ピクシブ百科事典

ドミノ(ポケモン)

どみの

ドミノとはアニメ版ポケモンの特別編『ミュウツー!我ハココニ在リ』に登場したロケット団員の女性。
目次[非表示]

『あんた誰?』と聞かれたら、普通は絶対答えない。それが本当のロケット団!

概要

CV.三石琴乃
ミュウツー!我ハココニ在リ』に登場した悪役ゲストキャラ
ロケット団のエリート団員で、階級はAクラス。
また、エリート団員の中でも選りすぐりのエリート「ナンバーズ」の1人であり、彼女に与えられたコードネームは「009(ダブルオーナイン)」。
(コードネームの元ネタ的に「9人目のナンバーズ」という意味だろうか?)
サカキ直属の部下として潜入工作や部隊の陣頭指揮などを行うことを主な任務とし、あくまでも身分は一エリート団員でありながらも、その地位は幹部クラスに匹敵する。

黒いチューリップ」を自称し、自らの工作員としての能力に絶対的な自信を持つが、実際にそれを裏付ける驚異的な身体能力・戦闘能力を劇中幾度となく披露している。

PIC・R-104



アニポケに登場する非モブのロケット団員それも実働要因のエリート団員としては極めて稀な「ポケモンを所持していないロケット団員」。
自らの異名にちなむ黒いチューリップ型の携帯兵器を用いる。
これをダーツの矢のように投擲したり、茎にあたる部分を伸ばして棍状の近接武器として使用したりする他、周囲に電撃を放ったり、花弁の先端部に電撃を収束させ弾丸として射出する
劇中の描写的にこの使い方がメインで本来の使い方だと思われる。

上記兵器の他にもグライダーや背負い式の小型ロケットなどを使用するシーンがある。


劇中での活躍

ストーリー開始当初は「国立ポケモン研究所に所属する研究員」という身分で物語の舞台となるピュアズロックの水を研究していた医学博士ペニシリーナの助手として登場する。
この時の彼女はとにかく明るいがどこかアホの子なキャラクターを演じていた。
しかし、サトシ一行とそれを追ってやって来たムコニャによって当初予定していた方法でのピュアズロック潜入が不可能になってしまったため、本性と正体を明かしサカキと合流。
そしてサカキの命令の下、ミュウツーをおびき寄せるために部隊を率いてクリア湖内の島に上陸し、島とそこに身を潜めていたコピーポケモンたちを制圧する。
(この時、コピーポケモンたちに捕らわれていたムサシコジロウを救出しているが、完全に2人のことを見下し侮辱しており、それが結果として後述する醜態をさらす一因となった)

島内で基地建設に乗り出したロケット団を野生ポケモンたちが襲撃してくると、単身生身でレディバストライクの群れと一進一退の戦いを繰り広げるも、自身が掃除係としたムサシとコジロウに磨かせていた床で足を滑らせた挙句、転倒した先に放置されていた掃除用バケツに顔面から突っ込んでそのまま気を失うというそれまでの彼女らしからぬ醜態をさらしてしまう。
(視聴者もほとんど忘れているが)落ちこぼれているとはいえ、ムサシとコジロウもロケット団員としてはエリートであり、そんな2人をストーリー序盤から「マヌケ」と見下してプライドを傷つけ続けたドミノが間接的とはいえ2人によってエリートらしからぬマヌケなやられっぷりを視聴者(とムサシとコジロウ)に見せつけることになったのは皮肉である

最後はサカキや(ムコニャを除く)他の団員たちと共にミュウツーと対峙するも、その能力を完全に解き放ったミュウツーによって揃って作戦開始直前の過去に戻されたことに加え、ミュウツーやコピーポケモンに関する記憶を全て抹消されたため、自分たちが何をしようとしていたのかもわからず途方に暮れるのであった。


余談

名前とコードネームの「009」の元ネタは『007シリーズ』および同シリーズの一作『サンダーボール作戦』のヒロイン(ボンド・ガール)であるドミニク・ドゥルヴァル(ドミノ)。
同作の原作小説は短編も含むとシリーズ9作目にあたる(長編としては8作目)。
なお、元ネタである『007シリーズ』には短編2作目(映画13作目)『オクトパシー』に009のコードネームを持つスパイが登場する。

関連記事

親記事

ロケット団(アニポケ) あにぽけろけっとだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドミノ(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30292

コメント