ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「さっ! こんなトコ さっさとオサラバして帰ろう!! 私たちの 海へ!」

CV:橘ひかり


概要

ゼルダの伝説 風のタクト」の登場人物。褐色の肌に長い耳、そして男勝りだが優しい性格の海賊のお頭。一人称は「私」(「夢幻の砂時計」では「アタシ」)。

ナッジ(おネエ口調の海賊)の話によると、海賊達は先代(テトラの母)に世話になったこともあって年下のテトラを姉御として慕っているらしい。


活躍

仲間と共に海を旅していたところを怪鳥ジークロックにさらわれる。リンクの住むプロロ島でその手から逃れ、森に落下・救出された。

その後、テトラと同じく耳の長いリンクの妹・アリルが彼女の代わりに(あるいは間違えて)さらわれてしまったことで物語が動き出す。

妹の救出を目的とするリンクと一時的に協力関係を結び、船に乗せる。リンクを怪鳥が根城としている魔獣島まで連れていき、投石器を使って彼を無事に潜入させた。このとき通信機の役割を果たす秘宝「海賊のお守り」を手渡している。これを通してリンクにアドバイスをしてくれる。


その後は逸れてしまったが何度かリンクを手助けしている。リンクがプロロ島の「ジャブーのお宝」(=ネールの神珠)を手にできるように立ち回ったり、リンクの魔獣島再突入の際には、船で怪鳥ジークロックの気を引く役回りをし、その隙に部下と共にさらわれた女の子達を(報酬目当てのようだが)救出。

物語中盤で、彼女の意外な真実が判明することとなるが…(ネタバレの為後述)。


他作品での登場

4つの剣+

本編には一切登場しないが、ナビトラッカーズのひとりとして登場している。

元気よくプレイヤーを(フルボイスで)応援する。放置するとくしゃみをしたり口笛を吹いたりする。

ちなみに、1P(緑色)以外のリンクは全て試験のためにリンクそっくりに変装させたテトラの手下という設定になっている。


夢幻の砂時計

時系列は「風のタクト」のすぐ後の設定のため同一人物。

新天地を見つけるために航海している最中幽霊線に遭遇、その際に何者かの攻撃を受けて、海賊仲間やリンクとはぐれてしまう。


ゼルダ無双


3DS版で追記参戦された。サーベルと片手銃で敵を一騎当千する。

「レジェンドモード」を終盤まで進めるか、「アドベンチャーモード」の「大海原マップ」でのバトルをクリアすることでプレイアブル化する。

条件次第で、wiiU版にも使えるようになる。


ファントムガノンが起こした異変によって『風のタクト』の世界とハイラルが融合してしまったため、異変の調査に来ていたリンクと共闘することとなる。闘いの最中、ジークロックに連れ去られてしまうがラナに助けられ、追ってきてリンクとも合流。更にハイラル王の協力を得てファントムガノンとの決戦に臨む。


漫画版

  • 『夢幻の砂時計』

著者:姫川明

前作である『風のタクト』の内容には一切触れないままストーリーが進行する(正体については冒頭で軽く語られている)。

相手がリンク(勇者)でも特別扱いせず新入りとして甲板掃除をさせるなどサバサバした性格で、リンクとは良くも悪くもケンカ友達と言った感じ(お互いさっぱりした気質なのでいがみ合ってはいない)。

第二話で早々に掴まってしまうため最終話まで出番がない。


  • 『ゼルダの伝説 風のタクト リンクの4コマ航海記』

著者:ÖYSTER(オイスター)

ゲームのストーリーを4コマ形式で描いている、ギャグ漫画。

原作とほぼ同じ性格であるが、少々間が抜けた手下によって困惑する描写が多い。

原作でネタバレに入ったところでコミックが終了となっている為、あまり出番がない。


関連イラスト

行き先は風が教えてくれるよ!テトラのアネキ

風向き海賊


関連タグ

ゼルダの伝説 風のタクト 夢幻の砂時計 ゼルダ無双

女海賊 褐色肌 姉御肌 ロリ

リンテト:カップリングタグ。

サリア(ゼルダの伝説):こちらはオカリナの音色を通してリンクにアドバイスを送る。

ガンティ:こちらは褐色肌の盗賊ヒロイン。漫画版オリジナルキャラクター。




ネタバレ

※これより先、テトラに関する重大なネタバレが記載されている為閲覧注意!










































テトラの正体

ゼルダ テトラ! 2ゼルダ詰め13

実は時系列上過去にあたる『時のオカリナ』に登場した大人時代のゼルダ姫(エンディングでリンクと別れた歴史)の子孫であり、知恵のトライフォースを受け継いだ当代のゼルダ姫

とはいっても、そのことはハイラル王に知らされるまで知らずに育ってきた為、他シリーズのゼルダ姫とは違い姫らしさは感じさせない。ハイラル王国も数百年前に滅んでおり、あくまでも「ゼルダ姫としての素養を持っている海賊テトラ」である。海賊のお守りは、ハイラルの王家に伝わるゴシップストーンの欠片を加工した遺産であった。


ガノンドロフはトライフォースを持つゼルダ姫をジークロックに捜させていたため物語冒頭でテトラを捕まえた時は大当たりだったが、子分たちが有能だったせいで後に風の勇者となるリンクが介入し、計画は狂っていくこととなる。


運命

魔獣島でのガノンドロフとの戦闘の折、知恵のトライフォースと力のトライフォースが共鳴したことで素性がガノンドロフにバレてしまい、彼から狙われるようになってしまう。自身がゼルダ姫と知ってしばらくは、目まぐるしく変わった状況を整理できず、いつもの勝ち気な性格は鳴りを潜めることになった(テトラでなくとも見知らぬオッサン意味不明な単語を並べながら世界や神がどうだの言いつつ絡んでくる状況を理解できる少女はそういないだろう)。

紆余曲折の末に知恵のトライフォースもガノンドロフに奪われてしまうものの、最終決戦時はいつもの勝ち気な姉御肌な性格を取り戻し、リンクとの連携でガノンドロフとの戦いに決着をつけた。


先祖にあたるハイラル王からは、海ばかりの世界しか残してやれなかったことを申し訳なく思われているが、生まれた時から海の世界で育ってきたテトラは今の世界に不満を持っておらず、ハイラル在りし頃の世界が豊かだろうがテトラには関係も関心もなかったため、復活の可能性が残されていたハイラルの消滅を謝罪された際もリンク共々怒ることはなかった(なぜ謝られているのかよく分かってないフシがある)。

そんなテトラがハイラル王に最後にかけた「ハイラルになる大地を探せばいい」という(微妙にポイントのズレた)ある意味海賊らしい言葉は、大人から与えられたものが無くても子供達は自分の力で手に入れ生きていく強さを持っている証左として彼の心に響き、彼の選択が間違っていないことを証明することとなった。


『夢幻の砂時計』ではゼルダ姫という正体は判明しているものの、手下の海賊たちが「ゼルダ姫」と呼ぶのを嫌い、変わらず接するよう求めている。


時系列的にそこからおよそ100年後にあたる『大地の汽笛』では話の中にのみ登場。リンクとともに新天地に流れ着いた彼女達はそこに「新生ハイラル王国」を築いたという。

「新生ハイラル王国」の紋章は過去のハイラル王国と違いトライフォースは描かれておらず、新天地に遥か昔から祭られていた光の神の紋章、海賊だったテトラに由来するカトラス、そしてテトラたちが旅立つきっかけとなった赤獅子の王が描かれている。


スピンオフにあたる『ゼルダ無双』ではゼルダ姫が城に残ったままなので出会うことはなく、またテトラの正体に関しても触れられない。ただし一部の強攻撃がゼルダ姫と非常に似通っている。

なお、同作では『大地の汽笛』に登場したテトラの子孫に当たるゼルダ姫(=トゥーンゼルダ)についても登場するが、オリジナルキャストの大前茜氏が既に引退しているため橘氏が兼任している(前例として、『4つの剣』・『ふしぎのぼうし』などのゼルダ姫としての担当経験もあり)。


※もう一つの関連タグ

トゥーンゼルダ 王女 お姫様

リルトの誓い:こちらは神々のトライフォースのゼルダ姫の子孫が登場する。

関連記事

親記事

風のタクト かぜのたくと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 284905

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました