ピクシブ百科事典

ベラムー

べらむー

『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』に登場するキャラクター。※ネタバレ注意

概要

幽霊船騒動の真犯人であり、今作の黒幕。

その正体はフォース(生き物に宿る不思議な力)を喰う魔物であり、腹を満たすためならどんなことでも行う。そのため、海王によって海王の神殿に封印されていた。

封印されたその後は海王の神殿の最深部で暗躍しており、ファントムを大量に生み出して神殿を乗っ取ったりしている。
実際、幽霊船も人間をおびき出してフォースを食うための罠であり、財宝の話も人間を釣るためのエサだった。
常人よりもフォースを多く持つテトラに惹かれて出現、幽霊船に乗った彼女をさらった。

通常の武器では倒せず、夢幻の砂時計と特殊な鋼を使って作る「夢幻のつるぎ」とベラムーの弱点である「夢幻のスフィア」を使って倒す必要がある。
夢幻のつるぎを完成させた後、海王の神殿の最深部にて対決することになる。
通常時(第1形態)は一つ目のタコのような大きな魔物であり、かぎづめロープを使って紫色の液体みたいなものをはぎ取って目玉を攻撃するスタイル。2回目以降は夢幻のスフィアを使って時間を止めながら戦う。
倒した後はテトラを取り戻し、シーワンの家に戻ってめでたしめでたし…ではなく第1形態でやられた後は再びテトラをさらって幽霊船に取り付いて逃げる(第2形態)。
リンク達もラインバックの船に乗るため、ゼルダの伝説では珍しいシューティングで目玉を打ち落とす。
全ての目玉を倒すと止まり、やっとテトラを取り戻す…がやっぱりまだ生きており、テトラとリンクを触手で縛ってフォースを吸収しようとする。
その光景を見たラインバックが夢幻のつるぎを使って対抗していた彼に憑依し、ファントムのような第3形態になって挑んでくる。
この時は剣での一騎打ちになり、夢幻のつるぎと夢幻のスフィアを使って戦うことになる。

第3形態を倒すとようやくフォースになるため、テトラを取り戻して砂時計に入れ、めでたしめでたしとなる。



関連タグ

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 ラスボス

pixivに投稿された作品 pixivで「ベラムー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2011

コメント