ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

立体機動装置

りったいきどうそうち

立体機動装置とは、『進撃の巨人』に登場する対巨人用の歩兵用兵装。
目次 [非表示]

巨人という脅威を前に、人類が辿り着いたひとつの解答。

進撃の巨人』という作品を象徴する、戦場における兵士の相棒である。

概要

3D Maneuver Gear

巨人によって絶滅寸前まで追い込まれた人類が開発した、兵士の腰部周辺に装着する一揃いの装置。英語版では“Omni-directional mobility gear”(全方向機動装置 / 略称:ODM Gear)と訳される。

兵に志願する者は全員、巨人との直接戦闘に備えてこれを扱う能力を訓練兵期間に叩き込まれる。兵一人に一揃いが支給されるため、着脱や点検を繰り返す中で他者の装置と見分けがつくようにもなるという。


アンカーが付いたワイヤーの射出装置が腰ベルトの左右に付けられ、超硬質スチールを用いた専用ブレードを装着する剣の柄と兼用の操作用トリガーに繋がっている。このワイヤーを打ち出してアンカーを壁や巨人の体に突き立て、ワイヤーを高速で巻き取ることによって素早い空中移動と巨人への裂断攻撃を可能とした。

また、予備のブレードを複数収めた箱型の鞘を腰の両側に提げる。この鞘の上部にはカートリッジ式のガスボンベが付属しており、ボンベに充填したガスの噴射によってワイヤーアクションや移動の加速を可能にしている。

地下街の天才発明家、アンヘル・アーネルトンにより開発された「装置」(上下の移動のみを行う)を原型としており、紆余曲折を経て現在の形に行き着いた(詳しくは進撃の巨人Beforethefallの記事参照)。

装置の詳しい仕組みはブラックボックスとなっており、全ては開発陣の手に委ねられているらしい。そのため、万が一装置が故障した場合はその場で修理は不可能であり、捨てざるを得なくなる。


人の体を二本のワイヤーで吊り下げ、ブランコのように大きく振れては飛び回るといった激しい動作を伴うため、装置は腰と太腿辺りを中心に、全身に張り巡らされたベルトによって固定されている。

また、本来の用途と異なる性質の衝撃を受けた際には装置が外れる仕掛けも施されており、装置による兵の負傷を防止すると同時に、装置そのものに加わる負荷も抑えられるようになっている。

装置の扱いにはワイヤーで身体を安定させるバランス感覚が不可欠であるため、入団時にその試験に合格する事が、兵となる必須要素。試験では腰の両側をワイヤーで吊る格好となるが、実戦では効率的な移動のためにワイヤーを片側ずつ射出、巻取りを繰り返して前進する場面も多く、常に次の支点を確保しておく観察眼も必要。


人が本来もつ二次元的な活動範囲に「高さ」が加わることで命名されたのが「立体機動」。状況判断の難度は跳ね上がるため、訓練でも死傷者の出る非常に高度な技能。個々の素質も問われ、兵員としての価値の多くがこの技能の習得に依拠していると言ってもいいだろう。

その性質上、平地ではほとんど用を為さないものの、市街地や森林をはじめとする高さのある物体を利用し、様々な環境における歩兵の移動能力、撃破能力を飛躍的に高めることに成功。装置の導入によって、巨人の唯一の弱点である後頭部うなじ下部にある急所を狙った、歩兵による直接攻撃が可能となった。


しかし、動力源であるガスが切れると装置は役立たずとなり、その際に巨人に囲まれれば助かる可能性は皆無に等しい。そもそも巨人への接近を前提として発達した戦術であるため、生存率を高めるためにはガスの残量を把握しつつ、適宜補給へ向かうことが肝要(もっとも状況がそれを許せばの話)。もちろん無駄遣いなど自殺行為である。

戦術の軸となるワイヤーを捕らえられることも致命的。とにかく捕まらないよう弱点を捕捉するという芸当をやってのければならないため、経験不足の多くの新兵が実戦で命を落としていく。

連続使用時間に制限があり、長時間の戦闘には補給を必須とするという大きな欠点を持つと同時に、立体機動での活動力を上げるため、兵士自身は鎧などを纏わず軽装にならざるを得ない(巨人相手に装甲を充実させることが効果的かは疑わしいのだが)。


元々対人戦用の兵器ではないため、対空射撃が最大の弱点であり、車力の巨人などによる重機関銃射撃は天敵と言える。また、一般兵の銃弾弾幕も脅威である。

数あるデメリットを克服した時、その兵は一騎当千の巨人殺しとしてその勇名を馳せることとなるだろう。


対人用立体機動装置

New 3D Maneuver Gear Gun WIP

中央第一憲兵団には、対人用に密かに開発された立体機動装置が存在し、「対人立体機動部隊」がそれを装備している。この装置については憲兵団師団長のナイル・ドークにすら知らされていなかった。

兵装は剣から単発式の散弾拳銃に変わり、巨人に対しては無力に等しいが、人間に対する殺傷力には事欠かない。弾薬入りの替えの銃身を大腿部に巻きつけるため、かなり身軽なシルエットになる。ガスボンベとワイヤーの巻取り装置は背中に背負う形になり、アンカーは銃のグリップ下部の射出口から撃ち出される。

アンカーの射出装置が拳銃と一体になっているため、アンカーを出している間は他の方向に銃口を向けられず、拳銃も単発式(信煙銃と同じく銃身を丸ごと交換して再装填する)であることから、一発撃つと再装填までに無防備になるなど、実戦では欠点が数多く露見している。一線級の兵士であれば対巨人用装置を使っていようと、アンカーを飛び道具にして人を射殺す芸当もこなすため、必ずしもこの世界の兵士に対する決定打にはならない。

王政打倒編では調査兵団が一部を除き対人戦に不慣れだったこともあり、当初は猛威を振るった。しかし調査兵らが人を殺す覚悟を決め、さらに上述の弱点をアルミンが見抜いて対策を立てたことで、対人立体機動部隊は総崩れとなった。


雷槍

中央憲兵によって秘匿されていた技術を奪い、ハンジと技術班によって開発された新兵器。鎧の巨人など硬質化能力を持つ巨人を倒すべく作られ、落雷のような威力からその名がつけられた。

杭状の形をした徹甲榴弾の一種で、兵士が腕に装着して立体機動装置のグリップで操作を行う。発射された雷槍は目標に突き刺さった後、使用者が起爆用ワイヤーを引き抜くことで爆発する仕組みになっている。

ウォール・マリア奪還作戦にて実戦投入され、計算通り鎧の巨人の装甲を貫通・爆破し、複数発打ち込むことで行動不能に陥らせる威力を発揮した。個人レベルで携行・運用できるという点においても、従来の対巨人用兵器と比べて破格の性能と言えるだろう。

飛び道具ではあるが現実のロケット弾のような安定翼がないこと、起爆用ワイヤーの長さの問題から射程は短いと思われ、立体機動で目標にある程度接近してから発射する必要がある。しかし使用者が爆発に巻き込まれる危険があるため、巨人の体に直接アンカーを刺して接近することはできず(もっとも硬質化能力を持つ巨人は知性巨人のため、直接アンカーを刺すのは危険だが)、周囲に建築物や樹木などが無い場所では実質的に使用不可能となる。


新型立体機動装置

イェレナら義勇兵達から提供された壁外(マーレ)の技術を元に新たに改良された立体機動装置。マーレ編から登場する。

旧式と同様に、腰周りを中心に装着する対巨人用装置と、背中を中心にする対人用装置に分かれており、二つを同時に装着することも可能だが、かなりの身体能力を必要とされるのか、劇中ではミカサ・アッカーマンしか行っていない。

リヴァイサシャ・ブラウスは旧型を使用している(リヴァイは対巨人を想定した白刃戦、サシャは鉄砲を使った狙撃を行うため)。

対人用装置は改良されて拳銃の連射が可能となっており、立体機動の予測不能な動きと合わさってマーレ兵相手にかなりの戦果を発揮する。拳銃には雷槍の装着も可能で、雷槍の弾が続く限り巨人の相手も十分可能。

対巨人用よりも多くの戦況に対応できるからか、マーレ編以降は多くの兵士がこの対人用と雷槍の同時装備をしている。


漫画版とアニメ版の違い

ワイヤーの射出・巻取り装置の形状が、原作漫画とアニメでは異なっている。

マンガでは樽型の装置にワイヤー系とガス噴射機構が併存しているが、アニメではワイヤー系が二つの円盤型のケースに分割され、ガス噴射機構を挟んで腰の後ろ両側に配置されている。

アニメ装備観察

ワイヤー射出時に発生する火花やたなびくガスが、殺伐とした戦闘シーンに一瞬の美しさを添えており、キャラクターごとの機動・技巧による個性の演出においてもさりげない描き分けがされている。


コラボレーション

モンスターハンター

進撃の狩人

カプコンの『モンスターハンター3G』とコラボした際に、兵団の制服が防具として、超硬質スチールブレードが武器として実装されたことがある。

進撃のモンハンも参照


防具は「訓練兵団シリーズ」という名称。兵団の紋章や立体機動装置の造形など細かいところまでしっかりと再現されており、その点では原作ファンからの評価は高い。

超硬質ブレード」と呼称される双剣も、非常に高い攻撃力と優秀な斬れ味、さらに覚醒により本作屈指の強属性である爆破属性を得るなど強力な一品で、多くのプレイヤーから愛用されている(海外版MH3Uでは版権の問題からか“Bushido”という別の武器に差し替えられている。性能は超硬質ブレードと一緒)。


グランブルーファンタジー

cygamesのソシャゲRPG『グランブルーファンタジー』内における『進撃の巨人』とのコラボイベント「タイタニック・イェーガー」では、パラディ島が「空島の一つであり、空域の異常乱気流のために他の島との交流が絶無であった暗黒大陸『エスティオス』」として登場。

主人公の騎空団が乱気流に巻き込まれ島に不時着して無垢の巨人の群れに襲撃され、その撃退に現れた調査兵団に騎空挺ごと身柄を確保・保護されるという導入なのだが、調査兵団兵舎での生活と交流の中で、主人公も兵団訓練兵の制服と、立体機動装置を装備して立体機動に挑戦する場面がある。

最初は素人だけに、うまく扱えるわけもなかった(ただし、危険な事故には至っていない)のだが、後に正規の兵士にも見劣りしないくらいに慣熟したのか、イベント攻略の特典として主人公の見た目を変更できるスキン「調査兵団」が取得できるようになる。

見た目をこのスキンに設定変更したら、設定中はジョブを問わず主人公の服装が調査兵団の兵士の制服姿となり、武器のグラフィックも(実際のメイン武器装備が何であっても)超硬質ブレードのものとなり、発動する奥義の演出も兵団スキン専用の「クリンゲントルナード」の演出となる(奥義のモーションは主人公の性別設定が男性ならリヴァイ式、女性ならミカサ式)。


またそれとは別に、この進撃コラボイベントで敵を撃破した時に得られるイベント専用ドロップアイテム(一定数集めると、イベントホーム画面で個数に応じた報酬と交換できる)の一種としても「立体機動装置」は登場している。


立体機動装置という兵器

このように、非常にデメリットが多くリスクも高い、極めて特殊な兵器が開発されて正式に採用され、さらに数十年もの間、他の対巨人兵器もろくに発達しないまま、作中の時代でも変わらず兵団の主力兵器であり続けた裏には、壁外への進出や本当にそれを実現しかねない技術や兵器の発展を抑制するという王政の思惑が存在していた。

「巨人を本当に駆逐して壁外へ進出する事が可能になってしまうと困る」王政によって、技術や兵器の発展が統制されるという制約の中で、巨人を殺せる兵器を模索した結果として生まれた、あらゆる意味で歪な対巨人兵器が立体機動装置だったのである。


原作者「本当に巨人を殺すなら、もっと効率の良いやり方も兵器も他にある」と語っており、実際に王政転覆後に彼らが秘匿していた技術を取り入れた事で、雷槍や巨人処刑台などが完成した結果、エレンが硬質化を獲得したおかげでもあるとはいえ、僅か1年ほどでパラディ島内のほぼ全ての巨人は掃討されてしまった。

パラディ島のような技術統制などもなく、順当に軍事や工業が発展した壁外世界の人々が目にする立体機動装置という兵器は、開発思想からして想像の埒外であり、生身の兵士が空を飛んで巨人を相手に白刃戦を仕掛けるというぶっ飛んだ運用方法も含めて、一様に驚愕されている。


また、立体機動装置の製造・運用に使われているのはパラディ島に眠る豊富な天然ガスや鉱石であり、壁外世界が技術・文明レベルを発展させるために費やしてきたような大量の資源を、巨人を殺す為だけに、兵士1人1人に浪費させまくる兵器を何十年も使ってきたという、目を疑う状況でもあった。

これについてはジークも「壁内の人々は(自分達が使っている資源の)価値を理解できていない」と発言している。


関連イラスト

タグとしては、立体機動装置を生かした動きを魅せるイラストにも付ける。

しばしば「立体"起動"装置」で登録されているものもあるが、この作品の場合"機動"が正しい。

進撃の巨人へーちょさーーーん

∠(゚Д゚)/立体機動


関連タグ

進撃の巨人 兵団(進撃の巨人) 巨人(進撃の巨人)


表記揺れ

立体起動装置

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6640488

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました