サカキ ムコニャ 秘書

関連記事

親記事

ロケット団(アニポケ) あにぽけろけっとだん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マトリ(ロケット団)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「マトリ(ロケット団)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 252204

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました