2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ガガンボ

ががんぼ

双翅目・糸角亜目・ガガンボ科に属する昆虫の総称。なぜこの世に生まれ落ちたのか分からない程に弱い虫。蚊っぽい見た目のあいつである。
目次[非表示]

概要

ガガンボ科双翅目昆虫の総称、完全変態。世界中に生息している。
市街地やちょっと古いマンションの階段などでよく目にする、脚が極端に細長く、を一回り大きくしたかのようなあの昆虫である。
同じく蚊の仲間に思われがちだが、それぞれ別の科(蚊はカ科)として分けて分類されたので近縁とは言え厳密には別の昆虫である。

名前

名前の由来は「蚊母」から転じたもので、漢字にすると「大蚊」となる。
また、地方によってはカトンボショウジハリカゲロウとも呼ばれている。

長足の羽虫であることから鳥類に連想し、正式の英語名は「crane fly」()と呼ばれる。
イギリス英語だと「daddy-longlegs」(あしながおじさん)と表現される事もある。
児童文学の方の『あしながおじさん』(Daddy-Long-Legs)はザトウムシのアメリカ英語での呼び名に由来するので関係ないが。

生態など

見た目のインパクトに反し、蚊と異なりオスもメスも主な食料は花の蜜なので、成虫が人に直接害を与える事はない。

それどころかちょっと振り払っただけで瀕死に陥る程のダメージを受ける細長い脚や羽根はちょっとした衝撃ですぐにもげるなど、とにかく見ていて悲しくなる程に弱い。殺虫剤に至っては、噴射圧が強いと薬が効くより前にスプレーの風圧でバラバラになって死ぬ
寿命も約10日程で尽きるという短さなのだが、その見た目が災いして哀れまれる事すらない。
ガガンボが一体何をしたと言うのか

羽根があるので一応飛行はできるものの、空を飛ぶ姿ですらフラフラと危うい軌道な上にスピードも簡単に捕まえられてしまうレベルで遅いなど、どこまでも頼りない(極稀に飛行能力が強化された種類が存在するが……)。

幼虫時代は地中や水中で生活し、植物の根を主食にしている為、農家の方々からは害虫扱いされる事も。工場ではその成虫の脆い身体が異物混入の恐れがある。

一応、すぐに脚や羽根がもげやすいことは、敵に襲われた際でも本体が無事に逃げおおせるため、という説もあるのだが…トカゲのように再生しないのであまり意味がないような。どうしてこうなった

ここまで貧弱だとすぐ喰われてしまいそうだが、昆虫界においては基本的に「デカい=強い」である。
余程好戦的な種であったり、生態として「コイツはデカいが弱いので食える」と知っている種以外は視認しただけで逃げてしまうのだ。
ハッタリだけに命をかけて、それで生き延びてきた貧弱昆虫、それがガガンボである

関連イラスト

ガガンボ
ツーバス踏んだら足がもげたガガンボ



関連タグ


昆虫 双翅目 
 羽虫

関連記事

親記事

双翅目 そうしもく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ガガンボ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 256084

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました