ピクシブ百科事典

ラインバック

らいんばっく

ゼルダの伝説シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

「イヤッハーー!!」

概要

ゼルダの伝説」に登場するチンクルテリーサルバトーレに続くゼル伝愛すべきオッサンキャラの一人である。
夢幻の砂時計にてリンクと行動を共にすることになる船乗りの男性。シリーズ初の人間の相棒キャラクター。
『自称伝説の船乗り』であり、夢幻の砂時計では彼の船で(と彼と一緒に)冒険に出る。

財宝が眠ると言われる幽霊船を探しているが臆病な上せこい性格の持ち主。そして実はカナヅチ。
また、名もなき島で地図を書くことを提案したり、海上で巨大な魔物を倒すために知恵をしぼったりと頭が回る方のようだ。

口癖は『イヤッハーー!!』であり、冒険中にも何回か言う。
専用のBGMがあり、後にこのBGMは3世にも引き継がれている。


上記の通り彼の船で冒険に出るため、武器入手(剣と盾)イベントの次は彼を探すイベントが待っている。
メルカ島のバーに行った後、海図を手に入れるために海王の神殿に潜っていたところを主人公(通称リンク)に助けられる。
※後に(財宝のために)幽霊船を追いかけるためには海図が必要であることを話す。

めでたく海図を手に入れ、大海原に出発!
…だが、ついた島は火山の噴火中。
そこで彼は船の修理という名目で港に残ることを決意した!
(ぶっちゃけビビって上陸したくないだけ)
こうして海図を手に入れ、島を探索、神殿に入るを(リンクが)繰り返して幽霊船への手がかりを掴んだ。


関連人物

関係している人物の紹介。

ご存知緑衣の主人公。ラインバックの子分という名目で船に乗せてもらう。

ラインバックへのツッコミ役。リンクのために協力している。
詳しくは別項目参照。

物語冒頭では一人で海王の神殿に乗り込んで無茶をしたラインバックを叱った。
だが、ラインバックの協力がないと駄目だというあたりは少しは認めているかもしれない。

女海賊。昔ラインバックに惚れていたが、財宝を横取りされたことを根に持ってラインバックを追っかけ回しているが…

彼に告白した(勘違いで)。



伝説の船乗りラインバック様の活躍


※以下ストーリーのネタバレを大々的に含むため、閲覧注意。


中盤のネタバレ

幽霊船の手がかりを掴んだ彼等は幽霊船を追っかけ、そして(リンクのみ)乗り込んだ!
…だがシーワンから幽霊船の財宝の話は真っ赤なウソであるという真実を聞き、彼は落胆した。
そしてリンクの冒険への協力をしないことを告げた。
それを見たシーワンは

「頼みを聞いたら『何でも』願いを聞いてやるぞ」

そして…

「何をグズグズしてんだリンク!海王様が困っていらっしゃるだろ!」

彼はキメ顔でそう言った。
そして無事にリンクとラインバックそしてシエラの冒険が再開された。


中盤以降のネタバレ


だが、そんな彼だが冒険をするうちに少しずつ変わっていった。
物語を進めていくにつれて、リンクに対し優しい面を見せるようになる。
更に当初はがめつく臆病な性格だったが、リンクと冒険するうちに少しずつたくましく成長している。
まさに二人三脚(三人四脚)な冒険である。

そしてラスボスを倒すことが出来る唯一の武器である夢幻のつるぎを手に入れた後、最終決戦に挑もうとするリンクを珍しく激励した。

ちなみにこれ以前にも感謝の手紙とささやかなプレゼントを(ポストマン経由で)送っているので、ひょっとしたら自分の感情に素直になれないだけかもしれない。

そして、海王の神殿から飛ばされてきたリンクを船に乗せ、ラスボスが取り憑いた幽霊船をリンクと一緒に追いかけた。
幽霊船を沈めた後は船の瓦礫にリンクがテトラを助けるために上陸した。
…ところがテトラを助けた後、ラスボスが突然あらわれリンクとテトラに触手プレイを行った。
それを見て怯えていた彼…
船は上陸後ラスボスに沈められて無い。

だが、彼は覚醒した。

へっぴり腰ながらもラスボスの触手に夢幻のつるぎを刺して反撃をするという漢を見せ、リンクは脱出に成功。
しかし、その後隙をつかれてラスボスに体を乗っ取られてしまう。
そうしてファントムを倒す為、そして敵となった彼を救う為、リンクは剣と剣での最後の決戦に挑むのだっだ。
見事ラスボスを倒すことで彼も解放される。
だが、この時の記憶はうっすらと覚えているらしく、リンクに謝った。
それをビックスマイルで許したリンクも海の男である。

シーワンから約束通りに願いを叶えてもらうことになったが、特に願いを言わず、船を直してもらった。
彼もこの冒険を通して成長した証拠である。

そして元の世界に帰る時、本来リンクの世界とラインバックの世界は別世界のはずなのでお別れ。

…と思われたが、何故かリンクの世界に来ていた。
「何でも」叶えられるといった海王への願いが、彼をリンクの世界へと導いたのだろうか…

(エンディングより)


大地の汽笛

大地の汽笛では故人となってしまっているが、伝説の船乗りと呼ばれている。
リンクとの冒険で精神的に成長しており、孫に対して手紙で彼の祖父…そして海の男らしい言葉を送っている。
孫についてはラインバック3世を参照。


余談

夢幻の砂時計のエンディングでリンクとシエラの船の近くを航行するシーンのあるラインバックだが、この時の船の外観はその時のパーツの組み合わせが反映される。
一式で揃えていたならいいが、ちぐはぐな組み合わせだと一気に雰囲気をぶち壊すので注意。

漫画版


姫野明先生の漫画版では、幽霊船との因縁について地獄姉妹キュバスの罠にはまってしまった海賊団の仲間を見捨てて一人逃げたことがトラウマになっていて、幽霊船を探していたのは海賊団の仲間に謝りたかったと解釈されている。(本人は否定していたが)



関連イラスト

待ち惚けラインバックさん
夢幻コンビ



関連タグ

ゼルダの伝説 リンク 夢幻の砂時計 大地の汽笛 ジョリーン ラインバック3世
ヘタレ おっさん ツンデレ 

pixivに投稿された作品 pixivで「ラインバック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 187526

コメント